ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

【あの御方】とはワンパンマンに登場するキャラクターの総称である。

作中で本名を知る人物は限られており、彼の率いる「忍天党」の忍者達にも伏せている。


忍者もとい暗殺者の育成機関忍者の里の創設者であり、最強の忍者と唱われている存在。

15年前、S級1位のヒーローブラストとの死闘の末に消息を絶っていたが……。



戦闘能力編集


史上最強の忍者オブ忍者と呼ばれ、忍者の里創設後も第一線を退くことなく暗殺業界に君臨し続けた実力者であり、歴史に名を残す悪人も人知れず抹消する。


幻想のような強度の忍術を0.2秒毎に4、5発繰り出すなど、現実では考えられない戦闘を可能とする。


戦闘能力に特化したエリート忍者の集団である忍天党の忍者21名総出で挑んでも手合わせすら通用せず、S級賞金首の音速のソニック、S級ヒーローでも上位の実力者である閃光のフラッシュが2人がかりでも1秒ともたないと言われる程。


人物像編集

慈悲など無く、自身の身辺を調査しようとする者は例え部下であろうとも始末するなど冷徹な性格の持ち主。


また、300年以上生存している等の噂もあり、さらに皮膚の色も所々異なり心音を複数聞こえる、ターゲットが若い男性であれば、その内臓や血液を回収しており、その存在は人間ではないのではと囁かれている。


経歴編集

忍者の里設立、ブラストとの死闘から15年の月日を経て復活。

世界を支配するべく、里の裏切り者である閃光のフラッシュの抹殺を忍天党に命じる。

Heavenly plan

しかし終わりの44期生閃光のフラッシュと音速のソニックの2名により忍天党は壊滅。

それを察知し、音速のソニックのアジトにて彼らを迎え撃つことに────。






























サイタマ先生

同じくアジトに訪れていたサイタマと遭遇。

戦闘になるも武器を没収された挙げ句ワンパンされ、地面に埋没していた。


没収された武器や巻物はソニックとフラッシュの手に渡り、彼らのパワーアップの糧となる。


おそらく相当の強者であったのであろうが、あれだけ実力や得たいの知れなさが盛るに盛られていたにもかかわらず、画面外で倒されるという実にワンパンマンらしい末路を迎えたキャラクターであった。


関連タグ編集

ワンパンマン

忍者の里

ブラスト(ワンパンマン)



リメイク版編集

※リメイク版および今後のネタバレを含みます。ご注意ください。



















原作ではセリフも無しにワンパンされた人物であったが、リメイク版にてその人物像が判明。



  • 概要

本名は虚空(こくう)のヴォイド

かつてはブラストの相棒として、に対抗する手段を捜索していた。



  • 経歴

上記の通り相棒のブラストと共に神への対抗手段を探していたが何らかの理由で神の手に堕ち怪人となってしまい、神の手先を生み出す為忍の里を設立し、ブラストと対立。

神通力の付与により優勢かと思われたが結果は敗北し深手を負い15年もの間、回復に専念することとなる。

そして目を覚ました後サイタマがゼロパンによって覚醒ガロウから神の力の残滓が漏れ出し、それを高次元と覚しき場所から吸収しブラストの攻撃を防ぐと次元移動を使い何処かに消える。

その後はブラストが在中するヒーロー協会本部に向けて挨拶程度に『次元斬』を仕掛けるがブラストの転送によって回避される

次に閃光のフラッシュを神の尖兵とするべく天忍党を使い閃光のフラッシュを誘い出す。

そして閃光のフラッシュと音速のソニックが天忍党を倒すと閃光のフラッシュに化けて音速のソニックに近づきキューブに触れさせた後は閃光のフラッシュにも同様の処置を施すことに成功する。





  • 戦闘能力

ブラストの相棒だったという事もあり戦闘能力は高く神より力を与えられる前の時点でも当時のブラストと同格だったとされている。

そこから神の尖兵となり力を授かったことでブラストより有利に立つも敗北し眠りについたがその15年後に眠りから覚め覚醒ガロウから漏れ出した神の力を吸収した事でブラストが戦った15年前よりもさらにパワーアップする。

吸収後の攻撃はガロウ同様に星屑を纒い、もともと有していた次元移動の能力も空間を布のように掴み異空間に潜伏するなどの芸当が可能。

さらに下記の『次元斬』と呼ばれる技も使用可能。

擬態能力も高く天忍党との戦闘後に閃光のフラッシュに化けており音速のソニックがそれに気づかないほど。

ちなみに原作版では幻想のような強度の忍術を0.2秒毎に4、5発繰り出すだったが無限に上方修正されている。


次元斬

神の力の1つ。

宇宙の因果の外という高次元(無数の並行世界が生まれる場所)に移動した後、特殊な術式を構築することで距離やエネルギー、サイズなどを無視した外からの斬撃攻撃。

最初にヒーロー協会に向けて放った際はかなりの範囲で地面に巨大な亀裂が発生しブラストがヒーロー協会を次元転送していなければ消し飛ばす程のものでしかもこれで挨拶程度の技というのだから恐ろしいものである。

目の当たりにした閃光のフラッシュは戦慄し、サイタマからは「タツマキみてーだな」と評されるなど、神の尖兵に相応しい威力と規模を誇る。

2回目のフラッシュとソニックに対して使用した際は少し離れた山が切れるほどの威力と範囲を繰り出した。

ちなみに距離やエネルギー、サイズに関しては本人の力量による。







関連タグ

???

関連記事

親記事

忍者の里 にんじゃのさと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました