ピクシブ百科事典

アラスカ半島620マイル

あらすかはんとうろっぴゃくにじゅうまいる

水曜どうでしょうの海外企画の一つ

1998年10月7日~12月2日放送、全7夜。
ミスターの長年の夢であった、オーロラを見に行くという企画。でもそれは建前で藤村Dが夏のアラスカに行きたかっただけとのこと。
キャンピングカーをレンタルし、アラスカ州の州都アンカレッジからマッキンリーを有するデナリ国立公園や、後にカヌーで下ることになるユーコン川を超えて北極圏にあるオーロラが出現する人口12人(当時)の町「コールドフット」を目指す。しかし天候に恵まれず、オーロラは結局見られなかった。なお1998年から2000年頃は太陽の活動が活発でオーロラが頻繁に観測されていることが後に発覚しており、ただミスターのダメ人間っぷりが発揮されただけではないのかと推定される。

この企画では移動中の食事は大泉洋が調理を担当している。後に「シェフ大泉シリーズ」として発展するきっかけを作った。

コメント