ピクシブ百科事典

弓倉宣之

ゆみくらのぶゆき

「弓倉宣之」とは「キャプテン翼」のキャラクター。「リアル・ジャパン・7」の一員である。

解説

弓倉宣之」とは、「キャプテン翼」のキャラクターである。

ワールドユース編」より登場した「リアル・ジャパン・7」の一員である。

モデルは元プロサッカー選手「財前宣之」である、と言われている。


CV上田祐司(「J」版) / 三浦勝之(スマホアプリゲーム「たたかえドリームチーム」)
所属読売クラブ東京ヴェルディ1969
ポジションMF

「キャプテン翼」連載開始当初は、サッカーをする子どもたちは、学校の部活動に入るのが常であった。

しかし時は流れ、「ワールドユース編」連載の頃には「Jリーグ発足」に伴い、日本でも「サッカープロチーム傘下のユースクラブチームでの選手育成」という道が開かれた。

それを象徴するキャラクターが「弓倉宣之」となる。


童顔でありつつもクールさを感じさせる顔が特徴。

大空翼たち「黄金世代」の、部活動での活躍と、世間からの脚光を横目で見ながら、
弓倉が選んだ道は「サッカープロチーム傘下のユースクラブチーム加入」の道であった。

そのため翼たち「黄金世代」に対して並々ならぬライバル心を抱いていた。

そんな折り、「賀茂港」から「とある計画」への参加を持ち掛けられ、これに応じ、賀茂に課せられた特訓を乗り越え「リアル・ジャパン・7」に加入する事になる。

そして「全日本ユース代表」である岬太郎日向小次郎たちの前に立ちはだかる事になる。


翼と同じく、ポジションはMD
「リアル・ジャパン・7の司令塔」的存在。
そして「ドライブシュート」さえも習得している。


岬、小次郎、早田誠立花兄弟次藤洋新田瞬の7人を追い出した後は、残ったユース代表に課せられた賀茂からの更なる特訓をこなしながら、ユース代表のメンバーに対して「コーチ」のような役割を果たす。

果たして、その真意とは………。




実は、学年としては翼たちと同学年であるが、喘息休学していた時期があり、年齢としては翼たちの一つ上
そのため、実はもともと年齢的にユース代表の参加資格は持っていなかった。
「リアル・ジャパン・7」、そして賀茂港の真の目的である「全日本ユース代表の強化」に協力するため、この計画に参加していたのである。

岬や小次郎たち「追放組」7人の成長を見届けた後、他のメンバーと共にユース代表を去り、後はユース代表の応援をしていく事になる。


その後、「ROAD TO 2002」では「東京ヴェルディ1969」に加入し「滝一」とチームメイトになる。

そして「GOLDEN-23」では五輪代表監督となった「吉良耕三」により代表候補として呼ばれることになる。

関連タグ

キャプテン翼 高橋陽一

キャプテン翼J

キャプテン翼ワールドユース編
キャプテン翼ROAD_TO_2002
GOLDEN-23

童顔 クール
ゲームメーカー
司令塔
クラブチーム

pixivに投稿された作品 pixivで「弓倉宣之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1137

コメント