ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

士貴智志による「どろろ」リブート作品。

チャンピオンRED2018年12月号より連載開始。

 

基本的に原作の設定等を踏襲しているが、細かな人物関係、呼び方などで原作とは異なっている。

士貴氏本人の話から、百鬼丸は16~17歳、どろろは11~12歳くらいで描かれている。

(「虫ん坊」インタビュー記事2018年12月19日付)

百鬼丸の身体の部位を奪った48匹の妖怪が「47の死霊と1匹の魔神」と呼ばれている。

川に流された百鬼丸を拾い上げたのは近隣の村の農民。

とある事情から、景光、多宝丸と寿海に面識がある。


・・・等


登場人物

百鬼丸

主人公の1人。生まれてすぐに47の死霊と1匹の魔神の生贄にされ、身体や感情に48の欠損がある。寿海の作った絡繰の身体で自由に動ける。主な武器は両腕の義手に仕込んだ刀。義足に仕込んだ「焼け水(酸)」など。原作やアニメと違い、どろろと百鬼丸伝では奪われたパーツを取り戻すたび弱くなると本編で明言されている。


どろろ

もう1人の主人公。戦跡や町中でこそ泥をしていた孤児。無鉄砲で口も手癖も悪いが、弱きを助け恵まれない者に素直に同情する心優しさもある。主な攻撃方法は投石。


琵琶法師

どろろと百鬼丸の行くところ、神出鬼没に現れたりいなくなったりする盲目の男。その正体は・・・


多宝丸

醍醐景光の息子。「ばんもん」を守護する。右半身が百鬼丸と同じ絡繰の義体。琵琶法師によると「半分人間で半分死霊」。


醍醐景光

主君・富樫政親を討ち成り代わった領主。百鬼丸の記憶の中にある男の顔と同じ傷がある。


寿海

医師。百鬼丸を拾った百姓夫妻から百鬼丸を預かり育ての親となる。百鬼丸が旅立った後、病にかかりやつれてしまっている。

関連記事

親記事

どろろ どろろ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 496563

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました