2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

イルドゥン

いるどぅん

1997年、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された『サガフロンティア』の登場人物。
目次[非表示]

登場作品

サガフロンティア

人物像

黒き翼、宵闇の覇者の異名を持つ上級妖魔。
また、ファシナトゥールの三貴士の一人。

アセルス編に登場し、妖魔として目覚めたばかりのアセルスの教育係となる。
通称鬼コーチ。

同じ三貴士のラスタバンとは友人であり、彼の頼みで本来どうでもよかったアセルスの道行に付き合ってくれたり、ストーリーの展開によってラスタバンと敵対した場合は彼の乱心に落ち込んだりと自己中心的かつ享楽的な者の多い妖魔の中では比較的社交性がある方である。
半妖エンディングでは長い間アセルスやジーナと関わったこともあってか、本編から性格が大きく変化し柔らかい口調になっているためゾズマから茶化されており、ファンからもその変貌をネタにされることもある。

様々なメンバーがキャラ崩壊している裏解体真書のヒューズのレポート小説『ヒューズのクレイジー捜査日誌』の中では、パーティメンバーの中では唯一出演せず。
(※これはミスではなく意図的なもので、「ひとりだけ登場しない人物が居ます。それは誰でしょう?」という抽選応募クイズになっていた為)

顔色が真っ青のようだが、妖魔の血は青いので、この場合は顔色が良い、ということになる。


2021年発売の『サガ フロンティア リマスター』では上記の小説を執筆したベニー松山氏協力によるヒューズ編が新たに追加。小説版での出番から果たしてイルドゥンが登場するのか見守られたが、発売前のPVにてオルロワージュを追求するヒューズやアセルス達と共にイルドゥンの姿が確認できた。
そして実際のヒューズ編での出番だが、アセルスルートの最終盤でアセルス・白薔薇と共に加入、そのままオルロワージュとの決戦に移行する。つまり、残念ながらヒューズ編ではイルドゥンを連れ回せない。
エンディングや新規CGにもちゃんとイルドゥンが登場しているのだが、ヒューズ自身はアセルスと関わりがあったことが判明したものの、イルドゥン自身の性格もあってかヒューズ編でのイルドゥンは最後まで無言を貫き、ヒューズと会話することは無かった。

ロマンシングサガリ・ユニバース

2021年7月8日より開催の「サガ フロンティア発売日記念 Romancing祭 アセルス編」にて、妖魔アセルスことSS[針の城の新たな主]アセルスとSS[花火を打ち上げろ!]ヴァジュイールと共にSSスタイル[半妖の守役]が実装。イベント時のログインボーナスでSスタイル[忠実なる妖魔騎士]も配布された。
2022年正月ガチャにて早くもSSスタイル[晴れ着も着こなすぞ]が追加された。(なお同じガチャにてセアト・ラスタバンが正月限定で初登場している)

性能は種族特攻に特化したスタイル。[半妖の守役]は全ての技が不死・悪魔特攻、[忠実なる妖魔騎士]でも竜特攻の竜破剣・浮遊特攻の烈風剣+を持ち、正月スタイルに至ってはアビリティで全ての攻撃が人間・獣人特攻になるなど、相手の編成によっては強烈な火力をお見舞いできる。
アビリティの特攻は上書きではなく上乗せされていくので、例えば技継承でロザリオインペール(不死・悪魔特攻)を正月イルドゥンに使わせると「不死・悪魔・人間・獣人特攻」のロザリオインペールとして判定が行われる仕組み。
反面対応する種族がいないと当然だが火力は落ちてしまう。
ポルカ編後半では不死・悪魔系の敵が・ボス格は竜である場合が多く、初心者が引くとメインストーリー攻略において重宝する場面も出てくることだろう。

関連イラスト

昔のイルドゥンその2
三貴士



関連タグ

サガフロンティア
アセルス オルロワージュ ゾズマ セアト ラスタバン

関連記事

親記事

サガフロンティア さがふろんてぃあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204542

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました