ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
『けものフレンズ』の登場キャラクター。

概要

CV:船戸ゆり絵(3)

演:大場花菜(=LOVE舞台)


タスマニアデビルのオーストラリア本土生息版とされている絶滅種オーストラリアデビルのフレンズ


見た目はフレンズとしてのタスマニアデビルとほぼ同一の衣装だが、より髪が長く左眼に眼帯をつけているのが大きな違い。

この眼帯はタスマニアデビルの仲間だけがかかるとされるデビル顔面腫瘍性疾患という顔面が焼け爛れるように崩壊していく奇病をイメージしたものと思われる。


一動物としてはすでに絶滅しており(というより一生物としての認定すらされていない)、目にはハイライトがない。


けもフレ図鑑

私、タスマニアデビルちゃんのことがいつもいつも気になっちゃって……。

ああ、もう、大丈夫かな。心配だな。

ひとりでちゃんとやれてるかなあ……


初登場。

心配性なお姉さんといった性格で、ビビリで実力もあまり高くないのにあちこちに喧嘩を吹っ掛け回るタスマニアデビルの事を心配していると思しきセリフがある。


アニメ1期

第8話PPPのイベントを見に来ていた観客(イワビーの回想)として、一瞬だけ登場している。


ステージプロジェクトけものフレンズ

本作ではタスマニアデビルとの関係は描かれておらず、他の絶滅種のフレンズ達と明るく楽しく暮らしている。

しかし、タスマニアデビル特有の凄まじい声にコンプレックスを抱いており、きれいな歌声に憧れている。

その金切り声たるや、ディアトリマから「トキといい勝負」と言われてしまうほど。

とんでもない大食いでもあり、山ほどあるジャパリまんを一人で全てたいらげてしまう。


けものフレンズぱびりおん

当初は直接登場しておらず、タスマニアデビルのプロフィールに名前が残っているのみだった。

その後、2020年5月20日より実際に観察可能になった。


心配性なのは本作でも同じで、タスマニアデビルが一人でやっていけているか常に気にかけている。

同じタスマニアデビル系統のフレンズなので、大人しそうな顔に反して凄まじい鳴き声も出せる。

タスマニアデビルは何かあるとオーストラリアデビルに泣きついている模様。


珍しい行動は「楽しくおそうじ」。「デビルなバスタブ」で披露する。

ハート型のスポンジでバスタブを洗っている内に浮かんできた泡が弾ける。


けものフレンズ3

アプリ版

ゲーム媒体への直接的な出演は本作が初となる。

気弱な風貌で、タスマニアデビルのお姉さん的存在。

そして中二病をこじらせ過ぎて何を言っているのか分からないブラックバックの言葉の意味を大まかに翻訳してタスマニアデビルに伝える役割も担っている。


メインシナリオでは1章から登場。

ブラックバック、タスマニアデビルと行動を共にしており、三人揃って「ジャパリ団」を名乗っている。

彼女はメンバー内における「参謀†」(原文ママ)との事。

三人の中では比較的常識的な思考の持ち主で、(聞くだけなら)不穏な言葉ばかりが飛び交う中、ある意味では緩和材の役割も果たしている。


……が、後述のけものミラクル発動時のそれっぽい演出や、ユニット実装に伴い解放された専用の特別衣装のどことなく中二チックなデザインを見た隊長達は明らかにヤバイものを感じ取ったようで、「まともそうに見えて実は一番拗らせている」「ブラックバック以上に闇に呑まれている」など新たな可能性を彼女から見出している。


少し前から出会っていたカレンダと行動を共にしていたが、とある事がきっかけで誤認識を起こしどこかへ走り去ってしまったフリッキーを探す事に。

その道中で出会った探検隊一行とも仲良くなる。


当初は敵専用ユニットとしての登場だったが、後の期間限定イベント「闇と舞え!漆黒のダークネスひな祭り」開催に伴い、ブラックバックタスマニアデビルと共に正式にユニット実装された。

初期けも級は☆4。属性はリラックス(※)。

とくせい生息域確保毎ターンたいりょく4%回復+ステージの時間が夜の場合、与ダメージ15%増加
キセキとくせい未来への兆し自身の与ダメージ10%増加&リラックス属性の味方のどく耐性(高)増加
なないろとくせい同胞の救済自身のファニー、マイペース属性の敵への与ダメージ10%増加&毎ターンフレンドリー、ラブリー属性の味方のたいりょく3%回復
たいきスキル左目のうずき2ターン与ダメージ25%増加&攻撃命中率10%減少
とくいわざデーモン・スラップ敵単体に60%×2のダメージ
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†味方全体の与ダメージ増加&2ターン与ダメージの10%分たいりょく回復

※敵専用ユニット時はラブリー属性だった。


でびでび・でびるとのコラボイベント「いかいのとびらがひらかれた!」開催時に実装されたしょうたい第2弾では、別属性のユニットとしてタスマニアデビルと共に再登場。

初期けも級は☆4。属性はラブリー。

肩書きは【隻眼の悪魔†】

これまでのはなまるチェンジ♪フレンズと異なり、でびでび・でびるの魔法を受けた事で新しい力に覚醒したような描写がされている。

とくせい悪魔の加護与ダメージの5%分のたいりょく回復+ステージが夜の場合、ターン開始時ラブリー属性の味方のMP2増加
キセキとくせい闇と光を糧に自身の与ダメージ15%増加+ステージが夜の場合、ラブリー属性の味方の与ダメージ15%増加
たいきスキル特製アイス、おいしいね♪自身と味方前列のたいりょく13%回復
とくいわざ漆黒へ誘う腕敵単体に60%×2のダメージ+対象がアクティブ属性の場合、高確率でルンルンきぶん状態解除
けものミラクル覚醒・大地に満ちる光†敵全体に大ダメージ&高確率で3ターンズキンズキン状態&ラブリー属性の味方のズキンズキン状態の敵への与ダメージ増加

アーケード版

2020/3/24にブラックバックタスマニアデビルと共にユニット実装された。

レアリティSSR
属性きずな
得意なエリアジャングル
元気な時間帯
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†※

※効果が「自分のこうげき&ぼうぎょアップ」に変更されている。


スキルカードでは以下のカードに描かれていた。

  • アヤシイぎしき
  • やみのうたげ

リリースお祝い動画

キクチミロ氏によるリリース記念動画では、二人と共にピクニックに来ていたが、そもそもピクニックがどういうものなのか知らなかったので何も持たずにいた所をアルパカ・スリアルパカ・ワカイヤに出会い、入れてもらったコーヒーに舌鼓をうちながらみんなでピクニックを楽しんだ。


関連動画


関連タグ

けものフレンズ タスマニアデビルのフレンズ

タスマニアデビル

絶滅種(けものフレンズ)

概要

CV:船戸ゆり絵(3)

演:大場花菜(=LOVE舞台)


タスマニアデビルのオーストラリア本土生息版とされている絶滅種オーストラリアデビルのフレンズ


見た目はフレンズとしてのタスマニアデビルとほぼ同一の衣装だが、より髪が長く左眼に眼帯をつけているのが大きな違い。

この眼帯はタスマニアデビルの仲間だけがかかるとされるデビル顔面腫瘍性疾患という顔面が焼け爛れるように崩壊していく奇病をイメージしたものと思われる。


一動物としてはすでに絶滅しており(というより一生物としての認定すらされていない)、目にはハイライトがない。


けもフレ図鑑

私、タスマニアデビルちゃんのことがいつもいつも気になっちゃって……。

ああ、もう、大丈夫かな。心配だな。

ひとりでちゃんとやれてるかなあ……


初登場。

心配性なお姉さんといった性格で、ビビリで実力もあまり高くないのにあちこちに喧嘩を吹っ掛け回るタスマニアデビルの事を心配していると思しきセリフがある。


アニメ1期

第8話PPPのイベントを見に来ていた観客(イワビーの回想)として、一瞬だけ登場している。


ステージプロジェクトけものフレンズ

本作ではタスマニアデビルとの関係は描かれておらず、他の絶滅種のフレンズ達と明るく楽しく暮らしている。

しかし、タスマニアデビル特有の凄まじい声にコンプレックスを抱いており、きれいな歌声に憧れている。

その金切り声たるや、ディアトリマから「トキといい勝負」と言われてしまうほど。

とんでもない大食いでもあり、山ほどあるジャパリまんを一人で全てたいらげてしまう。


けものフレンズぱびりおん

当初は直接登場しておらず、タスマニアデビルのプロフィールに名前が残っているのみだった。

その後、2020年5月20日より実際に観察可能になった。


心配性なのは本作でも同じで、タスマニアデビルが一人でやっていけているか常に気にかけている。

同じタスマニアデビル系統のフレンズなので、大人しそうな顔に反して凄まじい鳴き声も出せる。

タスマニアデビルは何かあるとオーストラリアデビルに泣きついている模様。


珍しい行動は「楽しくおそうじ」。「デビルなバスタブ」で披露する。

ハート型のスポンジでバスタブを洗っている内に浮かんできた泡が弾ける。


けものフレンズ3

アプリ版

ゲーム媒体への直接的な出演は本作が初となる。

気弱な風貌で、タスマニアデビルのお姉さん的存在。

そして中二病をこじらせ過ぎて何を言っているのか分からないブラックバックの言葉の意味を大まかに翻訳してタスマニアデビルに伝える役割も担っている。


メインシナリオでは1章から登場。

ブラックバック、タスマニアデビルと行動を共にしており、三人揃って「ジャパリ団」を名乗っている。

彼女はメンバー内における「参謀†」(原文ママ)との事。

三人の中では比較的常識的な思考の持ち主で、(聞くだけなら)不穏な言葉ばかりが飛び交う中、ある意味では緩和材の役割も果たしている。


……が、後述のけものミラクル発動時のそれっぽい演出や、ユニット実装に伴い解放された専用の特別衣装のどことなく中二チックなデザインを見た隊長達は明らかにヤバイものを感じ取ったようで、「まともそうに見えて実は一番拗らせている」「ブラックバック以上に闇に呑まれている」など新たな可能性を彼女から見出している。


少し前から出会っていたカレンダと行動を共にしていたが、とある事がきっかけで誤認識を起こしどこかへ走り去ってしまったフリッキーを探す事に。

その道中で出会った探検隊一行とも仲良くなる。


当初は敵専用ユニットとしての登場だったが、後の期間限定イベント「闇と舞え!漆黒のダークネスひな祭り」開催に伴い、ブラックバックタスマニアデビルと共に正式にユニット実装された。

初期けも級は☆4。属性はリラックス(※)。

とくせい生息域確保毎ターンたいりょく4%回復+ステージの時間が夜の場合、与ダメージ15%増加
キセキとくせい未来への兆し自身の与ダメージ10%増加&リラックス属性の味方のどく耐性(高)増加
なないろとくせい同胞の救済自身のファニー、マイペース属性の敵への与ダメージ10%増加&毎ターンフレンドリー、ラブリー属性の味方のたいりょく3%回復
たいきスキル左目のうずき2ターン与ダメージ25%増加&攻撃命中率10%減少
とくいわざデーモン・スラップ敵単体に60%×2のダメージ
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†味方全体の与ダメージ増加&2ターン与ダメージの10%分たいりょく回復

※敵専用ユニット時はラブリー属性だった。


でびでび・でびるとのコラボイベント「いかいのとびらがひらかれた!」開催時に実装されたしょうたい第2弾では、別属性のユニットとしてタスマニアデビルと共に再登場。

初期けも級は☆4。属性はラブリー。

肩書きは【隻眼の悪魔†】

これまでのはなまるチェンジ♪フレンズと異なり、でびでび・でびるの魔法を受けた事で新しい力に覚醒したような描写がされている。

とくせい悪魔の加護与ダメージの5%分のたいりょく回復+ステージが夜の場合、ターン開始時ラブリー属性の味方のMP2増加
キセキとくせい闇と光を糧に自身の与ダメージ15%増加+ステージが夜の場合、ラブリー属性の味方の与ダメージ15%増加
たいきスキル特製アイス、おいしいね♪自身と味方前列のたいりょく13%回復
とくいわざ漆黒へ誘う腕敵単体に60%×2のダメージ+対象がアクティブ属性の場合、高確率でルンルンきぶん状態解除
けものミラクル覚醒・大地に満ちる光†敵全体に大ダメージ&高確率で3ターンズキンズキン状態&ラブリー属性の味方のズキンズキン状態の敵への与ダメージ増加

アーケード版

2020/3/24にブラックバックタスマニアデビルと共にユニット実装された。

レアリティSSR
属性きずな
得意なエリアジャングル
元気な時間帯
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†※

※効果が「自分のこうげき&ぼうぎょアップ」に変更されている。


スキルカードでは以下のカードに描かれていた。

  • アヤシイぎしき
  • やみのうたげ

リリースお祝い動画

キクチミロ氏によるリリース記念動画では、二人と共にピクニックに来ていたが、そもそもピクニックがどういうものなのか知らなかったので何も持たずにいた所をアルパカ・スリアルパカ・ワカイヤに出会い、入れてもらったコーヒーに舌鼓をうちながらみんなでピクニックを楽しんだ。


関連動画


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

オーストラリアデビル(けものフレンズ)
12
オーストラリアデビル(けものフレンズ)
12
『けものフレンズ』の登場キャラクター。

概要

CV:船戸ゆり絵(3)

演:大場花菜(=LOVE舞台)


タスマニアデビルのオーストラリア本土生息版とされている絶滅種オーストラリアデビルのフレンズ


見た目はフレンズとしてのタスマニアデビルとほぼ同一の衣装だが、より髪が長く左眼に眼帯をつけているのが大きな違い。

この眼帯はタスマニアデビルの仲間だけがかかるとされるデビル顔面腫瘍性疾患という顔面が焼け爛れるように崩壊していく奇病をイメージしたものと思われる。


一動物としてはすでに絶滅しており(というより一生物としての認定すらされていない)、目にはハイライトがない。


けもフレ図鑑

私、タスマニアデビルちゃんのことがいつもいつも気になっちゃって……。

ああ、もう、大丈夫かな。心配だな。

ひとりでちゃんとやれてるかなあ……


初登場。

心配性なお姉さんといった性格で、ビビリで実力もあまり高くないのにあちこちに喧嘩を吹っ掛け回るタスマニアデビルの事を心配していると思しきセリフがある。


アニメ1期

第8話PPPのイベントを見に来ていた観客(イワビーの回想)として、一瞬だけ登場している。


ステージプロジェクトけものフレンズ

本作ではタスマニアデビルとの関係は描かれておらず、他の絶滅種のフレンズ達と明るく楽しく暮らしている。

しかし、タスマニアデビル特有の凄まじい声にコンプレックスを抱いており、きれいな歌声に憧れている。

その金切り声たるや、ディアトリマから「トキといい勝負」と言われてしまうほど。

とんでもない大食いでもあり、山ほどあるジャパリまんを一人で全てたいらげてしまう。


けものフレンズぱびりおん

当初は直接登場しておらず、タスマニアデビルのプロフィールに名前が残っているのみだった。

その後、2020年5月20日より実際に観察可能になった。


心配性なのは本作でも同じで、タスマニアデビルが一人でやっていけているか常に気にかけている。

同じタスマニアデビル系統のフレンズなので、大人しそうな顔に反して凄まじい鳴き声も出せる。

タスマニアデビルは何かあるとオーストラリアデビルに泣きついている模様。


珍しい行動は「楽しくおそうじ」。「デビルなバスタブ」で披露する。

ハート型のスポンジでバスタブを洗っている内に浮かんできた泡が弾ける。


けものフレンズ3

アプリ版

ゲーム媒体への直接的な出演は本作が初となる。

気弱な風貌で、タスマニアデビルのお姉さん的存在。

そして中二病をこじらせ過ぎて何を言っているのか分からないブラックバックの言葉の意味を大まかに翻訳してタスマニアデビルに伝える役割も担っている。


メインシナリオでは1章から登場。

ブラックバック、タスマニアデビルと行動を共にしており、三人揃って「ジャパリ団」を名乗っている。

彼女はメンバー内における「参謀†」(原文ママ)との事。

三人の中では比較的常識的な思考の持ち主で、(聞くだけなら)不穏な言葉ばかりが飛び交う中、ある意味では緩和材の役割も果たしている。


……が、後述のけものミラクル発動時のそれっぽい演出や、ユニット実装に伴い解放された専用の特別衣装のどことなく中二チックなデザインを見た隊長達は明らかにヤバイものを感じ取ったようで、「まともそうに見えて実は一番拗らせている」「ブラックバック以上に闇に呑まれている」など新たな可能性を彼女から見出している。


少し前から出会っていたカレンダと行動を共にしていたが、とある事がきっかけで誤認識を起こしどこかへ走り去ってしまったフリッキーを探す事に。

その道中で出会った探検隊一行とも仲良くなる。


当初は敵専用ユニットとしての登場だったが、後の期間限定イベント「闇と舞え!漆黒のダークネスひな祭り」開催に伴い、ブラックバックタスマニアデビルと共に正式にユニット実装された。

初期けも級は☆4。属性はリラックス(※)。

とくせい生息域確保毎ターンたいりょく4%回復+ステージの時間が夜の場合、与ダメージ15%増加
キセキとくせい未来への兆し自身の与ダメージ10%増加&リラックス属性の味方のどく耐性(高)増加
なないろとくせい同胞の救済自身のファニー、マイペース属性の敵への与ダメージ10%増加&毎ターンフレンドリー、ラブリー属性の味方のたいりょく3%回復
たいきスキル左目のうずき2ターン与ダメージ25%増加&攻撃命中率10%減少
とくいわざデーモン・スラップ敵単体に60%×2のダメージ
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†味方全体の与ダメージ増加&2ターン与ダメージの10%分たいりょく回復

※敵専用ユニット時はラブリー属性だった。


でびでび・でびるとのコラボイベント「いかいのとびらがひらかれた!」開催時に実装されたしょうたい第2弾では、別属性のユニットとしてタスマニアデビルと共に再登場。

初期けも級は☆4。属性はラブリー。

肩書きは【隻眼の悪魔†】

これまでのはなまるチェンジ♪フレンズと異なり、でびでび・でびるの魔法を受けた事で新しい力に覚醒したような描写がされている。

とくせい悪魔の加護与ダメージの5%分のたいりょく回復+ステージが夜の場合、ターン開始時ラブリー属性の味方のMP2増加
キセキとくせい闇と光を糧に自身の与ダメージ15%増加+ステージが夜の場合、ラブリー属性の味方の与ダメージ15%増加
たいきスキル特製アイス、おいしいね♪自身と味方前列のたいりょく13%回復
とくいわざ漆黒へ誘う腕敵単体に60%×2のダメージ+対象がアクティブ属性の場合、高確率でルンルンきぶん状態解除
けものミラクル覚醒・大地に満ちる光†敵全体に大ダメージ&高確率で3ターンズキンズキン状態&ラブリー属性の味方のズキンズキン状態の敵への与ダメージ増加

アーケード版

2020/3/24にブラックバックタスマニアデビルと共にユニット実装された。

レアリティSSR
属性きずな
得意なエリアジャングル
元気な時間帯
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†※

※効果が「自分のこうげき&ぼうぎょアップ」に変更されている。


スキルカードでは以下のカードに描かれていた。

  • アヤシイぎしき
  • やみのうたげ

リリースお祝い動画

キクチミロ氏によるリリース記念動画では、二人と共にピクニックに来ていたが、そもそもピクニックがどういうものなのか知らなかったので何も持たずにいた所をアルパカ・スリアルパカ・ワカイヤに出会い、入れてもらったコーヒーに舌鼓をうちながらみんなでピクニックを楽しんだ。


関連動画


関連タグ

けものフレンズ タスマニアデビルのフレンズ

タスマニアデビル

絶滅種(けものフレンズ)

概要

CV:船戸ゆり絵(3)

演:大場花菜(=LOVE舞台)


タスマニアデビルのオーストラリア本土生息版とされている絶滅種オーストラリアデビルのフレンズ


見た目はフレンズとしてのタスマニアデビルとほぼ同一の衣装だが、より髪が長く左眼に眼帯をつけているのが大きな違い。

この眼帯はタスマニアデビルの仲間だけがかかるとされるデビル顔面腫瘍性疾患という顔面が焼け爛れるように崩壊していく奇病をイメージしたものと思われる。


一動物としてはすでに絶滅しており(というより一生物としての認定すらされていない)、目にはハイライトがない。


けもフレ図鑑

私、タスマニアデビルちゃんのことがいつもいつも気になっちゃって……。

ああ、もう、大丈夫かな。心配だな。

ひとりでちゃんとやれてるかなあ……


初登場。

心配性なお姉さんといった性格で、ビビリで実力もあまり高くないのにあちこちに喧嘩を吹っ掛け回るタスマニアデビルの事を心配していると思しきセリフがある。


アニメ1期

第8話PPPのイベントを見に来ていた観客(イワビーの回想)として、一瞬だけ登場している。


ステージプロジェクトけものフレンズ

本作ではタスマニアデビルとの関係は描かれておらず、他の絶滅種のフレンズ達と明るく楽しく暮らしている。

しかし、タスマニアデビル特有の凄まじい声にコンプレックスを抱いており、きれいな歌声に憧れている。

その金切り声たるや、ディアトリマから「トキといい勝負」と言われてしまうほど。

とんでもない大食いでもあり、山ほどあるジャパリまんを一人で全てたいらげてしまう。


けものフレンズぱびりおん

当初は直接登場しておらず、タスマニアデビルのプロフィールに名前が残っているのみだった。

その後、2020年5月20日より実際に観察可能になった。


心配性なのは本作でも同じで、タスマニアデビルが一人でやっていけているか常に気にかけている。

同じタスマニアデビル系統のフレンズなので、大人しそうな顔に反して凄まじい鳴き声も出せる。

タスマニアデビルは何かあるとオーストラリアデビルに泣きついている模様。


珍しい行動は「楽しくおそうじ」。「デビルなバスタブ」で披露する。

ハート型のスポンジでバスタブを洗っている内に浮かんできた泡が弾ける。


けものフレンズ3

アプリ版

ゲーム媒体への直接的な出演は本作が初となる。

気弱な風貌で、タスマニアデビルのお姉さん的存在。

そして中二病をこじらせ過ぎて何を言っているのか分からないブラックバックの言葉の意味を大まかに翻訳してタスマニアデビルに伝える役割も担っている。


メインシナリオでは1章から登場。

ブラックバック、タスマニアデビルと行動を共にしており、三人揃って「ジャパリ団」を名乗っている。

彼女はメンバー内における「参謀†」(原文ママ)との事。

三人の中では比較的常識的な思考の持ち主で、(聞くだけなら)不穏な言葉ばかりが飛び交う中、ある意味では緩和材の役割も果たしている。


……が、後述のけものミラクル発動時のそれっぽい演出や、ユニット実装に伴い解放された専用の特別衣装のどことなく中二チックなデザインを見た隊長達は明らかにヤバイものを感じ取ったようで、「まともそうに見えて実は一番拗らせている」「ブラックバック以上に闇に呑まれている」など新たな可能性を彼女から見出している。


少し前から出会っていたカレンダと行動を共にしていたが、とある事がきっかけで誤認識を起こしどこかへ走り去ってしまったフリッキーを探す事に。

その道中で出会った探検隊一行とも仲良くなる。


当初は敵専用ユニットとしての登場だったが、後の期間限定イベント「闇と舞え!漆黒のダークネスひな祭り」開催に伴い、ブラックバックタスマニアデビルと共に正式にユニット実装された。

初期けも級は☆4。属性はリラックス(※)。

とくせい生息域確保毎ターンたいりょく4%回復+ステージの時間が夜の場合、与ダメージ15%増加
キセキとくせい未来への兆し自身の与ダメージ10%増加&リラックス属性の味方のどく耐性(高)増加
なないろとくせい同胞の救済自身のファニー、マイペース属性の敵への与ダメージ10%増加&毎ターンフレンドリー、ラブリー属性の味方のたいりょく3%回復
たいきスキル左目のうずき2ターン与ダメージ25%増加&攻撃命中率10%減少
とくいわざデーモン・スラップ敵単体に60%×2のダメージ
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†味方全体の与ダメージ増加&2ターン与ダメージの10%分たいりょく回復

※敵専用ユニット時はラブリー属性だった。


でびでび・でびるとのコラボイベント「いかいのとびらがひらかれた!」開催時に実装されたしょうたい第2弾では、別属性のユニットとしてタスマニアデビルと共に再登場。

初期けも級は☆4。属性はラブリー。

肩書きは【隻眼の悪魔†】

これまでのはなまるチェンジ♪フレンズと異なり、でびでび・でびるの魔法を受けた事で新しい力に覚醒したような描写がされている。

とくせい悪魔の加護与ダメージの5%分のたいりょく回復+ステージが夜の場合、ターン開始時ラブリー属性の味方のMP2増加
キセキとくせい闇と光を糧に自身の与ダメージ15%増加+ステージが夜の場合、ラブリー属性の味方の与ダメージ15%増加
たいきスキル特製アイス、おいしいね♪自身と味方前列のたいりょく13%回復
とくいわざ漆黒へ誘う腕敵単体に60%×2のダメージ+対象がアクティブ属性の場合、高確率でルンルンきぶん状態解除
けものミラクル覚醒・大地に満ちる光†敵全体に大ダメージ&高確率で3ターンズキンズキン状態&ラブリー属性の味方のズキンズキン状態の敵への与ダメージ増加

アーケード版

2020/3/24にブラックバックタスマニアデビルと共にユニット実装された。

レアリティSSR
属性きずな
得意なエリアジャングル
元気な時間帯
けものミラクル封印されし悪魔のめざめ†※

※効果が「自分のこうげき&ぼうぎょアップ」に変更されている。


スキルカードでは以下のカードに描かれていた。

  • アヤシイぎしき
  • やみのうたげ

リリースお祝い動画

キクチミロ氏によるリリース記念動画では、二人と共にピクニックに来ていたが、そもそもピクニックがどういうものなのか知らなかったので何も持たずにいた所をアルパカ・スリアルパカ・ワカイヤに出会い、入れてもらったコーヒーに舌鼓をうちながらみんなでピクニックを楽しんだ。


関連動画


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 悪評令嬢なのに、美貌の公子が迫ってくる

    読む▶︎
  3. もう興味がないと離婚された令嬢の意外と楽しい新生活

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー