ピクシブ百科事典

ガライ

がらい

仮面ライダーJに登場するフォッグの3幹部のリーダーの名称、およびその他のキャラクター名。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 特撮映画「仮面ライダーJ」に登場するフォッグの幹部怪人のリーダー。→本項で解説
  2. 手塚治虫の漫画「MW」に登場する神父賀来巌(がらいいわお)。映画では山田孝之が演じた。
  3. ゲーム「クロノクロス」の登場人物。ボスとして戦うが非常に強い。
  4. ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズに登場する吟遊詩人。


「この星の生き物はすぐ壊れる。つまらない音を立てて」
人間態(演):神威杏次

概要

フォッグの支配者にして偉大なる機械獣母艦フォッグマザーより生まれし怪人の1人にして彼女に仕え、千年に一度の『大孵化』の儀式を執り行う神官を務める3幹部のリーダー。フォッグの第1王子
儀式の際は儀式用の・『フォッグの』を使い相手を催眠状態にして眠らせるを身に着けている。

普段は金髪スーツを着た地球人と変わらない青年姿をしているが、戦闘の際は右耳イヤリングを弾き白いを発生させ、それにその身を包むことでコブラ男ともいわれるコブラ宇宙生命体としての正体を曝け出し、敵に襲いかかる。

フォッグやフォッグ・マザーのことをフォク、フォグ・マザーと独特のイントネーションで呼称する(初期設定の名残らしい)。

冷酷無比な性格の持ち主であり、“命”を“物”としてしか捕えておらず、“死”の事を“壊れる”と独特の表現方法で言い表す。

また、自身を産んでくれたであるフォッグ・マザーと自身の事以外には無関心らしく、(裏設定によれば)自身に想いを寄せていたであろうズーの死を目の当たりにしても「フンッ…壊れたか」と冷たく言い放つだけであった。

3幹部のリーダーにしてフォッグの第1王子の身分であるだけにその戦闘能力は他の2人と違い圧倒的であり、2000馬力に達する驚異的なパワーとJに『フォッグの牙』で刺し貫かれてもものともしないほどの頑丈なボディを有している。

そのほか、『ガライウィップ』と呼ばれる状の武器として変形できる『ガライソード』という名の武器を携帯しており、また、から三叉状の『ガライクロー』を放ち敵を拘束することも可能である。

木村加那を救うためにやって来た仮面ライダーJと一進一退の激しい攻防戦を展開し、最後は一瞬のスキを突かれて放たれた『Jキック』を受け絶命した。

なお、明言はされていないが、フォッグ・マザーの本体の姿が小さなコブラの様な姿をしていた事からマザーの遺伝子を一番色濃く受け継いだ存在だったと推測されるが、詳細は不明である。

その後の活躍

全国の遊園地やイベントなどで公開された3D映画『仮面ライダーワールド』にて唐突に復活したシャドームーンの手により蘇るが、JとZO再生怪人と共に倒されている。
以前と異なり、怪人体で喋る(声:小杉十郎太)。金属質の剣を得物とする。

また映画『オールライダー対大ショッカー』にて大ショッカーの一員として複数の個体が参戦している(何故かの体色がへと変化している)。

さらに『MOVIE大戦2010』においてもスーパーショッカーの一員として参戦していた。しぶとく最後の方まで生き残るが、突然乱入してきたアギト龍騎攻撃を受け仲間が壮絶な爆死を遂げたのを見てあっけにとられている隙を突かれ、背後からソウジ変身した仮面ライダーカブトライダーキックを受けスコーピオンオルフェノク共々原子の塵と化した。

映画『レッツゴー仮面ライダー』ではショッカーの同盟を結んだ怪人の1人として、そして映画『仮面ライダー大戦』ではバダン の幹部として登場している。

関連イラスト

ネオライダーズ


(画像右上)

関連項目

フォッグ(仮面ライダーJ) フォッグ・マザー ズー(仮面ライダーJ) 仮面ライダーJ コブラ男 地獄大使(熱烈なライダーファンの雨宮慶太氏がデザインにあたって意識) 仮面ライダーサガ:色々と似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガライ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1914

コメント