ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

本来はSOS団自主製作映画朝比奈ミクルの冒険』における主人公朝比奈ミクルが左手をチョキにしてに当て、発射する光線だった。

しかし監督涼宮ハルヒが「実際に出せたら面白い」と余計なことを考えたせいでミクルを演じていた現実世界朝比奈みくるマジで(に付けたカラーコンタクトレンズ)からの速度のビームを出せるようになる長門有希が言うには、ビームではなくレーザーであるとのこと)。このときは有希がみくるのカラーコンタクトレンズを外すことによって一応解決。

しかし、翌日別のカラーコンタクトレンズを目に付けたみくるは、今度は目から超振動性分子カッターが出るようになってしまう。事態を重く見た有希はみくるに噛みついて体内に即席のナノマシンを送り込み、これを封印する。

その後もハルヒがいろんな色のカラーコンタクトレンズを持ってくるたびにみくるが目から色々なものを出してしまい、その度に有希が封印したことが語られている。


その後撮影はクランクアップし、キョンのテキトーな合成により映画の中においてはメイン画像のような水色アニメ調な光線が演出されることとなる。その何とも言えない安っぽさと、みくる役後藤邑子の熱演から、アニメ版のみくるビームは当時のインターネット上でそれなりの人気を博した。


つーか、光の速度の攻撃を発射後に目で識別してから、自らのを突き出して背後の仲間を護れる長門っていったい…。


涼宮ハルヒちゃんの憂鬱ではこのレーザーの出るカラーコンタクトレンズが再登場している。

このときは発射するのにポーズを取る必要があった。


関連イラスト

みっみっみらくるみっくるんるん♪びーーーむ!!


関連項目

涼宮ハルヒの憂鬱 目からビーム レーザー 光速 オッドアイ

ウエイトレス カラーコンタクト

関連記事

親記事

朝比奈ミクルの冒険 あさひなみくるのぼうけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37616

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました