ピクシブ百科事典

はわわ梨子

はわわりこ

はわわ梨子とは、桜内梨子の数ある可能性のひとつである
目次[非表示]

前置き

はわわ梨子とはラブライブ!サンシャイン!!に登場するキャラクター、桜内梨子の数ある可能性のひとつである。
公式に言われていることではあるが、原作とも言えるG's版に、漫画版、アニメ版、CD版、スクールアイドルフェスティバル版と、各媒体で多方面に展開されているラブライブ!シリーズ。これらはひとつの世界ではなく、いわゆるパラレルワールドでのお話であるとされている。
顕著な例で言えば前作ラブライブ!ではアニメ版ではスクールアイドル活動以外の部活動の様子を見せなかった高坂穂乃果が漫画版では音ノ木坂高校1年生で剣道の個人の部において東京都大会で優勝するほどの猛者であったり、ラブライブ!サンシャイン!!においてもG's版ではアニメと違って3年生組がかつてスクールアイドルとして活動なんて全くしていなかった、そもそもアニメと違ってG's版や漫画版では既に廃校が決定しているほどの大きな違いがある。
「スクールアイドルになって努力し、ラブライブ!を目指して活動する」というおおまかすぎる流れは同じでもそこに至るまでの経緯やキャラクター設定には大きな違いがある。

そしてはわわ梨子もそんな数ある違いのひとつであり、アニメやCD内のドラマパートでは「強気」「若干オタク要素あり?」「アニメ2期途中から堕天」などの様々なキャラクター性を見せた桜内梨子ではあるが、ラブライブ!サンシャイン!!の初期設定であったり、G's版漫画版等では全く違う印象を与えてくる。
そんな彼女はより多くの人が目にしやすいアニメ版の彼女とはまるで違うキャラクター性であったため、あえてそうではない初期設定や漫画版のような彼女のことを指して「はわわ梨子」と称する場合がある。
そしてここではそんなはわわな彼女について記述するものとする。

なお、語源と思われるものにははわわ軍師というものがある。
ラブライブ!シリーズとは全く縁の無い作品であるため、詳細はそちらの記事にお任せする。

設定

はわわ梨子のプロフィールは、基本的に桜内梨子であるため同じである。

上記のようにラブライブ!シリーズは各媒体はパラレルワールドでの話になるのだが、全ての作品において一貫して「桜内梨子は高校2年生にあがるときに音ノ木坂から浦女に転校してきて、憧れのμ'sと同じ音ノ木坂から来た梨子を見初めて高海千歌がスクールアイドル活動に誘い、何度も断られるものの最後は一緒に活動し始める」という流れを保っているのがラブライブ!サンシャイン!!である。
しかし、桜内梨子の性格や設定が大きく違うため、何故断ったのかという理由には大きな違いがある。アニメ版では過去のピアノコンクールでの失敗からそういう活動への拒絶があったためだが、はわわ梨子の場合はそもそも自分が地味でそういうのが似合わないから、である。
細かく見れば他にもあるだろうが、千歌の誘いを断っていた一番の理由はこれであり、それを千歌が何度も声をかけ、心通わせ、梨子を仲間に加えてSTART:DASHするのがラブライブ!サンシャイン!!の序盤の流れである。

他にもアニメでの桜内梨子から入った人には意外かもしれないが、G's版や漫画版等では「犬を苦手とする描写は特に無い(寧ろ犬が苦手なのは黒澤ルビィ)」「過去にやっていたと大々的に言われているのはピアノではなく美術部」「吊り目ではあるが、どちらかというとおとなしい性格で強気な発言ができない」「しっかりしている見た目のようだが、意外と抜けてるところがある」など、特にアニメ版の彼女とはかなりの差異があり、もはや別人であると言われた方が納得できるレベルである。
もっとも、漫画版でも習い事としてピアノはしていたので結局漫画版でも作曲を担当させられるのはアニメ版と同じではあるが。

そしてあまりにも違うがゆえに二次創作の小説、いわゆるSSにおいてはそんな彼女が別世界の彼女自身と入れ替わってしまう、なんてストーリーも存在する程であり、ファン達からしたらどの桜内梨子も一定の人気を得ているようだ。
なお、はわわ梨子についてはただの一枚絵だとそれが明確にはわわ梨子だと断定しづらく、桜内梨子でのタグ登録作品がゆうに8000作品を超えている現在(当記事作成時は2017年12月)ではそれを見つけることすら困難であると思われるのは、一応ここで述べておくものとする。

で?何が言いたいの?

まあ、正直なところ長々と書いていても伝わりきれないだろうと思われるので、とにかくどれだけ違うかは各作品を見ていただきたい。
角川書店が発行しているラブライブ!サンシャイン!!の1st、2ndのファンブック。
おだまさる先生による漫画版のラブライブ!サンシャイン!!。
書店で買えるものではこれらが特にはわわ梨子がどんな感じかがわかりやすいものだと思われる。
アニメでの強気でしっかりものな桜内梨子とはまるで違う、おとなしめで自分に自信がなくて実はおっちょこちょいな桜内梨子の姿が見れるはずだ。
そして、アニメ版の彼女を先に見た人はこれらの作品で、逆にアニメ版の方は見ていないという人はアニメ版を見て、自身の知っている桜内梨子とはまた違う桜内梨子の魅力に触れていただければと切に願うものである。

最後に

しかし、当記事作成者として一つだけ注意点をあげさせていただきたい。
それは、すべての桜内梨子に上下は無い、ということである。
アニメでの強気な桜内梨子、G's等でのおとなしめな桜内梨子も、それぞれがしっかりとした桜内梨子であり、桜内梨子以外の何者でも無いのである。
住んでた地域や幼少の経験で成長に差が出るという話はよく知られている話ではあるが、それと同じで彼女らもまた桜内梨子という存在の数ある可能性のひとつひとつなのである。
個人の好みがあるのは仕方がないとは思うが、どの桜内梨子が一番だと上下を論じることだけはやめていただきたい。
あなたが好きだと言っている桜内梨子も、あなたが嫌いだと言っている桜内梨子も、どちらも桜内梨子であることに代わり無いのだから。

関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! 桜内梨子 パラレルワールド

コメント