ピクシブ百科事典

カズヤ・クラウゼク

かずやくらうぜく

カズヤ・クラウゼクとは、『舞-乙HiME』のキャラクター。

概要

CV:堀江一眞

カルデア帝国からヴィントブルームの大学に留学している大学生。皇帝筋にあたるカルデア三大選帝侯家の嫡男。

パールオトメのアカネ・ソワールとは相思相愛の仲だが、オトメが恋愛を全面的に禁止していることや互いの国が敵対関係にあることから正式に交際することが出来ずにいた。
アカネがマイスター乙HiMEへの就任が決定した時、家柄も夢もかなぐり捨てて自らの恋を取るべくマイスターオトメ認証式最中に乱入、二人で駆け落ちし行方をくらます。

ところが22話でカルデア皇宮がアスワドの報復攻撃に遭ったことで選帝侯家の血筋が全滅し、奇しくも選帝侯家唯一の生き残りになってしまう。逃避行先のラブホテルでアカネと一線を越えようとしていた最中にカルデア国皇帝選出会議審査機構によって拘束され、強制的に新皇帝に即位する。
同じく五柱のマーヤ・ブライスによって拘束されたアカネを自身のマイスター乙HiMEとし、アカネと共に最終決戦に参加した。

オリジナルは倉内和也。アカネとの関係やバカップル化も健在。

関連タグ

舞-乙HiME

コメント