ピクシブ百科事典

アイギアロサウルス

あいぎあろさうるす

爬虫綱有鱗目トカゲ亜目アイギアロサウルス科に属し、中生代白亜紀中期に棲息したモササウルス類の祖先とされる爬虫類の1つである。
目次[非表示]

概要

モササウルス類の祖先とされる爬虫類の仲間である。
学名の意味は「岸辺のトカゲ」。
全長1m。
食べ物は甲殻類昆虫等。

特徴

白亜紀後期に繁栄した最強の海生爬虫類 モササウルス類の祖先とされるオオトカゲと言われている。四肢は地上を歩ける程度に貧弱し、地上の両方で活動していた半水生のトカゲであったようである。恐らく、浜辺日光浴をしながら、天敵が現れると海へ逃げて体をくねらせながら泳いでいたと想像されている。アイギアロサウルスの生息した当時のヨーロッパは陸地が殆ど水没した多島海であり、海への進出の機会が多かったと考えられる。

関連タグ

爬虫類 有鱗類 モササウルス科 
オオトカゲ

関連記事

親記事

有鱗類 ゆうりんるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アイギアロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント