ピクシブ百科事典

びゅうコースター風っこ

びゅうこーすたーかぜっこ

東日本旅客鉄道が保有するイベント用気動車で、ジョイフルトレインの一種。
目次[非表示]

概要

JR東日本が仙台支社保有のトロッコ貨車を置き換える形で2000年に登場させたキハ48の改造車両。改造施工は新潟鐵工所(現 新潟トランシス)でキハ48 547とキハ48 1541を種車としている。気動車ベースとなったのは機関車いらずで運転線区や速度の自由度が高いからである。

外見は緑と白の爽やかなカラーリングで側面が大きく開口されているのが特徴。これによって乗車中も風を感じることができる。雨天の時は電動のビニールブラインド、冬季はガラスを嵌めて寒気が入るのを防ぐ。
車内は難燃木材を使った木製のボックスシートとドリンクホルダーが付いたテーブルが設けられている。座席上に荷物棚はないので荷物は座席下のスペースに入れる。天井は鋼体が剥き出しとなっており白熱灯の照明と組み合わせてトロッコ列車の雰囲気を高めている。キハ48 1541の妻面側にはダルマストーブが設置されており冬季には実際に焚いて暖を取ることができる他、ストーブの天板で餅などを焼いて振舞われることもある。

小牛田運輸区に所属し、仙台支社管内をメインに盛岡や新潟、長野など東日本の各路線でイベント列車として運転されている。悪天候時や冬季は風っこ編成とは別に控え車が連結されることがあり、乗客の雨よけに使用される。

乗車時の注意

風っこの座席下にある荷物スペースは小さく、リュックを入れるだけでいっぱいになるので乗車の際はなるべく手荷物を小さくしていこう。

編成

号車1号車2号車
車番キハ48 547キハ48 1541
設備トイレ有ダルマストーブ有

※季節や運転線区によって前後に控え車が連結されることがあります。

関連タグ

JR東日本 キハ40系 ジョイフルトレイン
リゾートみのり※同じく小牛田に所属するキハ40系のジョイフルトレイン

コメント