ピクシブ百科事典

ギガファント

でかくてかたくてつよいまんもすさん

ギガファントとは、メダロットに登場する機体である。
目次[非表示]

概要

大きなキバをイメージした
防御用の腕パーツが特徴的な
マンモス型メダロット。

鼻先にとまった
鳥のフィギュアがポイント。

メダロットDSに初登場したメダロット。
メダロットRのマンムートタスクやメダロット3のマンマンモス、メダロット5のロッキンカーンと同じマンモス型なのだが、型番はMMT型ではなく、メガファントと同じELF型
現に名前がメガファントの後継機である事を示しており、パーツ名もメダロットDSの頃はメガファントと同じである(性能はどちらかといえばマンマンモスに近い)。

性能

さて、このギガファントだが、一言で説明するなら……
デカァァァァァいッ説明不要!!
である。

胸部には可愛い小鳥が乗った固くて太くて大きく長い鼻、両腕は普通のメダロットをすっぽり隠せるほどの大きな牙、そして脚部はマンモスの胴体を模しているためこれまたデカい。
どれくらいデカいのかといえば、メダロットアルバム画面ではみ出る、メダロットのセッティング画面ではみ出る、ロボトルのメダロット選択画面ではみ出る、ロボトルの際に相手メダロットの事を調べようとしてはみ出る、勝利のポーズでもはみ出る
……あまりのデカさに画面からはみ出てしまうほどである。まさに超弩級の重戦車。ってか、あまりの巨体に味方が隠れてしまう。パーツの1つ1つもかなりデカいので、普通のパーツが小さく見えてしまい、かなりアンバランス。
子供数人どころか、大人1人が乗っても大丈夫だと思う。

ただし、このギガファント、ただデカいだけではない、硬い強いのである。

純正装甲値の総計は驚きの1060。4桁を超える。
流石に後のシリーズで装甲値は減ったものの、それでも硬い。更には、両腕の能力も60以下のダメージを無効化する『ガード60』になり、余計に頑丈になった。

頭部からは、まるで鼻ちょうちんでも飛ばすかのように重力攻撃ブレイクを飛ばす。重力系の高い成功率に加え、39というそこそこの威力に貫通性能を持ち、更にはねらいうち行動であるためクリティカルを狙いやすい。こんなものが頭部にクリティカルヒットしたら、並みのメダロットからしたら脅威でしかない危険な鼻ちょうちんである。
流石に後のシリーズで成功率が下がったが、代わりに威力が59とぐんと上がった。……弱体化したと思ったら、更に強化されたでござるの巻。
一見、長い鼻に隠れて前が見えにくいと思われそうだが、よく見ると鼻の裏にターゲット用のモニターがついている。

総評すると、デカイ・カタイ・ツヨイの三拍子が揃った重戦車である。
ただ、弱点があるとすれば、盾役共通の天敵である光学系やデストロイに弱いことと、頭パーツが攻撃パーツであることが仇となって、反射パーツで撃沈することである。

前述にもあるが、メダロットDS当初はメガファントとバーツ名と同じだったが、メダロット7以降は独自のパーツ名に変わる。そのため、以下はメダロット7以降のパーツ名で解説する。

  • 頭部 ペネトレイト
ねらいうち行動 ブレイク

  • 右腕 ライトタスク
まもる行動 ガード60

  • 左腕 レフトタスク
まもる行動 ガード60

  • 脚部 ヘヴィボディ
戦車

メダロット8

オーロラフォールで野良メダロットとしてエンカウントする。ただし、デカ過ぎて待ち伏せしていても遠くから一目瞭然だったりする。

脚部特性に、防御時にダメージが10%軽減される『フォートレス』が追加され、更に頑丈になった。

メダロット9

案の定、全パーツがヘヴィパーツになった。
生徒会役員のキヨトが使用するが、他の生徒のロボトルにも顔を出している事もあるので、他の生徒会メンバーよりパーツが集めやすい。

関連タグ

メダロットDS マンモス
メガファント

関連記事

親記事

メダロットDS めだろっとでぃーえす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガファント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48

コメント