ピクシブ百科事典

エレオノーラ・マクガバン

えれおのーらまくがばん

エレオノーラ・マクガバンは漫画『ガンダムビルドファイターズA』の登場人物である。
目次[非表示]

人物像

二代目メイジン・カワグチが主宰するガンプラ塾の講師。
女性的な容姿と服装、そして口調から女性と思われがちだが、実際の性別は男性。故に彼を快く思わない生徒達からは影で「エレ男」と呼ばれる。
二代目メイジンの勝利を至上とする思想に心酔しており、それを受け継いだ新たなるメイジンを生み出す為に教鞭を振るう。

ガンプラバトルを生き残りをかけたサバイバルの場であると捉えており、それに則った弱肉強食とも呼べる教育方針を敷き、バトルで敗れた者のガンプラはたとえ自分のそれであってもバトル終了と同時に破壊するなど、その行動は狂気さえはらんでいる。
それ故にポジティブにガンプラバトルに興じるタツヤの姿勢を「甘ちゃん」と評しており、彼に対して陰湿とも取れる厳しい試練の数々を課す。

かつてガンプラバトルで二代目メイジンと刃を交えた過去を持ち、それ故にファイターとしての実力も高い。その戦い方は、ユウキ・タツヤをしてイオリ・タケシに並ぶ程だと言わしめている。

戦績

使用ガンプラはガンダム7号機をベースとしたガンダム7号機B●●STと、ガンダムナドレをベースにしたガンダムナドレパルティータ。
どちらも表向きは高機動戦闘を得意とする機体ではあるが、可変機構や特殊なシステムの搭載による二面性を持ちあわせており、特にナドレパルティータは、かつてメイジンとバトルを演じた際に用いた彼にとっての隠し球である。

ユウキ・タツヤ入塾時に彼の愛機であるνガンダムヴレイブを没収し、その上で彼の掲げる楽しいガンプラバトルを否定するべく、圧倒的不利な条件下でのバトルを課し、更にタツヤへの復讐に燃えるコシナ・カイラを差し向けるが、いずれも失敗。
そして三代目メイジンの座を賭けたガンプラ塾トーナメントに於いて、自らが望むメイジンが生み出せないのであれば自らがメイジンになれば良いという考えを抱き、準々決勝にてカイラを降し準決勝にてタツヤと再戦するが、ガンダムナドレパルティータの持てる全てを以ってしてもタツヤのHi-νガンダムヴレイブを止める事は敵わず、敗北。
自ら愛機を砕きタツヤに「勝者は敗者の夢を奪った呪縛からは逃れられない」と言い残した上で塾を去った。

塾を去った後、ガンプラから離れ別の職に就くが、ソメヤ・ショウキの存在を知り彼の挑戦を受け、その身を以ってショウキの危険性を知る事になり、その凶行を止めるべくタツヤに協力。
そしてショウキと激闘を繰り広げるタツヤの姿に触発され、再びガンプラファイターとして再起を図る。

関連項目

ガンダムビルドファイターズA ガンプラ塾
二代目メイジン・カワグチ ユウキ・タツヤ コシナ・カイラ

pixivに投稿された作品 pixivで「エレオノーラ・マクガバン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1013

コメント