ピクシブ百科事典

どけ!!!俺はお兄ちゃんだぞ!!!

どけおれはおにいちゃんだぞ

『呪術廻戦』第134話・渋谷事変51で脹相が発した迷台詞。
目次[非表示]

※この記事は呪術廻戦未単行本化部分に関するネタバレを含みます。

概要

2021年1月4日発売の週刊少年ジャンプ2021年5・6号合併号に掲載された『呪術廻戦』第134話・渋谷事変51で脹相が発した迷台詞

この台詞に至る経緯

第106話・渋谷事変24で虎杖悠仁を殺そうとした脹相は、その瞬間に『虎杖が自分の大事な弟である』という存在しない記憶が脳内に溢れ出し、混乱したままその場を立ち去る。

そして、この台詞が登場する前の回である第133話・渋谷事変50で駅のホームで引き続き存在しない記憶に襲われていた脹相は「虎杖悠仁オマエは何者だ」とシリアスムーブでその場を去った。

そして第134話で虎杖たちの前に現れた脹相は「よくも……よくも俺に!!虎杖を!!弟を!!殺させようとしたな!!」と偽夏油に詰め寄ろうとするが、割って入ってきた裏梅に「引っ込め三下」と阻まれる。それに対して激高した脹相が発した台詞がこれである。

反響

この台詞自体は数多くのネタ台詞がそうである場合と同様、時と場合がかみ合えば、そこまでおかしいものではない。
実際、脹相の身に立って考えてみれば、呪霊とも人間ともつかない存在として生まれ、下手をすれば呪術師からは生まれた時から命を狙われる立場にあり、血のつながった家族だけが唯一のよりどころであり、そんな中偽夏油の正体が、かつて自身の母を弄び、自分やその弟たちを生み出した挙句に、その唯一のよりどころである兄弟同士で殺し合いを強いられていたと発覚した状況である(それがどこまで真実かはさておき)。
そんな中で弟の窮地を黙ってみていることができないという焦りから言った言葉としてみれば、文脈としては何の可笑しさもない。

だから問題は、この台詞が発言されているのは、時と場合がかみ合っていないことにある。

まず、脹相自身は虎杖のことを弟として確信しているものの、虎杖からすればつい先ほどまで殺し合いをしていた相手がいきなり兄を名乗って仲間割れを始めた状況である。
加えて、この言葉を言われた裏梅からすれば、脹相が虎杖の兄であったとして、それで自分の前に立ちはだかられても「だからどうした」という事でしかない(もとより、虎杖と敵対する状況であることは事前に脹相含め陣営全員が周知しているはずである)。
更に、読者からすれば脹相は、主人公と敵対しつつも精神的な負荷により戦線を離脱し、漸く戦線に復帰した強敵でしかない。
そんな中でいきなり主人公の「お兄ちゃん」を名乗って味方として戦い、しかも結構善戦すると言う、王道の熱い展開の様でありながら、どこかが致命的にズレているよくわからない展開を見せられる状況になっている。

つまり、脹相以外の人間からすれば、話に必要な段階を二、三段階すっ飛ばされた上で、わけのわからないことを言われている状況である。

上記の要因に加えて更に、

  • これを発した脹相の表情があまりにもヤバかったこと。
  • 台詞がよりにもよって「」ではなくて「お兄ちゃん」であること。
  • 一話前まで存在しない記憶に抵抗していたのに今回完落ちしていたこと。

と言う以上の理由から、前回までのシリアスムーブと違って半分ギャグに足を突っ込んでいるとして話題となった。
この回での脹相は、兄堕ち兄を名乗る不審者などと呼ばれたりした。

関連イラスト

プリコネR存在しない記憶パロディ
呪術廻戦 & 鬼滅の刃


どけ!!俺はお兄ちゃんだぞ!!
どけ!俺はお兄ちゃんだぞ!!




関連タグ

呪術廻戦 脹相(呪術廻戦) 存在しない記憶 お兄ちゃん
表記ゆれ:どけ俺はお兄ちゃんだぞ おれはお兄ちゃんだぞ!!!!
対義語(類義語?):お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない

関連記事

親記事

脹相(呪術廻戦) ちょうそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「どけ!!!俺はお兄ちゃんだぞ!!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193871

コメント