ピクシブ百科事典

Dレボ

でぃーれぼ

ジャパ二カートゥーン・レボリューション!!!
目次[非表示]

概要

Dレボとは、六角玄武氏執筆の「出ましたっパワパフガールズZ D-Revolution」の略。 この作品は2006年から2007年にかけて放映されたテレビアニメ「出ましたっ!パワパフガールズZ」の二次創作物である。
カートゥーンネットワークの人気アニメ「パワーパフガールズ」をジャパニメーション風にリメイクした事で有名な本作だが、この作品には「デクスターズラボ」を始め、「フォスターズ・ホーム」、「ビリー&マンディ」、「おくびょうなカーレッジくん」などその他のCN系アニメのキャラクター達が、ジャパニメ風にアレンジされて次々と登場する。
なお、登場するにいたって、ある人物とある人物が血縁関係にあったり、あるキャラクターの性別が原作と違っていたりする。
本編アニメの展開を無視したやりたい放題の設定(特にケミカルZ関連で)やストーリー展開も注目。

あらすじ

東京CITYに謎の物質「ケミカルZ」から生まれた黒い光と白い光が飛び散って早半年。今日も正義のヒロイン「パワパフガールズZ」ブロッサム(赤堤ももこ)・バブルス(豪徳寺みやこ)・バターカップ(松原かおる)は、黒い光から生まれた悪のモンスターから東京CITYを守っていた。もはや当たり前の光景になっていたこの日常だったが、ある日ももこ達の中学校に発明大好き少年「羽根木勇」が転校してきた所からすべてが徐々に変化していく・・・・・。
一方その裏で、東京CITYに少しずつ邪悪な影が迫りつつあるのであった・・・・・。ブロッサムの前に現れた、自らを「パワパフZ」と名乗る謎の美少女“ベル”の正体とは?!
超熱血ド迫力な大長編!!ポップでハッピー胸キュンスマイル♥
-今ここに、真のサイエンス・レジェンドが幕を開ける-

登場人物

パワパフガールズZ(PPGZ)
本作の主役。ご存じ東京CITYの平和を守るスーパーヒロイン。
ハイパープロッサム/赤堤ももこ(CV:加藤英美里)
普段は明るくて元気なスイーツ&ヒーロー大好き中学1年生♥誰も認めてないが「赤はリーダーの色」だからとPPGZの自称リーダーを名乗る。PPGZとしての武器はヨーヨー。技名には度々スイーツの名前が入る。イケメンには目がないが、今回偶然見かけたインテリメガネ美少年に一目ぼれして・・・。
ローリングバブルス/豪徳寺みやこ(CV:宮原永海)
おっとり天然ボケな癒し系お嬢様。毎日ラブレターを貰うほどのモテモテぶりである。いつもぽわぽわしているようでいて時々鋭い事を言ったりする。PPGZとしての武器はシャボン玉を出すロッド。敵の捕獲や2人の補助に回る事が多い。動物が大好きで動物語も話せる。その為近所から預かっている子犬のカーレッジとは大の仲良しである。
パワードバターカップ/松原かおる(CV:川名真知子)
スポーツ万能で男勝りな女の子。一人称は「俺」。女子からの人気が高い。この通りボーイッシュな性格な為、当初は変身後のスカート姿や他の2人のきゃぴきゃぴした雰囲気が釣り合わず、PPGZになるのを嫌がっていたが、共に過ごすうちに仲良くなる。父親はプロレスラーで、彼女も将来父のようなレスラーになるのを夢見ている。PPGZとしての武器は巨大ハンマー。3人の中でも抜群の攻撃力を持つ。スポーツでは無敵を誇っていた彼女だったが、ある日ふと現れた人物に大敗を喫してしまう・・・。
国際科学研究所
PPGZの活動拠点。全ての発端となった謎の物質「ケミカルZ」が生まれた場所でもある。科学者・ユートニウム博士と息子で助手の北沢ケン、デジタル犬のピーチが日々研究に励んでいる。
ユートニウム博士(CV:楠大典)
国際科学研究所の科学者。物質の構造を劇的に変化させる「ケミカルZ」の研究に励んでいた。今はPPGZの父親役や司令塔としても活動している。基本真面目でいい人なのだが、時折ズレた言動をする時もしばしば。
北沢ケン(CV:大本眞樹子)
ユートニウム博士の息子で助手。若干8歳にして飛び級で大学を卒業したほどの天才。大人びた性格だが、やはり子供っぽさが抜けない部分もある。ちなみに母親は宇宙飛行士。同じ天才少年である勇と秀とは、仲が悪い?
ピーチ(CV:金田朋子)
博士が作ったデジタル犬。もともとは普通のおもちゃ犬だったが、ケミカルZの白い光を浴びて言葉を話せるようになった。語尾は「~だワン。」ピーチの掛け声がPPGZの変身のきっかけになる。また、黒いオーラを感知してモンスターを探る事も出来る。
テクノセイバーズ
本作から登場する追加新戦士。博士とケンが密かに開発を進めていた「第2のケミカルZ」を浴びて変身した科学戦士二人組。転校生の羽根木勇と不登校児の梅丘秀の二人の少年が変身する。活動時間は10分。
ブレイヴJ/羽根木勇(はねぎ いさむ)(CVイメージ:小林ゆう)
Dレボオリジナルキャラクター。
ももこ達のクラスに転校してきた男の子。13歳。何事にも一直線な熱血タイプ。発明に情熱を注いでいて、「みんなを笑顔にする発明をする」事を信条にしている。口癖は「うっひょー!」。みやこに気があるが本人には気づかれていない。当初は相棒の秀とは喧嘩ばかりしていたが・・・。ブレイヴJに変身した時の武器はブーメラン。祖父と母親と九官鳥の3人と一羽暮らし。父親は冒険家で、現在は離れて暮らしている。
ウィズダムD/梅丘秀(うめがおか しゅう)(CVイメージ:沢城みゆき)
モチーフになったCNキャラクター「デクスターズラボ」のデクスター
入学してから一度も学校に来ていないももこ達のクラスメート。13歳。冷静沈着で、理屈っぽくややひねくれた性格。クラスの誰一人が顔を知らなかったが、ある時ももこにその顔を知られて一目ぼれされてしまい、以来彼女の極端なアプローチに心底迷惑している。かつては「アインシュタインの再来」とまで呼ばれた天才少年だったが、ある事件をきっかけに心を閉ざしてしまう。しかし勇やPPGZ達との出会いで徐々に心に変化が・・・。ウィズダムDに変身した時の武器はスコップ状の大型の双剣。現在は両親と3人暮らし。初変身の時に唯一普通に驚いて困惑したキャラ。
白い光の持ち主
本編アニメでは、時空を超えてしまった7つのうち3つの白い光。しかしDレボでは、以下の3人が所有している。
経堂兵十郎(きょうどう へいじゅうろう)(CVイメージ:子安武人)
モチーフになったCNキャラクター「サムライジャック」のジャック 
歴史博物館でももこ達が出会った男性。後に新しい歴史の先生としてももこ達の学校へやってくる。年齢は24歳。代々武士の家系で、実家は居合抜きの道場をしている。自身も居合の達人であり、その実力はあのかおるをも圧倒したほど。先祖の刀に宿っていた白い光に導かれて、その刀を手にモンスターと戦うことに。実は金時堂の常連。
ι(イオタ)(CVイメージ:神田朱未)
女性型アンドロイド。製作中止になったアンドロイドシリーズの一体で、廃棄処分されかけたが白い光の影響で意識と自由な体を取り戻す。PPGZに助けられてからは国際科学研究所で働くようになるが、典型的なドジぶりを発揮する。しかし本人は一生懸命である。テレパシーや瞬間移動など、超能力のような力を発揮する。(ただし力を使い切ると行動停止モードになる。)ピーチの事を「先輩」と呼んでいる。
池尻拓斗(いけじり たくと)(CVイメージ:佐藤利奈)
モチーフになったキャラクター「フォスターズホーム」のマック 
ももこ達とは別のクラスの同級生の男の子。12歳。絵を描く事が得意だが気弱で引っ込み思案な性格なため、クラスではなかなか友達が出来ない。両親も早くに亡くしており、現在は10歳年上の姉、蘭と二人暮らし。天涯孤独さからスケッチブックに「理想の友達」を描くが、スケッチブックに白い光が落下し理想の友達が次々と実体化して困惑する。
ブルー(CVイメージ:甲斐田ゆき)
モチーフになったCNキャラクター「フォスターズホーム」のブルー 白い光を吸収したスケッチブックから最初に実体化した、拓斗の理想の友達。やんちゃで好奇心旺盛。いたずら好きで、よく拓斗を困らせる。それでも拓斗の事が大好きで、拓斗が他のフレンドと仲良くしていると焼きもちを焼いてしまう程。拓斗からもらったけん玉がお気に入り。(しかし一度も上手にできた事はない。)
ウィルト(CVイメージ:岸尾だいすけ)
モチーフになったCNキャラクター「フォスターズホーム」のウィルト 長い手足が特徴のフレンド。気さくな性格で、口癖は「ごめんごめん!」。特にバスケをやらせればプロ級の腕前で、よく拓斗の基本練習に付き合っている。
エドゥアルド(CVイメージ:くじら)
モチーフになったCNキャラクター「フォスターズホーム」のエドゥアルド。 紫の毛で覆われた大柄のフレンド。2本の角に鋭い牙といった厳つい外見をしているが、実は虫も殺せないほど優しい性格。恥ずかしがり屋で、いつももじもじしながら話してブルーを苛立たせる。一人称は「エド」。拓斗が幼い頃愛用していたウサギのぬいぐるみがお気に入り。
ココ(CVイメージ:池澤春菜)
モチーフになったCNキャラクター「フォスターズホーム」のココ 鳥のような風貌のフレンド。フレンド唯一の女の子である。「ココ」としか鳴かないが、何故か皆に通じている。しかもその内容はほとんど辛辣なので、ほかの皆をドキっとさせる。おしゃれには気を使っていて、どんな非常時でもきっちり欠かさない。興奮すると卵を産む。中には彼女が思い浮かんだ物が出てくる。

pixivに投稿された作品 pixivで「Dレボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117734

コメント