ピクシブ百科事典

カルロス・サンターナ

かるろすさんたーな

「カルロス・サンターナ」とは「キャプテン翼」のキャラクター。メイン画像はテクモゲーム版の「カルロス・サンターナ」である。
目次[非表示]

概要

『キャプテン翼』の登場人物。

CV: - 井上和彦(劇場版)/関智一/西村仁・亀井芳子(少年)
所属:バーラFC - CRフラメンゴ(ブラジル、実在) - バレンシアCF(リーガ・エスパニョーラ、実在)

ブラジルを代表するエースストライカー。

原作マンガ版、アニメ版、テクモゲーム版にそれぞれ登場しており、それぞれの設定が異なるので注意。
以下は原作マンガ版の設定となる。

ブラジルユース代表FW
赤ん坊の時に、サッカーフィールドに捨てられていた孤児であり、幼少時はグラウンドキーパーの老夫婦に育てられた。

神の子」と呼ばれ幼少の頃から類まれなるサッカーの才能を持っていたが、育ての親の老夫婦が死亡した後に、大富豪であった「バーラ」に引き取られ、奴隷同然の教育とサッカーの特訓を受けてしまうことになる。
その結果、心を持たず勝利のみを追求する「サッカーサイボーグ」と呼ばるようになった。

「ワールドユース編」冒頭、ブラジルのプロリーグにて主人公「大空翼」と対戦し、「サッカーをプレーする楽しみ」を取り戻すことになる。

その後「ワールドユース編」の決勝戦で翼率いる日本ユース代表と対戦する。

そしてその後、『ROAD TO 2002』でスペイン・バレンシアCFに移籍。
翼やナトゥーレーザと激闘することに。

また「ライジングサン」では「ブラジル五輪代表」として、ナトゥーレーザとのコンビで五輪に挑んでいくことになる。













少し原作ネタバレ。
















ちなみに先述の悲惨な境遇は、プロになり、世間的に有名になった後、
ブラジルマスコミを利用し、自らの境遇を世間に訴える」形で脱している。
また、「ワールドユース編」の終盤にて生き別れた母親と再会。
現在はスペインで母親と一緒に暮らしている。

関連タグ

キャプテン翼 高橋陽一
キャプテン翼ワールドユース編
キャプテン翼ROAD_TO_2002
ブラジル
サイボーグ

表記ゆれ

アルファベット表記は『Carlos Santana』のため、実在するギタリストの「カルロス・サンタナ」あるいは野球選手の「カルロス・サンタナ (MLBフィラデルフィア・フィリーズ所属)」に注意。

pixivに投稿された作品 pixivで「カルロス・サンターナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5424

コメント