ピクシブ百科事典

カッツバルゲル

かっつばるげる

ドイツ傭兵ランツクネヒトの使っていた剣の一つ。
目次[非表示]

概要


傭兵ランツクネヒトが愛用したとされる剣の種類。
小ぶりなショートソードの一つで最初は50センチ前後、使用方法は刺突だったが時代が下り、製鉄技術も向上したことから切りつけることも考えられて後には80センチ程にまで長くなった。幅は少々広めで4~5センチ程。
特徴は鍔がS字型あるいは8の字型になっていることだろう。 S字型の鍔は相手の服を絡めてバランスを崩すのに使用されたという説もあるが、真偽は定かではない。

名前について(他説をご存じの方は追記をお願いします)


諸説あるが筆者が知っている有名なのは当時奇抜なことで有名だったランクツネヒトはカッツバルゲルの鞘に猫の皮を当てていた。そこでついた名前に猫(Katze)の皮を剥いだ(balgen)と言う名前がついた、と言う説である。(猫の皮を剥いで鞘にしたのに「猫の皮を剥いだ」というのが名前だとしても誰も気にしない)

他説として「喧嘩用の剣」を意味するというものが有る。これの謂れとして「乱戦時に使用する武器であるから」というものと、「実際の戦闘よりも(酒場などの)乱闘に使用されることが多かったから」というものが有る。

関連イラスト


カッツバルゲルに関するイラストを紹介してください。

ドイツ騎士修道会・カッツバルゲル騎士剣



別名・表記ゆれ


カッツバルゲルに関する別名や、表記ゆれがありましたら、紹介してください。

関連タグ


カッツバルゲルに関係するタグがありましたら、紹介してください。
ランツクネヒト
ショートソード

pixivに投稿された作品 pixivで「カッツバルゲル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2283

コメント