ピクシブ百科事典

ウォレス・ウェスト

うぉれすうぇすと

New52以降に登場する「もう一人のウォリー・ウェスト」。当初はウォリーと呼ばれていたが、混乱を避けるため後にウォレスと呼ばれるようになった。現キッドフラッシュを務めている。
目次[非表示]

概要

初登場は2014年の『The Flash vol.4 annual #3 “Slip”』。ヴァン・ジェンセンとロバート・ヴェンディティが創造した。

New52以降に登場する「もう一人のウォリー・ウェスト」。父親の名前がルドルフ・ウェストであることなど当初はオリジナルのウォリー・ウェストと類似点が多く、彼がNew52版ウォリー・ウェストとして扱われていた。
しかし、2016年のDC Universe: Rebirthにて実はダニエルの息子であり、オリジナルのウォリーとは同じ祖父の名を受け継いだ同姓同名の従兄弟という設定になり、混乱を避けるためウォリーと共に居る時はウォレスと呼び分けされるようになる。

因みに此方のウォリーが2014年版テレビドラマ『The Flash/フラッシュ』に登場するウォリー・ウェストの元になっている。ドラマ登場当時はNew52の世界観だったため、彼の設定はDCリバース前の設定がベースとなっている。

プロフィール

本名:ウォレス・ルドルフ・ウェスト3世(Wallace Rudolph West III)
髪の色はブラック、ブラウンの瞳を持つ。

ウォレスが乳児の頃に父ルドルフ・ウェストが去り、母親(名前不明)はForever Evil事件でクライムシンジケートが街を襲った際に行方不明、慕っていた叔父ダニエル・ウェスト/三代目リバースフラッシュはフラッシュによって逮捕され、叔母のアイリスが後見人として彼を引き取っていた。

このため当初はフラッシュを敵視しバリーに対しても生意気な態度を取っていたが、次第にわだかまりは解消し彼を慕うようになった。

経歴

キッドフラッシュ

The Flash vol.4 #44にてスピードフォースエネルギーによる爆発に巻き込まれたのをきっかけに不安定ながらもスピードフォースにアクセス出来るようになる。しかし、その後に来るDCリバースのため、彼の覚醒は約一年待たせられることになった。

DCリバース後に開始したThe Flash vol.5の最初のアーク”Lightning Strikes Twice”にてセントラルシティに巨大な嵐が襲いかかる。この際に打たれた稲妻によりウォリーの能力は安定した。そしてゴッドスピードの攻撃で窮地に陥っていたバリーを危機から救った。その際にキッドフラッシュとなり、スピードフォースの扱いを学ぶためバリーに師事することとなる。

ダミアンが率いるティーンタイタンズに加入するが、"The Lazarus Contract"にてデスストロークの罠に掛かりチームを危険に晒してしまう。この一件によってダミアンからチームを離脱させられることになり、改心したデスストロークが率いる新たなティーンヒーローチーム「ディファイアンス」に所属することになった。しかし、同時にスパイをしていたことがデスストロークに見抜かれてしまったため離脱、その後ダミアンと和解しティーンタイタンズに復帰する。

関連タグ

ザ・フラッシュ
アメコミ
バリー・アレン
バート・アレン
キッドフラッシュ
WallaceWest WallyWest

関連記事

親記事

ザ・フラッシュ ざふらっしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォレス・ウェスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント