ピクシブ百科事典

カララ・アジバ

かららあじば

カララ・アジバとは、「伝説巨神イデオン」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

性別女性
髪の色
年齢17歳
血液型O型
CV戸田恵子


人物

バッフ・クラン宇宙軍総司令であるドバ・アジバの次女で、ハルル・アジバの妹。
軍人の名門の家に生まれながらも理想主義的で戦いを嫌っているため、父や姉との仲は悪い。小説版では、ハルルとは異母姉妹の関係になっている。
因みに外見上のモデルは担当声優である戸田恵子本人。

ロゴ・ダウ(ソロ星)調査隊に同行して、好奇心から地球人に接近したために、地球とバッフ・クランの戦闘が発生してしまう。そんな混乱の中、ソロ・シップに乗船することになる。バッフ・クラン軍に関する知識が豊富なため、ジョーダン・ベスの要請に応えて、ソロシップでの戦闘アドバイザーとなった。
理想主義者のお嬢様で、当初はソロ・シップの中で異星人として白眼視されていたが、バンダ・ロッタに銃を向けられた際に逃げずに立ち向かった姿勢や、ソロシップの脱走者に人質として利用された際に進んで罪を被るなどの行為によって、次第に信頼を獲得していった。

ギジェ・ザラルとは婚約者同士だったが、地球人のジョーダン・ベスと恋に落ちて後に彼の子メシアを身籠った。バッフ・クランと地球人の間に育まれた生命は、イデに強い影響を与えていた。
怒りをむき出しにするドバやハルルに対しても懸命に対話の姿勢を持とうとしていたことから、イデも彼女に加護を与え、乗っていた戦闘機が爆破されようが生身に加粒子砲が直撃しようが生き残るという神がかり的ともいえる状況を作り出すことになる。

だが発動篇の終盤、イデの導きによってドバの会見からソロシップへの脱出に成功するも、ソロシップ内に侵入してきたハルルの前に立った時、彼女は対話による解決ではなく「我が子を守るために他者を攻撃する」というエゴ母親としての業)を選択してしまう。
結果、イデの加護から見放されたカララは、ハルルの銃弾が全て顔面だけに直撃するという無残な死を遂げるのだった。そして、そんなカララの死体の中でメシアがイデの加護によってなおも生き続けているという事実は、コスモ達に「イデは自らの担い手にメシア達次世代を選び、自分達は用済みとなった」という絶望的な認識を与えることになる。

関連イラスト

カララ・アジバ
カララ



関連タグ

伝説巨神イデオン
バッフ・クラン
ドバ・アジバ ハルル・アジバ ギジェ・ザラル ジョーダン・ベス

pixivに投稿された作品 pixivで「カララ・アジバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12507

コメント