ピクシブ百科事典

Dokuro

どくろ

ゲームアーツ開発のアクションゲーム。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 髑髏のローマ字表記。
  2. ゲームアーツ開発のゲームソフト。⇒本頁に記述
  3. 2に登場する主人公。⇒本頁に記述


2.ゲームソフトの『Dokuro』

骨身を削って姫に尽くす、骨太ギミックアクション

概要

ゲームアーツ開発、ガンホー・オンライン・エンターテイメント発売のアクションゲーム。メーカー発表ジャンルはギミックアクション
発売日は2012年7月5日。ハードウェアはPS Vita。2013年12月5日からアプリ版が配信された。

ストーリー

ある日、とある国で平和に暮らしていたの元に魔王が現れた。魔王は国を襲って彼女を攫い、己の花嫁にするため、婚礼の準備が終わるまで魔王城の塔に幽閉する。
見張りを任されたのは魔王に仕える下っ端のドクロ。ドクロは真面目に仕事をこなしていたが、涙を流し続ける姫を見ている内に彼女を元の場所に帰してあげたいと思うようになる。そして葛藤の末、ドクロは魔王を裏切り、城から姫を逃がそうと決意した。

登場人物

メインキャラクター

HERO/Dokuro


Dokuro(ドクロ)
魔界の下っ端ドクロの一人で主人公(右)。姫を助けるために魔王を裏切る決心をする。
Hero(イケメン)
ドクロが魔法の薬を飲んで変身した姿(左)。王子様のような姿をした、姫が見惚れるほどのイケメン。

Princess


Princess(姫)
魔王に攫われたどこかの国のお姫様。世間知らずで、自力で段差も降りられないほどか弱い。
ドクロが変身したイケメンが現れるのを楽しみにしている。

敵キャラクター

Dark Lord(魔王)魔族の王。姫を花嫁にするため軍を率いて国を襲う。巨大な牛の姿をしており、性格は冷酷で残忍。
Dark Bishop(司祭)魔法が得意な魔王の腰巾着的存在。ドクロのことを小馬鹿にしており、その扱いは雑。魔法の薬を作った張本人。
Lady Dark(レディーダーク)うら若き魔族の乙女。魔王に懸想しており、姫の存在を邪魔に思っている。怒りの凄まじさは魔王を超えると言われている。
Chef(シェフ)魔王城厨房のメインシェフ。蜘蛛のような外見で、いつもナイフとフォークを握っている。発明料理のためなら研究も怠らない。
Guardian(ガーディアン)魔王が生み出した怪物。象の一つ足で跳びはね、両手のグローブで殴りかかる。今まで倒した相手の血の色で体が赤い。
Servant(サーバント)魔王のコレクションルームご自慢の標本。羽が生えた恐竜の化石姿をしている。口から吐き出す極太ビームは一、二を争う凶悪さ。
Gate Keeper(ゲートキーパー)魔王城の門番。カラスの三つ首と片翼、赤い腕を持つ。風を起こしてレーザー攻撃を繰り出す厄介な相手。
Dust Eater(ダストイーター)魔王城の最下層に住む魚。魚といっても見た目は機械仕掛け。いつも空腹で、ゴミを始めとしたあらゆる物を食べようとする。


関連動画



関連タグ

ゲームアーツ ガンホー アクションゲーム 死にゲー

外部リンク


3.『Dokuro』の主人公

Dokuro


アクションゲーム『Dokuro』の主人公(左下)。魔王に仕える下っ端骸骨兵士の一人。
魔王が攫ってきた姫の監視役を任されたが、泣き続ける彼女の姿に心が痛み、悩んだ末に魔王を裏切って逃がすことを決めた(ただし姫はドクロの姿を直接見ることはできず、ドクロが自分を誘導していることに気づいてない)。司祭が作った魔法の薬で人間姿のイケメン(左)に変身できる。

普段は魔王や司祭、レディーダーク相手に及び腰になる気弱な性格で、下級の立場もあって馬鹿にされたり軽んじられた扱いを受けることが多い。けれど一度決心したら己を犠牲にしてでも立ち向かう勇敢さを持つ。
姫を誘導する内に彼女に恋心を抱いていくが、姫が自分の存在を認識せず、イケメン姿の自分だけを求めていることに若干寂しさを覚えている。それでも自分の気持ちより彼女の身の安全を優先する健気さも秘めており、イケメンの時に渡されたお守りの鈴を大切に身につけている。

pixivに投稿された作品 pixivで「Dokuro」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76333

コメント