ピクシブ百科事典

ろーでち

ろーちゃんとでちこう

「艦隊これくしょん」のキャラクター、伊58と呂500の二次創作カップリングのこと。
目次[非表示]

概要

オリョールクルージング向けの能力を持つ伊58と、オリョール海に興味を示す呂500カップリングのこと。
呂500の自称するあだ名「ろーちゃん」と、彼女が伊58を呼ぶ時のあだ名「でっち」に由来する。
呂500の改造前のU-511と併せた「ゆーでち」タグも存在する。

伊58の本人希望の愛称は「ゴーヤ」なのだが、呂500は時報ではこれに従わず「でっち」と呼んで怒らせている。
特に仲が良さそうな伊8の「はっちゃん」や伊19の「イク」はちゃんと呼んでいる中、なぜ伊58だけ本人希望の呼び方でないのかは不明である。
口癖をあだ名と間違えたのなら伊19は「ナノ」とかになりそうなものだが。
この点について公式4コマでは、「U-511時代に彼女の口調が印象に残りすぎた」「『なの』は日本語で語尾として普通に使うから」とフォローされている。

また、独自のあだ名を付けてしまうほどに呂500が伊58に懐いているとも解釈できる。
この二人が絡む際は「呂500がでっち呼びして伊58が怒る」ところまでがお約束である。
呂500は本来通商破壊用の潜水艦であり、ゲーム中の通商破壊作戦であるオリョクルバシクルにも興味津々である。
この点が伊58のでち公ネタや、それに伴うオリョクルネタと複合して使われることもある。
無論こちらは嫌う人もいるので、使う際は時と場合を弁えよう。

なお、ゲーム内での実装が1年半も先であるため伊58が先輩扱いされることが多いが、史実では進水・竣工は呂500(U-511)の方が3年近く早く、帝国海軍への在籍も呂500のほうが先である。
また方や武勲艦、方や練習目標用と経緯は大きく異なるが、どちらも終戦まで生き残った潜水艦達であり、そのおかげでゲーム内の潜水艦娘としても特に運の値が高いコンビである。

余談

潜水艦娘同士のカップリングタグは、コラボ限定艦を含むイオしおの先例があるが、通常艦同士ではこれまで特にカップリングタグは作られてこなかった。
これは、そもそも潜水艦娘は数が少なく全体でひとまとまりの印象があり、しかも史実での繋がりやゲーム中で交流を見せる者もいなかったため、わざわざタグで分類するような特定の組み合わせが生まれなかったためと思われる。
ゲーム中で潜水艦娘同士の交流が描かれたのは呂500の時報が初めてであり、そんな中で想像力を掻き立てる伊58への言及は非常に印象的だったのである。

関連イラスト

Twitter詰め合わせ(主に艦これ)
新人歓迎


はい、チーz



関連タグ

艦隊これくしょん(二次創作) 艦隊これくしょんカップリングタグ
潜水艦娘 伊58(艦隊これくしょん) U-511/呂500
ゆーでち

pixivに投稿された作品 pixivで「ろーでち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3114685

コメント