ピクシブ百科事典

醍醐景光

だいごかげみつ

『どろろ』に登場する人物。
目次[非表示]

概要

CV:納谷悟朗(TVアニメ)/ 大塚明夫(PS2版) / 内田直哉(2019年TVアニメ)
演:中井貴一

原作設定

どろろ』の主人公百鬼丸実の父親
富樫政親に使える戦国武将(作中で筆頭家老に昇進)。かなりの野心家で大変に自分勝手な男。富樫家を出し抜き、自らが天下を手中に収めるために48の魔物に願掛けをし、翌日生まれる予定だった息子(後の百鬼丸)を人身御供に差し出したゲスの極みの如き人物である。
体中を欠損して生まれた息子を忌み嫌ってに流すと、続いて生まれた多宝丸を嫡男として育てた。

性格は残虐非道にして傲慢であり、自分の仲間以外の全ての人間を駒としか見ていない。魔物の像を管理していた上人も口封じのために即座に殺し48の魔物への捧げ者にした他、逆らう領民を虫けらのように殺すことも厭わない。およそ人として最低な輩であり、徹頭徹尾自分勝手で女子供であろうと平然と殺す凶人である。

百鬼丸と再会した際には思うところあったか、自分が父親だと知らない彼に素性を隠したまま士官として取り立てると持ち掛けたり、屋敷に招いて休ませたり、嫡男・多宝丸が百鬼丸との一騎打ちをしようとしていると聞いて二人が実の兄弟であることを部下に思いもがけず漏らしつつ血相を変えて止めようとしたりと、何かと気にかける様子を見せていた。
最終的に、多宝丸が命を落としたことで完全に百鬼丸と決別し、彼を殺すことに執念を傾けるようになる。

原作漫画では一揆による富樫家失脚に伴い妻・縫の方(もちろん百鬼丸と多宝丸の母である)共々国外追放される。

派生作品

アニメでは戦いの最中に48番目の魔物に肉体を奪われて完全に魔物と融合してしまいラスボスとなる。最終的にゾンビのような醜い姿となって百鬼丸に襲いかかるも返り討ちにされ、百鬼丸は元の肉体を全て取り戻すこととなった。
断末魔の際に恨みがましく「お前は親を殺すのか!」と問い詰めるが、百鬼丸は「俺の親は俺を育ててくれた寿海という医者だ!」と告げて醍醐景光を切って捨てた。

実写映画では舞台が戦国時代ではなくなったため、富樫家の家臣ではなく、下剋上で荘園領主を殺した地侍として登場。こちらでは妻の名は「百合」になっている。
終盤で48の魔物の1匹である四化入道に乗っ取られ、やっぱりラスボスとなる(ちなみにこの四化入道は24匹目であり、ちょうど折り返し地点にあたる)。

2019年版アニメにおいては魔物ではなく十二体の鬼神と取引したとされ、またその内容が『我が領土を守護し、我に天下を握らせる』、その代償が『天下の他に我が手にするものを何であろうと明け渡す』というように微妙に変更されている。
天下獲りの野心もあるが、飢饉疫病の蔓延で滅亡寸前になった領地を救うためにどれほどすがっても助けの無かった神仏を見限り魔神の力に頼ったという背景もあり、ただ野心に走るばかりでなく領民のことを考える為政者としての一面も見られる。
その一方で、魔神との取引を止めようとした高僧を斬り殺す、各部を欠損した百鬼丸の姿を見るなり魔神との取引が成立したことを確信して狂喜するなど、原作に通じる冷酷な面も描写されている。
また『我が領土を守護し』との願いもあったためか、百鬼丸に鬼神が倒されるたびに山崩れや日照りなど領土に取引のツケが回ってくるような描写が見られる。

関連項目

どろろ 手塚スターシステム
エゴイスト 独裁者

pixivに投稿された作品 pixivで「醍醐景光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1131

コメント