ピクシブ百科事典

寿海

じゅかい

手塚治虫の漫画『どろろ』の登場人物の一人。本項では同作のアニメ版に登場する同じポジションのキャラクター・寿光についても記載する。
目次[非表示]

声:田村錦人(1969年版アニメ)
  小林清志(ゲーム版、ナレーションも兼任)
  大塚明夫(2019年版アニメ)
演:原田芳雄(実写映画版)

概要

主人公・百鬼丸を拾い育てた医師。義手や義足、義眼など人体を模した医療器具を作り出す技に長けており、魔物に奪われた百鬼丸の身体を補った張本人である。
川に流された赤子の百鬼丸を偶然拾い、その異形の容姿に驚きつつも必死で生きようとする彼に心打たれ、彼を育てることを決意し「百鬼丸」という名前を与えた。
百鬼丸を捨てた実父・醍醐景光に代わって彼に惜しみない愛情を注ぎ、百鬼丸からは『パパ』と慕われていたが、彼の不思議な力に惹かれて物の怪が家に集まるようになってしまったため、やむなく安住の地を探す旅へと送り出すことになった。
旅立ちの際には肩の筋肉で指先まで動かせる精巧な義手と、その内部に仕込まれた名刀を与えた。

手塚スターシステム

ブラック・ジャック』ではBJの恩師戸隠先生として登場。アニメ版でのCVは青野武
第58話「ちぢむ!」でアフリカの奥地の無医村で活動し、BJと共に体が縮む奇病に立ち向かう。
ブラック・ジャック自体「体がバラバラになった重度障害を持つ少年が、天才医師に助けられて地獄のような特訓の末に刃物の達人になる」という『どろろ』そっくりな設定なのでこの配役は妙とも取れる。
189話「終電車」でも海外赴任に不安を感じるブラック・クイーンこと鈴木このみに対し、BJが「医者が医療行為を続けることを好きだと思うのは、絵描きが絵をかいて幸せだとか言うのとは違う、おれはアフリカでツェツェバエが飛び交う中扇風機一個で懸命に治療を続けていた医者を知ってる」と戸隠先生の例を挙げて説得している。

…まさかそのBJの中の人が、後に本当に寿海を演じるとは思わなかっただろうが。

派生作品

1969年版アニメでは『寿光』という名前になっている。
大まかな役回りは変わらないものの、百鬼丸に旅をさせるに至るまでの経緯が変更されており、百鬼丸の生い立ちを知り、彼に自分のために戦うよう諭して送り出している。

2019年版アニメでは原作にはないオリジナルの描写として過去の物語が語られている。
医師になる前は斯波氏の家来であり、主家に歯向かう者を磔・耳削ぎ・指削ぎなどの拷問にかけて見せしめにする役目を負っていた。ある時、己が背負う業に堪えかねて海へ身を投げたところを大陸の船に拾われ、そのまま向かった大陸で義肢作りの技を身につけて祖国に戻る。
それからしばらくの間、戦乱に巻き込まれて手足を失った農民たちに無償で義肢を提供し、自身を慕う農民たちや助手の少年・カナメと共に平穏な日々を送っていた。しかし、斯波氏に父を殺された過去を持つカナメは寿海の過去の所業を知って庵を去ってしまう。
その後、カナメを失った悲しみに駆られるまま彷徨っていたところ足を滑らせて川原に落ち、そこで見つけた百鬼丸を拾い育てるようになる。百鬼丸に物の怪から身を守るため戦う術を教える中、彼が魔神に体を奪われたことを知り、真の体を取り戻すための旅へと送り出した。
百鬼丸と別れた後は、戦死者の体を補って弔う旅をあてもなく続けている。

実写映画版では舞台が日本ではなくなったため、大幅に設定がオカルトチックになっている。
映画版においては寿海は呪医師であり、百鬼丸の義骸も戦死者の死体から作り出した生体部品になっている。そのため、傷を負っても栄養補給と休養を挟めば治癒する再生能力を有しており、百鬼丸が48の魔物を倒して元の部位を奪還すると腐り落ちる。
なお、映画版においては48の魔物は百鬼丸の剣でしか倒せない設定になっている。

関連項目

手塚治虫 どろろ 百鬼丸 義父 医者

関連記事

親記事

どろろ どろろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「寿海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 498381

コメント