ピクシブ百科事典

VANILLAFICTION

ばにらふぃくしょん

ゲッサンで連載していた大須賀めぐみの三作品目のマンガである。
目次[非表示]

­
あいつの 悲劇を 想像してみろ!!

概要

魔王JUVENILEREMIXWaltzと続く、大須賀めぐみのデビュー後の三つ目に当たる作品。
過去二作品が濃い内容だったので、今作は実にわかり易い内容となっている。(大須賀節は未だ加速したままではあるが……)
月刊『ゲッサン』にて、2012年9月号から2016年3月号まで連載。

テーマは「擬似家族」で、「ちょっと血がいっぱい出たりしちゃってますが、この漫画は子育て漫画」と語っている。
「VANILLA FICTION」とは英語の俗語で、「つまらない、ありきたりな作り話」という意味。

あらすじ

バッドエンドしか書けない売れっ子で妬み屋の小説家、佐藤 忍
自身の小説の映画化インタビューの帰り道、ファンを名乗る青年へサインを書いたため、バスに乗り遅れ、徒歩で帰るハメになった。その帰り道、不幸にも殺し合いの現場に居合わせてしまう。
そして、彼の理想は現実によって剃り削られていく…………。

登場人物

主人公側

  • 佐藤 忍(さとう しのぶ)

本編の主人公。31歳。
バッドエンドしか書けない小説家で、現在人気上昇中の売れっ子小説家。絶頂期にも関わらず、悲観的な妬み屋を自称する彼は、ハッピーエンドは永久に書けない、すぐ飽きられてしまうなど自らの気分を「最悪だ」と表現している。しかも幸せそうな人を見かける度に、持ち前の文で、その人を主人公とした「バッドエンド」の物語を妄想することを日常的に行っている、所謂「リア充爆ぜろ」な性格。
後記の太宰治と牧野エリと関わり、命懸けの双六ゲームに関わることとなる。最初こそやる気無しではあったが、事が勝手に進行するのでさっさと終わらせる事にした、しかし双六ゲームの敵側の策略に阻まれ、牧野 エリを奪われてしまう。この時彼には牧野エリに対する「同情」や「友情」や「恋愛感情」以上に重くのしかかる「情」を抱いていて、牧野エリを守る事を決意していて、奪われた事を気に病んでいた。太宰治と協力し、牧野エリの奪還をすることになった時、彼は牧野エリを助けたいが、全てを捧げる事はできない、小説家の道を捨てられないと言い、あくまでも自分優先な道を一度は選んだが、とある事件で全てを捨てて牧野エリを助け出す事を決意してからは、駑螺滋恵(ドラジェ)を拉致したりなど大胆に動きだしている。
4巻カバー裏にて牧野 エリの裸を見ても無反応だったのでロリコンペドフィリア属性は皆無な模様。ちなみに童貞。よくヘアスタイルを変える人。牧野 エリがあっちの方向に走ってからは、保護者としての責任を実感したそうな。
武器は持ち前の文才で相手を、自分が作り出した「バッドエンドの物語」に誘導し、撃退する。
バッドエンドしか書けない作家といえばあの人物が思い浮かぶが、関係はないと思われる。

  • 太宰 治(だざい おさむ)
趣味と特技はセックス遊びの青年。実は1歳。
正体は人外で双六ゲームの進行役。ナイフでメッタ刺しされようが、銃で蜂の巣にされようが、四肢をばらされようが数日で完治する程の人間離れした治癒能力、今から約30分以内に死ぬ人物が分かるなど、双六ゲームに必要な能力が備わっている。
この双六ゲームにも、人間にも興味がなく、凄まじくやる気がなかった。佐藤忍の小説も「いつもバッドエンドなので、結末がわかる」と嫌っていた。しかし、双六ゲームが終われば自分は不要になる、つまり死ぬことになるそうで、便所紙みたいに捨てられる人生に絶望していて、今までやる気がなかった。佐藤 忍の小説を嫌っていた真の理由は、小説の内容を自分の人生と当てはまるからであった。しかし、とあるきっかけで絶望することをやめ、佐藤 忍を守りきり、仲良くなる事を望んだ。
武器は格闘。死なないので、攻10 守0のノーガード戦法を得意とする。
名前の由来は、他人に無関心な所を佐藤忍に「人間失格だ」と言われたことから。
作品中一番裸を晒すことが多い人物。ここにも大須賀節が……

  • 牧野 エリ(まきの えり)
本編のヒロインで、双六ゲームのキーマン。8〜9歳くらい。
双六ゲームが開始される以前は、よく笑いよく泣く子だったが、双六ゲームを経て心を閉ざしてしまった。しかし佐藤 忍が彼女に優しく接したことで、彼にだけは心を開き、乏しかった表情も改善され始めた。
佐藤 忍に優しくされたことで彼を守ると決意し、敵側に捕まっても従わず佐藤 忍を探し続けている。しかし純粋で心優しい敵側の駑螺滋恵(ドラジェ)と出会い、自分が先生とゴールしてしまってもいいのだろうかと悩みだす。そして自分のせいで周りの人達が不幸になっていくのに、自分では何もできないと紗々蔵に言われ、以前以上に心を病んでしまった。だが佐藤 忍の「大丈夫だ」という言葉で希望を取り戻し、佐藤 忍への愛情が危ない方向で深まってしまい、今までカバー裏だけだった彼女の暴走が本編でもあらわになった。太宰 治に対しては、当初は辛辣な態度だったが体を張って自身を庇ってくれて以来は仲間として認め始めている。
武器は佐藤忍への愛で、佐藤忍に仇なすやつには容赦しない。
2巻カバー裏にて、彼女がロリ巨乳だったら、なんて4コマが存在し、右乳と左乳をこすり合わせてコオロギみたいに音を出す、という芸当をしていたが、あくまで作者の妄想です。念のため。そして4巻カバー裏では佐藤 忍の裸を「うほっ! シャッターチャンス」のコメントとともに激写している。変態幼女までも作り上げてしまう大須賀節恐るべし……

  • 楡ノ木(にれのき)
鞠山 雪彦の間接依頼で、牧野 エリの誘拐と佐藤 忍の暗殺を依頼された殺人初心者で、佐藤 忍の手によって見事に撃破された。その後、佐藤 忍たちに脅されて仲間となる。脅されてはいたものの、別れ際に先生の新作の映画の主役にさせてくれと言っていた。
役者志望だったが才能無しとされ夢を諦め、しかも借金を抱えてしまっている。怖いものが大の苦手で、恐怖のあまり漏らしてしまうことも。そして結構な中二病患者でもある。短絡思考ですぐ罠に引っかかってしまうおっちょこちょいで、牧野 エリ奪還にも罠に引っかかったが持ち前の中二病(バナナ)でエリ奪還を成功させた。
女装が結構サマになっている。大須賀節の魔の手が彼にも……

敵側

  • 鞠山 雪彦(まりやま ゆきひこ)

現職の警察の巡査部長。29歳。
「人生に一番必要なのはケンカ」を信仰し、その為に非合法な事もいとわない悪徳警察で、佐藤 忍との双六ゲームも権力や非合法な連中を使い、完膚なきまでに叩きのめすつもりでいる。
元々勝ちにこだわる性格だったが、後記の彼の息子、駑螺滋恵(ドラジェ)を一人ぼっちにさせないため、より一層勝ちにこだわっている。
途中で牧野 エリを佐藤 忍から奪うが、楡ノ木のバナナで佐藤 忍に奪還された。

  • 鞠山 駑螺滋恵(まりやま ドラジェ)
鞠山 雪彦の息子。息子。どう見ても息子。おにゃのこに見えるけど息子。男の子。つまり男の娘
父の鞠山 雪彦は「ユキヒコ」と呼んでいる。離婚した鞠山 雪彦の元妻が再婚し、駑螺滋恵を追い出したので、鞠山 雪彦が引き取ることにした。
最初はぎこちない父子生活であったが、互いに父子と認め合い、今では仲良し親子となった。
言葉遣いは荒いが、子どもみたいな純粋な心がある。
佐藤 忍に拉致されそうになった時には強い意志をもって逃走するも、隠れて待機していた太宰 治に捕まってしまった。後に牧野 エリとの交換条件で父の元に戻る。

  • 紗々蔵(ささくら)
鞠山 雪彦側の双六ゲームの進行役で無精ひげな人外。太宰 治の能力もちゃんと備えている。
人生を充実させるためには、生きる目標と目標達成への熱意と説き、どうせ死ぬなら燃え尽きて死にたいと願っていて、働きがいのある仕事をするため、鞠山 雪彦に度々合っている。
駑螺滋恵(ドラジェ)にカッコイイと褒められて、そのことで人生で初めて微笑んだ。それ以来、彼を気になり出している。ゲッサンwebにて、ついに駑螺滋恵(ドラジェ)に対して変態行動をとった。
よくペッツのラムネを食っている。
名前の由来は、駑螺滋恵(ドラジェ)が貸してくれたジャージの柄の「桜」と、駑螺滋恵(ドラジェ)の聞き間違いによって生まれた。

その他

  • 春夏秋冬 二(ひととせ ならぶ)

「換気扇ダイアリイ」という小説で人気急上昇中の若手小説家で、他にも楡ノ木お気に入りの強運が武器の主人公の小説も書いていた。佐藤の小説を「決まりきったスタイルで、すぐ飽きられる」とコメントした人物。吹雪荒れる氷山へ取材しにいった時、「何か」に道案内され、「君となら世界だって滅ぼせそうだ」と意味深な言葉を投げかけていた。

表記揺れ

ヴァニラフィクション VANILLA_FICTION

関連イラスト

VANILLA FICTION
くだらない作り話


VF詰め
天使



関連タグ

魔王JR waltz ゲッサン 大須賀めぐみ 
男の娘 青年少女 疑似家族 父性

外部リンク

VANILLA FICTION | ゲッサンWEB

pixivに投稿された作品 pixivで「VANILLAFICTION」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92197

コメント