ピクシブ百科事典

GLAUCO

ぐらうこ

GLAUCOには複数の意味がある。すべて英語圏以外の言葉の意味であるが、ここではブラジルの漫画家に関して記述を行う。
目次[非表示]

以下の意味がある。

 この項目ではブラジル風刺漫画家であるグラウコ・ヴィラス・ボアス(Glauco Villas Boas)に関して解説を行う。

漫画家などとして知られる人物

 彼はVillas-Bôas brothersと呼ばれるブラジルの先住民に対する活動家の一族の出身であり、1957年に生まれた。1976年にサンパウロ州リベイラン・プレートに移住、そこでジャーナリストにセンスを買われ新聞に風刺漫画を掲載することになった。197 8年にはInternational Humor Exhibition of Piracicabaを受賞する。
 1984年、Arnaldo Angeli Filho、ブラジルの漫画家、Angeliとして知られる人物の推薦によりFolha de S. Pauloという新聞イラスト出版部門で作品の出版を行った。

作風

 辛辣なユーモアと利口なジョーク、こぎれいな線などにより彼はブラジルの漫画の近代化に寄与したとされている。
 彼が主題としたのは結婚問題や孤独都市における暴力ドラッグなどであったとされる。また、彼の作品のネームに関しては二人の漫画家、AngeliおよびLaerte Coutinho、Laerteに協力を受けたとされる。

イラスト等の仕事

 漫画以外の仕事としてはマスターシステムテディボーイブルースのローカライズのイラストを作ったり、ブラジルのテレビコメディーTV Pirataに作家として参加したり、雑誌の編集の仕事も行っている。
 さらにはロックバンド(これは趣味的なもの?)も作ったりしている。
 さらには教会を設立し、賛美歌を作ったりしていました。

彼の死

 この人物は2010年、息子の一人とともに銃撃され死亡。宗教がらみであるとも薬物がらみであるともいわれるが、はっきりとしたことは不明である(参照ブラジルの日系人の新聞)。

参照

wikipedia英語ポルトガル語

関連項目

イタリア ブラジル

pixivに投稿された作品 pixivで「GLAUCO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31

コメント