ピクシブ百科事典

エミリア・ルードウェル

えみりあるーどうぇる

エミリア・ルードウェルとは魔王学院の不適合者の登場人物の1人。
目次[非表示]

CV・小清水亜美

概要

アノス・ヴォルディゴード達が通う魔王学院の教師で彼等の担任。種族は魔族。
魔皇エリオを父親に持つエミリアの一家は全員が皇族派である故の皇族至上主義で、自身も始祖の血を受け継ぐ皇族であるため、教える立場に在りながら混血の生徒(白い制服)を見下し、皇族の生徒(黒い制服)と比べ露骨に態度を変える。
故に(実際は本物の始祖だが)混血扱いのアノスの言動に苛立ちを感じている。

劇中で働いた差別行為及び不正

  • 白服で混血だからとアノスの班リーダー候補を拒否
  • ミーシャの名前を呼ばない
  • アノス班を減点させる為に王笏を自分の生徒に盗ませる様命令する


差別行為に対する報い

そして第2章『魔剣大会編』。
前回の優勝者であり実兄であるクルトがアノスによって呆気なく倒されたことにより、彼女の怒りが頂点に達した。

決勝戦へコマを進めたアノスの参加を妨害するため、参加資格として扱われている彼の魔剣強奪を画策。
正攻法では敵わないと踏んだのか、決勝戦前夜にアノスがいないところで彼の母イザベラや彼を慕うファンユニオンの面々に近づき、噓偽りを並べて魔剣を奪おうと搦め手を弄するも、すぐに怪しまれて不発に終わる。

作戦失敗と見るや即座に実力行使に切り替え、その過程でイザベラやファンユニオンの面々を殺害しようとするが、この私怨剥き出しの蛮行は間一髪で駆け付けたアノスの逆鱗に触れる結果を招いてしまい、彼の魔剣で痛めつけられた挙句、エミリアは惨殺されてしまう。

しかし、彼女にとっての地獄はここからだった・・・

センシティブな作品


殺された直後に、アノスにより今まで忌まわしく思っていた「混血」に自身が転生させられ、それ以降何度転生しても再び混血として生まれるという、皇族至上主義の彼女にとって死ぬよりも辛い呪いをかけられて放置されてしまい、エミリアはひとり慟哭するのであった。全裸で。







転落人生からの逆転

転生後のエミリアは記憶の改竄を全くされない形で容姿が完全に変わっている為、誰からも本人だと気付いて貰えず、魔王学院の教師を続けられなくなってしまった。

魔剣大会が終了した後、担任が事実上の失踪を遂げたアノスのクラスでは、3回生1組の担任をしているメノウ・ヒーストリアが臨時の担任を兼任する事になった。
ちなみに、彼女はエミリアと違って裏で不正を働く事はせず、混血の生徒に対しても公平な立場で接する人格者である。

その後、第4章『大精霊篇』にて、転生後のエミリアは魔王学院の制服を着た皇族派の生徒のことを見ていたことで皇族派の生徒の怒りを買ってしまい、「混血のくせに皇族派のことを気安く見るな」と言われて皇族派の生徒から攻撃を受け、魔力も吸い取られる。

そこへ、皮肉にもかつて自分が殺そうとしたイザベラが助けに入り、エミリアはターゲットをイザベラに変えた皇族派の生徒の攻撃から彼女を守り、アノスの家で治療を受けることに。
そこで、エミリアはアノスに転生の呪いを解いて欲しいと懇願するが、「皇族でさえあれば街が美しいと思えるか」と、混血として過ごしたエミリアに問いかけその場を去る。

そしてその後、アノスはアヴォス・ディルへヴィアとの戦いを終え、周囲から本当の暴虐の魔王と認められる存在になり、エミリアはアノスの元を訪れ「自分には居場所がない。自分の悲劇を救ってほしい」と改めて懇願。

するとアノスは、エミリアに勇者学院アルクランイスカの教師になるように命じる。
彼は「勇者学院アルクランイスカで1年間勤め上げることに成功すれば、魔王学院に復職させ七魔皇老と同じ地位を与える」と約束。
これにエミリアは同意し、勇者学院アルクランイスカの教師として勤務する事になる。

その後いろいろな事件を乗り越え、エミリアはアノスに認められて勇者学院の学院長として活躍するなど着実な更生と成長を見せている。

関連リンク

魔王学院の不適合者

エミリア(リゼロ)エミリア(ラピスリライツ)・・・名前繋がり。この2人と本項のエミリアを加えた3人を「(2020年夏季)3大エミリア」と呼ぶ人もいる。

小谷さやか・・・中の人繋がりかつ教師繋がり。また「教師らしからぬ欠点の持ち主」繋がりでもあるが、エミリアの悪辣さに比べればこちらの欠点はよほど可愛らしいものであり、普段は面倒見の良い好人物である。

関連記事

親記事

魔王学院の不適合者 まおうがくいんのふてきごうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エミリア・ルードウェル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138337

コメント