ピクシブ百科事典

顔がレズ

かおがれず

桜内梨子の外見を簡潔かつ的確に表現した言葉。ある意味風評被害とも言える。
目次[非表示]

要は2ちゃんねる発祥のネタである

公式における本来の梨子の性格については桜内梨子を参照

発覚

ご存知の通り『ラブライブ!』には百合好きのファンも多数おり、当然の如く2ndプロジェクトの『ラブライブ!サンシャイン!!』にも女の子同士のイチャイチャを期待する者達がいた。

そんな中、2015年10月に、Aqoursの1stシングル『君のこころは輝いてるかい?』がリリースされ、PVの全貌が明かされたのだが……

何か、楽しい事が始まりそうです・・・


PVのラストシーン、静かなバスの座席でふたりきりの千歌梨子
そんな夕日がさしかかる心地よいバス内で千歌はすっかりうたた寝してしまい、バスが揺れた拍子に梨子の肩へ寄りかかる。
すると梨子は優しげに微笑み、自らも千歌に身を寄せてゆっくりと目を瞑るのだった。

このシーンを見て彼らは確信した。

桜内梨子はレズである、と。

特に微笑む際の表情はどうしようもなく、見た者の大多数が「レズだ」と感じざるを得ないほど。

そして、CD発売からほどなくして2ちゃんねるのラブライブ!板にて、梨子の画像に対してこの言葉が初めてネットワーク上に投下された。

顔 が レ ズ

その横暴かつ一方的な感想は該当のスレにいた者に確かなインパクトを与え、ジワジワと広まっていくこととなる……。

このネタと関連してか、この頃のネット上における梨子のキャラ付けはアニメ以上に強気なものが多かった

進展

なんと1stシングル発売後も、公式からの供給は止まることを知らなかった。

電撃G'sマガジンのユニット関連の記事では、同ユニットの鞠莉と善子から「リリー」という名を付けられたことが判明。
リリーとはまさしく「百合」のことであり、すなわちレズである、ということだろう。

さらにG'sマガジンの他の記事や漫画版の梨子もやはりどことなくレズっぽい内容のものが多く、その流れに百合ライバーたちは自身の確信をより強めた。

そして、2016年4月に発売された2ndシングル『恋になりたいAQUARIUM』とそのPVでも、梨子はレズだった。
PVの内容は、千歌と梨子が仲良くしている様子に同じ二年生組の1人、が疎外感を持って悩むが、紆余曲折を経て千歌達と打ち解けるというもの。しかし問題のシーンはやはり曲が終わった後の終盤にあった。
場の空気を読んでその場から離れたのか、遊覧船のデッキで1人寂しそうに黄昏る梨子。
と、そこに千歌と曜がやってくる。両サイドから2人に寄り添われた梨子は、果たして満面の笑みを浮かべるのである。

誰が呼んだか『ご満悦レズスマイル』。

TVアニメ化後

そして2016年7月、TVアニメが始まった。
しかしどういうわけか、電波に乗って我々に届けられた梨子のレズっ気は、これまでのものに比べてややパンチに欠ける、悪く言えば期待はずれなレベルであった。いきなり海に飛び込もうとしたり、犬が苦手だったり、主張の強いキャラ付けはされているものの、どうも物足りない……。

と、思ったら第7話。

秋葉原を訪れたAqours。そのとき梨子の目に入ってきたのは、とある1枚の立て看板……

女性向同人誌専門店
オ ト メ ア ン

それはまぎれもなく、乙女向け百合同人ショップの看板であった。
そして梨子はみんなに「トイレに行く」と嘘をつき、そそくさとその店に駆け込んでいく……

アニメでもやはりレズだった。

さらに12話では、Aqoursの残り8人が東京に来ることに。電話を切った梨子は、「片付けなくちゃ……」と呟き、たくさんの本の山を見ていた。
その本は壁クイ等を扱った雑誌だった(おそらくその下には同人誌が大量に積まれていると思われる)。
しかもそれを東京駅のコインロッカーにしまおうとしているところを千歌達に見つかり、なんとかごまかそうとしたのだが、ふとした拍子に中身が飛び出てしまい、目の周りに跡が付くくらい強く千歌に目隠しをし、その事実を隠蔽しようとしていた。

ちなみにエンディングの映像では、千歌が梨子に顎クイをしているプリクラが登場している。

つまりそういうことだろう。


まあこの同人誌系の描写はギャグとも取れる範囲だが、10話ではさらなる燃料が追加される。

アニメ版の梨子は、ピアノコンクールでの失敗が心に大きく影を落としている。
今年度も参加の案内が通達されていたのだが、運の悪いことにその日はラブライブの静岡県予備予選と同日。
梨子はラブライブを優先すると千歌に言うが、本心ではリベンジを果たしたいと思っていた。
いくらスクールアイドルを始めたとて、幼少期から積み重ねてきた経験は、自分を構成する要素を大きく占有しているものだ。

千歌はそんな梨子の思いを察して、ピアノコンクールに出てほしい、ずっと待ってるから、と梨子の背中を押してくれた。
そうして梨子は涙を浮かべ、千歌に抱きつき、こう告げた。

「……大好きだよ」

ギャグ&水着回だと思われた10話のオチにこのようなガチな描写がなされ、大多数のライバーは戦慄したのであった。

そしてなんとこの台詞、海外の英語圏での公式配信で表示された字幕は

I love you.

なのである。

これには海外のライバーもかなり衝撃を受けたようで、ネット上では「ファッキンレズビアン」などといった書き込みが確認されている。

もはやその規模はワールドワイド。
世界に誇る日本のレズである。

さらに

2ちゃんねるを始めとして、掲示板上では放送前にも関わらず、「梨子は全てがレズ」と言われていた。

  1. スリーサイズ
  2. 名前
  3. 略歴
  4. サイン

これ以外にもレズ認定されてしまった。
さらにはTwitterの検索欄に「桜内梨子」と打つと、アンド検索で「レズ」が出る時期があった。
ニコニコ生放送でも梨子が画面に出てくると「レズ」のコメントが流れてくることがある。

顔文字

ラブライブ!板ではレズモードの梨子を表す顔文字としてこのようなものが開発されている。

 メノ^ノ。^リ

使われている文字からメノノリと呼ばれているこの顔文字。
┌(┌^o^)┐にも似た妙なプレッシャーとインパクトを感じさせる秀逸なものだが、残念なことにこれでは前髪の分け方が逆(母親の分け方)になっている。

ちなみに通常時の梨子の顔文字はこちら。

 メイ⋇σ_ σリ

こちらは同様にメイリと呼ばれている。

補足

とは言いつつも、所詮はファンの間で生まれたネタである分半ば強引に解釈されたものも多い

特にアニメの同人誌関連は「完全にギャグ要素である」、「対象は無機物(壁)である」などと言われる事もしばしば(まず百合ものだとは一言も言われていない)。
またスリーサイズなどに至ってはこじつけもいいところである。

2ちゃんねるでは上記のネタを使った不快な発言等が書かれて荒れた例もある(このネタに限らないが)。
またそのような発言でなくとも、純粋に梨子が好きな人から見れば、このようなネタはあまり気持ちよく思わない人もいるだろう。

あくまで相手が不快にならない範囲でのネタとして使うようにしよう。

関連項目

桜内梨子
レズ 百合

ちかりこ…この言葉の発祥とも言える。

しいりこ……アニメで浮上した梨子関連の別のネタ。しいたけがメスならこちらもレズになるかも…?

pixivに投稿された作品 pixivで「顔がレズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 557674

コメント