ピクシブ百科事典

目次[非表示]

オリョールクルージングの要領でバシー島沖(2-2)へ潜水艦隊で出撃するもの。なかなか集まりづらいボーキサイトを回収でき補給艦狩りもできるが、事故率が高いのであまり推奨されるものではない。
被害をあまり出したくないのであれば重雷装巡洋艦2隻と潜水艦4隻で編成するか、潜水空母瑞雲ガン積みで挑むのがいいだろう。
だが、艦これ2期への移行で状況がガラリと変わる事になる。

艦これ2期でまさかの

2018年8月に艦これ2期がスタート。この大型アップデートによりオリョールクルージング、「通称オリョクル」が事実上不可能になってしまった。
理由としては
・資材マスを通っても赤字になる
・道中への輪形・単横陣編成の配置
輸送ワ級がMマスのみの出現になり「ろ号」等の任務達成の効率が悪い
駆逐イ級後期型駆逐ロ級後期型が多数配置され、潜水艦をワンパン大破させて来る
等である。
これにより多くの提督が落胆する中、変わって脚光を浴びる事になったのがこのバシクルである。
艦これ2期の2-2バシー海峡では、最初の3つに分かれる分岐で「水上機母艦が一隻」だとボス方面へのルート固定となるが「空母系3隻以上」だと「1戦+ボーキサイトマス」の行き止まりのはずれルートに向かう。しかし、このはずれルートの戦闘マスでは輸送ワ級2隻か確定で出現する。
このルート固定とボーキサイトマスにより、補給艦とボーキサイトを稼ぐ新たなバシクルが有志によって発見された。

新たなバシクルのやり方

敵空母が居ない事と、制空権確保時に搭載数16機以下の艦載機が撃墜されない事を利用し、「鳳翔」「瑞鳳」「祥鳳」「龍鳳」「大鷹改二」「アクィラ」「ガンビア・ベイ」「ちとちよ」といった低コスト空母3隻の「16機以下のスロット全てに艦攻」を載せ、後のスロットは電探等を載せる。
以上の装備を載せた「空母3隻以上」+「潜水艦」でバシー海峡に出撃すれば、「輸送ワ級2隻」と「ボーキサイト」を稼ぐことが出来る。しかも、艦載機が撃墜されないのでボーキサイトは黒字である…が当然燃料と弾薬は使う。さらに後述の疲労蓄積もあり、燃料弾薬の消費と提督側の手間と合わせて旧オリョクルとは比べ物にならないほどに効率が悪い。現時点ではほぼ任務消化のためだけであって、旧オリョクルのような資源稼ぎとしては使われない。

問題点

この新たなバシクルに対する問題点として以下の3点が囁かれいている
・旧オリョクルより、燃料と弾薬の消費が多い
・高LV鎮守府では後期型駆逐が出現するため、先制攻撃で討ち漏らすと悲惨なことになる。
・道中は1戦のみなので疲労が溜まりやすく、連続出撃には複数艦隊の用意が必要(赤疲労上等のブラ鎮提督であったとしても疲労がたまれば命中率も下がって効率も下がる。結局、連続出撃は意義が薄い)


改良型バシクル

潜水艦娘の代わりに、ドラム缶や大発動艇を満載したドラム艦を投入することで、ボーキ資源マスの収量を増やすことが出来る。その効果は意外と侮れず、ドラム缶10スロット分で+15にもなる。
そこそこの熟練度が有れば空母以外は全員ドラム艦とすることも可能だが、事故率低減や被害担当として一人は潜水艦を配備するのも悪くない。その場合でも内火艇を搭載しておくとボーキ収量増加に寄与できる。


任務「あ号」「い号」「南西諸島海域の制海権を握れ!」の消化

艦これ2期におけるこの任務の消化には2-1「南西諸島近海」が推奨される。
この海域も最初の分岐で「空母が三隻以上」を含む艦隊の場合は「輸送ワ級エリート2隻と軽母ヌ級エリート一隻」が狙え、潜水艦6隻か「空母一隻or戦艦一隻」を含む場合はボスまでルート確定でき、道中マスとボス戦マスの2戦で「空母ヲ級エリートと軽母ヌ級エリート」合計4隻が狙える。
ただし、駆逐艦後期型が含まれる敵編成が有る為、潜水艦6隻でも事故率は高い。途切れない出撃の為には補欠を上手く運用したい。


関連タグ

オリョールクルージング ブラック鎮守府

関連記事

親記事

ブラック鎮守府 ぶらっくちんじゅふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バシクル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61604

コメント