2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

イザナミ(妖怪ウォッチ)

いざなみ

ここでは、妖怪ウォッチに登場する「イザナミ」について説明する。検索の際には「イザナミ 妖怪ウォッチ」と調べてみよう。
目次[非表示]

概要

CV:安野希世乃

No305
種族ニョロロン
ランクS
スキルしんぴのウロコ(敵のとりつくが効かない)
好物スイーツ
こうげきしっぽうち
ようじゅつ大滝の術
必殺技誕生ビッグウェーブ(島が一つ生まれるかのごとく激しく立派な波を敵全体におみまいする)
とりつく神の力(とりつかれた妖怪は神の力をさずけられ全ステータスが大アップする)

あらゆる生命の源である神のような妖怪。その証拠にその辺の神は大体自分が産んだと本人は語っている。(妖怪大辞典より)

初出は「妖怪ウォッチ2」。
八百比丘尼の色違いであり、ガシャ限定で水色コイン(過去)から稀に出てくる事がある。

ちなみに「えんえんトンネル」でも敵として登場し、運が良ければともだちになれる。
好物を与えると「産まれる~」とか、さぼっている時は「ヒッヒッフ~」とか言う。
なんとも意味深な気分にさせる。

アニメ

第113話にて、モブ妖怪の観客の一人として初登場。
その後『妖怪ウォッチ!』の第26話に登場。フミちゃんにとりつき、サッカー大会で活躍したクマやテストで満点を取ったカンチわしが育てたと手柄アピールをさせた。全ての妖怪は自分が育てたと自称しており、波のような妖気を浴びた相手はイザナミやイザナミがとりついた人間を「ママ」だと強く思い込む。
イザナミの能力にはあのオロチすら対抗できず、フミちゃんは主演男優賞を受賞した俳優や大統領にまで「わしが育てた」と言い出すようになったが(この際、フミちゃんの顔が星野仙一監督のAAのようになっている)、ケータが召喚したじんめん犬のあまりにも気持ち悪い赤ちゃんプレイにドン引きして、自分の嘘を認めてフミちゃんから離れた。

「ごめんなさい!ごめんなさい!こんなの育ててませ~ん!!!」←自業自得です。

関連タグ

妖怪ウォッチ ニョロロン族 にんぎょ
八百比丘尼 ナーガラージャ 人魚 マーメイド
イザナミ←曖昧さ回避

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イザナミ(妖怪ウォッチ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「イザナミ(妖怪ウォッチ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました