ピクシブ百科事典

カムシン・ネブハーウ

かむしんねぶはーう

カムシン・ネブハーウとは、『灼眼のシャナ』のキャラクター。
目次[非表示]

「ああ、そうです、仕事です。しかも、できるだけ急ぎのことなのです」

プロフィール

称号 儀装の駆り手
年齢 不明(外見は10歳以下)
誕生日 不明
身長 130cm前後
体重 不明
好きなもの 不明
CV皆川純子


概要

カムシン・ネブハーウとは、『灼眼のシャナ』のキャラクター。

『儀装の駆り手』の称号を持つ、“不抜の尖嶺”ベヘモットのフレイムヘイズ
少年のような見た目をしているが、最古のフレイムヘイズの一人で、その実力も屈指のもの。
世界に数少ない調律師の一人で、破壊そのものを得意とする。

喋る時に語頭に「ああ」とつけるのが口癖と思われる。

調律のために訪れた御崎市で、吉田一美を協力者として選んだ。
町を去る時に彼女からもらった麦わら帽子を以後愛用している。

戦闘スタイル

老獪で落ち着いた性格に反し、とにかく豪快で大雑把。
『瓦礫の巨人』を生成しての周囲を巻き込みかねない破壊力は弱小な“徒”を寄せ付けない。

反面、精密な攻撃性能は低く、高速移動の得意な相手や、巨人の防御を上回る力の持ち主とは相性が悪い。

自在法

カデシュの心室カデシュの血印
調律師としての彼の『調律』の自在法を構成する2種類。

カデシュの血脈
『瓦礫の巨人』における、エネルギーの文字通り血脈をなす自在法。

儀装
上述の3種の自在法を用いて構築される『瓦礫の巨人』の正式名称。
その巨体は周囲の物体を寄せ集めて構築されており、圧倒的な出力と体表から噴出させる炎による防御力を誇る。
どこぞのゴーレム宜しく、足からのジェット噴射で空を飛ぶこともできる。

巨人を駆る者



関連タグ

灼眼のシャナ フレイムヘイズ エジプト
ヴィルヘルミナ 吉田一美
少年 ショタジジイ

関連記事

親記事

フレイムヘイズ ふれいむへいず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カムシン・ネブハーウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141019

コメント