ピクシブ百科事典

アフロ田中

あふろたなか

『アフロ田中』(アフロたなか)は、のりつけ雅春による漫画シリーズ、またそれを原作とした一連の作品である。
目次[非表示]

「アフロの中は、妄想だらけ。」(映画キャッチコピー)

もしかして=>日常の田中

作品解説


作者はのりつけ雅春。2001年に開始した第1作『高校アフロ田中』から始まり、『中退アフロ田中』・『上京アフロ田中』・『さすらいアフロ田中』・『しあわせアフロ田中』とタイトルを変更しながら17年に亘って『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載が継続され、2018年4月23日発売の21・22合併号から『結婚アフロ田中』の連載が行われていた。
なお、詳細な時期は不明ながら新シリーズの告知も行われている

シリーズ作品

高校アフロ田中
埼玉にある架空の町である立華町の立華高校に転校してきたアフロヘアーの田中を中心とした高校生活を描く。
※立華町は田中らが花崎駅をよく利用する埼玉県加須市がモデルとなっている。最近では、作者の出身地ということもあり加須市の公務員募集ポスターなどに採用された。

中退アフロ田中
前作で高校を中退した田中を描いているが、前作以上に女性との絡みが多く、時間の流れが速い。


上京アフロ田中
前作で運送業者に就職したものの、社長に東京に一人暮らしを勧められ上京する。本作は田中が東京の地下で働き、寮で暮らしているところから始まる。中退編に比べ、下半身に関する題材が多い。


さすらいアフロ田中
前作から引き続き契約社員として千葉県一宮町でトンネル掘りをしていた田中にも彼女(マキ)ができたが、ワーキング・ホリデーでオーストラリアに行ってしまう。田中も仕事の休暇を利用して彼女に会いに行くためオーストラリアに旅立ったが...。

しあわせアフロ田中
前作にて仕事の関係で海外へと旅立った田中が帰国し、30代を目前にした三浦半島で新生活を始める。


結婚アフロ田中
結婚をした田中が、親への挨拶、結婚式、妻の出産などの試練に挑む。

このほかにも『中退』の第1集、第5集、第6集には本編のパラレルワールドを描いた番外編として「りーまんアフロ田中」と「中学デビュー田中」が収録されている。また、シリーズを通して10巻で区切りをつけている事とリアルタイム形式を取っているのもこの作品の特徴の一つである。

主な登場人物


田中広(たなか ひろし) 演:松田翔太(映画版)/賀来賢人(ドラマ版)


この作品の主人公。顔の1.5倍はある天然パーマのアフロが最大の特徴(タイトルの由来にもなっている)。なおアフロは地毛。転校したての高校では、岡本の紹介でボクシング部に入部するも長続きせず。基本的に怠惰な性格でやる気がない。趣味はヘラブナ釣り。高校中退後は紆余曲折あり旭工務店という会社に所属し、トンネル掘りの仕事をしている。単純な性格だが、どうでもいいことにこだわることもある。また、素直でよく泣く。将来の夢は釣り堀を開業すること。
誕生日は11月13日。

アフロ田中とアフロペンギン




地元の高校時代の友達

岡本一(おかもと はじめ) 演:田中圭(映画版)

田中と同級生。メインキャラクター内で随一の常識人で、存在感は薄いが仲間内では一番頭も顔も良く比較的モテる方。部活にもまじめに取り組むのでボクシングの成績もまあまあである。基本的に女性嫌いらしい。母子家庭でありアルバイト代の半分は家に入れているなど苦労人である。高校卒業後は郵便局に就職した


大沢みきお(おおさわ はじめ)演:堤下敦(映画版)

田中と同級生。ボリュームのある天然パーマと青髭が特徴。メインキャラクター内で最も小柄。背が低く少し太めの体系。雲のような髪型が特徴で青ひげが生えている。お好み焼き店で大便を流さずその後に女子高生が入ってしまったり、ボクシング部の看板を運ぶ途中に便意に襲われ、外で用を足してしまうなどの大便にまつわる下ネタがやたら多い。 趣味は詰め将棋、高校卒業後は将棋クラブのアルバイトを経てインスタント専門のラーメン屋台を始めた。


村田大介(むらた だいすけ)演:遠藤要(映画版)

田中、岡本より1学年上。一応、ボクシング部のキャプテンだが、実力・リーダーシップはまるでない。相当頭が悪く、試験でも赤点ばかりである。女性の許容範囲が広い。高校卒業後は無職となり一時的に田中と行動を共に行動することが多かった。(本人曰く「田中の盟友ニート。」)その後、紆余曲折あり三崎の古民家を改修して田中を誘いゲストハウスのオーナーを目指すことになるのだが...。


村田
さすらいのアフロ田中




以下ネタバレ注意!(当該リンク参照)

→村田のその後


井上真也(いのうえ しんや)演:駒木根隆介(映画版)

村田、大沢と同学年。ボクシング部に所属しているにも関わらずミルクティやフルーツ牛乳などの甘い飲み物ばかり飲んでいるため、全くやせない。よく胸を揉まれる。高校卒業後は大学へ進学、痩せてモテようとしたが失敗した。ただ、山口ヒロミと知り合い合コンを開くなど、それなりに大学生活を楽しんでいた。


田中の働く旭工務店の社員の方々

鈴木真治(すずき しんじ)演:吹越満(映画版)/小澤征悦(ドラマ版)

田中が務める旭工務店の上司。面倒見のいい人物で田中にとって頼れる存在。年齢は40歳を超えており、酒が好きで、いつも酒を飲んでは赤い顔をしている。なぜか女性にモテる。


西田清二(にしだ しんじ) 演:皆川猿時(映画版) /松尾諭(ドラマ版)


田中が務める旭工務店の先輩。田中と一番仲が良いがトラブルメーカーの一面がある中学生ノリの困った先輩。時折、真面目に心理術などを使って田中の恋愛相談に乗ることも。作者曰く実在する旭工務店の社長さんが西田さんのモデルらしい。

西田さん



高橋進(たかはし すすむ)演:白石隼也(ドラマ版)

田中が務める旭工務店の同い年の同僚。真面目な性格であるが、むっつりスケベ。将来の夢はプロサーファー。柔道経験者で、九州チャンピオンになったこともある。

風間 宗一郎 (カザマ ソウイチロウ)

旭工務店の新人社員。年齢は23歳の男性。田中にとっては初めての後輩でイケメン。大学時代は遊び過ぎて2年留年し、そのまま中退した。好きなお酒はスパークリングワイン、ジャンクフードを食べるとお腹を壊すという、どこか上品なところがあるが、アニメ好きという意外な一面がある。

主に田中を取り巻く女性たち

白石ミカ(しらいし みか)

田中よりやや年上で、彼の初体験の相手。田中に逆ナンした。

マキ 演:夏帆(ドラマ版)

田中の初めての彼女。御茶ノ水にある会社でOLとして働いている。田中には冷たい態度をとっているように見えるが、実は男性とどう接していいかが分からない恋愛に不器用なタイプ

山田ななこ(やまだ ななこ)

『さすらい』から登場。高橋がセッティングした合コンで知り合った漫画家志望の女性。

田中の母 (たなかのはは)演:辺見えみり(映画版)※メイン画像左下

田中広の母。息子に似た容貌をしている。高校を辞めたうえに働かずにいる田中にしびれを切らし、毎月3万円の生活費を家に入れるように命令したが..?

その他

二階堂麗子(にかいどう れいこ)演:山田真歩(映画版)

井上の彼女で、ロボットのような無駄のない正確な作業をするため、周囲の皆からは「ロボ」の愛称で呼ばれており、作中本名で呼ばれることはほぼない。いつも長い前髪で顔を隠しており、無口で陰気だが、控えめで優しい性格。

ロボ



山口ヒロミ(やまぐち ひろみ)

井上真也の大学での友人。明るく人懐っこい性格の美人。井上と合コンを開いた。

石丸 (いしまる)

田中と岡本のクラスメイトの女子高生。能面のような人相をしているがスタイルが抜群。胸と尻のみに注目していた事で顔面の恐ろしさに気づかなかった岡本から優しくされ、彼に思いを寄せるようになる。

石丸さん



ナオミ 演:村川絵梨(ドラマ版)

小さな食品会社に勤めている28歳の女性。鈴木のセフレで美人のアラサー。「18歳どぇ~す」など変なリアクションをする残念美人。

ナオミで~~~す。




田中の父(たなかのちち)

本名まさし。大型トラックの運転手であり、家に帰る事が少ない。父、母、息子共々同じくアフロヘアーである。普段は無口だが、酒が入ると陽気でよく喋る。『結婚』では若かりし頃の田中の母との馴れ初めが描かれた。


映画

『アフロ田中』のタイトルで2012年2月18日に公開された。監督は商業映画デビューとなる松居大悟、脚本は西田征史。上京アフロ田中を原作としたオリジナルストーリーとなっている。なお本作では鶴の過去曲のBGMがふんだんに用いられてる。なお、監督及び主演の松田翔太は同い年で原作の大ファンらしく、作風を意識してか俳優に禁欲を強いたという。



あらすじ
強烈な天然パーマのアフロヘアーがトレードマークの田中広(松田翔太)は軽いノリで高校を中退し、自由を求めて上京する。しかし仕事はきつく、24歳になっても彼女もできない現実に打ちのめされていた。そんな折、学生時代の友人が結婚するという知らせが届き、とある約束を友人と交わしていたことを思い出した田中は、早く彼女を作ろうと焦っていると、隣に完ぺきな美女・加藤亜矢(佐々木希)が引っ越してきて……。(シネマトゥデイ引用)


原作との差異
オリジナルキャラクターである、加藤亜矢 演:佐々木希、旭工務店社長 演:リリー・フランキーなどが登場する。また、原作のアフロになった経緯や上京に至った経緯か変更されている。

予告編


岡本「必勝法?」田中「こうすればモテる的なやつですよ..。」
「最高のチャンス!!」

アフロ田中
ちくしょう好きだっ!



主題歌

  • 「夜を越えて」/ 作詞:秋野温/ 作曲 - 秋野温 / 歌 - 鶴

挿入歌
  • 「リザーブシート」/ 作詞:笠井快樹/ 作曲 - 鶴 / 歌 - 鶴

また、映画公開に先立って原作における高校アフロ田中のストーリーを基にした『放課後アフロ田中』がGYAO!で先行配信された。

放課後アフロ田中の各話リスト

話数サブタイトル
第一話『井上の胸を揉む』の回
第二話『やれる?やれない?』の回
第三話『パンティーを拾う』の回
第四話『授業料』の回
第五話『女子マネ』の回
第六話『合コン会議』の回
第七話『スカート体験編』の回
第八話『無断欠席』の回
第九話『岡本は病気』の回
第十話『バレンタイン』の回


ドラマ

WOWOWプライムにおいて、『WOWOWオリジナルドラマ アフロ田中』のタイトルで2019年7月6日(5日深夜)から9月7日まで全10話で放送された。こちらは『上京アフロ田中』の原作のストーリーを忠実にドラマ化している。動画配信サービスParaviでは本編に未公開映像を加えたParavi 限定版として同時配信された。メインテーマはKoji Nakamuraが担当。

あらすじ
埼玉から上京した、アフロヘアがトレードマークの童貞青年・田中(賀来賢人)は、ある日、職場の先輩・鈴木(小澤征悦)から誘われた合コンに職場の同僚と共に参加する。そこで田中は、合コン相手としてやって来たマキ(夏帆)と運命的な出会いをする...。(ザ・テレビジョン引用)


原作との差異
こちらも映画版同様にアフロになった経緯が異なっているのと、岡本をはじめとした高校時代の同級生が軒並みカットされ、高校時代の制服が詰襟からスーツと変更されている。また、原作と映画版より田中のアフロが少し小さくなった事と、時代背景が上京アフロ田中連載当時の2000年代後半から2010年代前半にかけてからだったが、ドラマが放映された頃の2019年へと変更がされており、当時存在しなかったLINEなどが登場している。

予告編


アニメ化及びその他関連動画

2010年6月30日鶴とさすらいアフロ田中」名義のシングル「朝が来る前に~さすらいバージョン~」のPVの中で事実上アニメ化した。「朝が来る前に~さすらいバージョン~」は当時連載が始まった「さすらいアフロ田中」とのコラボにより制作された楽曲で、いつまでたっても恋に不慣れな主人公・田中広の青い気持ちを表現したパーティチューンに仕上がっている。なお、楽曲を担当した鶴のインタビューによるとのりつけ雅春先生本人がギターソロで参加している模様。(音楽ナタリー引用)

公式PV



ゼクシィコラボ動画(しあわせアフロ田中のネタバレ注意)


関連イラスト


アフロ田中
アフロ田中



関連タグ

高校アフロ田中 中退アフロ田中 上京アフロ田中 さすらいアフロ田中 しあわせアフロ田中 結婚アフロ田中 放課後アフロ田中 アフロ 漫画 傍観者効果 高校 中退 上京 さすらい しあわせ 結婚 放課後 実写化 ドラマ化 アニメ化 のりつけ雅春 ビッグコミックスピリッツ 小学館 加須市 埼玉県 オケラのつばさ

関連サイト

作者のtwitter
WOWOWオリジナルドラマ「アフロ田中」公式サイト
WOWOWオリジナルドラマ「アフロ田中」公式twitter
映画「アフロ田中」公式twitter
映画「アフロ田中」特集サイト
鶴公式サイト
ビッグコミック公式サイト
旭工務店(主人公の勤める会社)→人材募集中らしく特設サイトが存在する。

関連記事

親記事

のりつけ雅春 のりつけまさはる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アフロ田中」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24867

コメント