ピクシブ百科事典

アヴォス・ディルへヴィア

あゔぉすでぃるへゔぃあ

アヴォス・ディルへヴィアとは秋の小説「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」の登場人物である。
目次[非表示]

概要

アヴォス・ディルへヴィアとは、「暴虐の魔王」アノス・ヴォルディゴードの名前が、誤って伝えられたことにより生まれた、虚構の魔王の名前である。

原因

「始祖の名前は恐れ多くて口にしてはいけない」とされたことで、二千年後に始祖の名前をすっかり忘れて、間違った名前が語り継がれてしまったから。

影響は名前だけに留まらず、魔王の性格も「冷酷さと博愛を併せ持つ、完璧なる存在。常に魔族のことだけを考え、己の身を省みず戦った。欲はなく、崇高な心を持ち、その暴虐な振る舞いも、余人には計り知れない尊き心からくるものだった」という完璧超人のように思われている。(案外間違っていないような。)

余談

ちなみに、これが原因で暴虐の魔王を対象とした起源魔法が命がけになっている。(起源魔法を使うには、その力を借りてくる存在のことを明確に知っていなければならないため)

ネタバレ















実はアヴォス・ディルへヴィアは存在していて、暴虐の魔王に成り代ろうとしている。そのために七魔皇老の記憶を消し、部下を融合させている。動機は不明である。

関連タグ

魔王学院の不適合者

コメント