ピクシブ百科事典

ケビン・レビン

けびんれびん

ケビン・レビンとは、『ベン10』のキャラクター。主人公ベン10のよきライバル。
目次[非表示]

概要

声優は無印時代:増田裕生エイリアンフォース以降は杉山紀彰に交代。

無印時代


11歳の家出少年。実は父親が配管工・エイリアンという地球人ハーフ。
父親が配管工の任務で亡くなった後母親が再婚、継父になじめず家出した。

電気系統パワーを体内に吸収して放出の際、相手にぶつけて攻撃などが可能。
時としてそれをアーケードゲーム機や自販機などにあてて小銭を盗む日々を過ごしていた。

ベン・テニスンと出会い、エイリアン・ヒーローに変身できる腕時計オムニトリックスに触れた際、自らエイリアンに変身する能力を手にいれた。

最初はヒートブラスト、フォーアームズといったエイリアンへの変身コントロールをこなしたものの
ベンとの対戦により暴走をおこし10種類のエイリアンを掛け合わせた11種類目のエイリアンに変貌。
通称:「ケビン11(ケビンイレブン)」の誕生である。幾度かベンに挑んだ。

色々あって宇宙の帝王ヴィルガクスと組んでオムニトリックス強奪のため共闘するものの
お互いドジを踏んでしまい異次元の牢獄ナル・ボイドにとらわれる羽目になった。


エイリアンフォース


なんと第1話にて16歳に成長した姿(人間態)で登場。

吸収能力をうまく使いこなして自ら触れた金属などを体にコーティングする方法などを身に着けた。
第3の敵ハイブリードの登場によりベンとグウェンらと組むこととなった。
前シーズンにて宇宙をさまよった経験を活かして宇宙テクノロジーを駆使したスポーツカーを開発。

後半はヴィルガクスが登場した際、ベンと共にオムニトリックスを細工した時に放たれた光により
自らの肉体が金属やクリスタルが入り混じった体に変貌した。

ベンのオムニトリックスと連動した現象ゆえオムニトリックスが破壊したことにより
元の肉体に戻った。

余談であるがグウェンのライバル、魔女チャームキャプターに誘惑されたことがあった。

アルティメットエイリアン


新たなる敵アグレゴーの登場により自らのルーツが判明に。
ここで配管工の隊員だった亡き父や母といった両親の登場。加えて継父も登場。

無印時代にてナル・ボイドをどのように過ごし元の人間態に戻った経緯かがあきらかに。

5種類の最強エイリアンを取り込んだアルティメットアグレゴーに対抗するため
新オムニトリックス(アルティマトリックス)のパワーを吸収して再び「ケビン11」に変身。
通称:「アルティメットケビン11」(メイン画像:参照)

やはり暴走態ゆえに何とか体内に取り込んだパワーを分散させた元の人間に戻った。

オムニバース


この時点では18、19歳と考えられる。
グウェン・テニスンとは恋仲ゆえ同棲していることが第1話にてあきらかに。
目の下にクマができたような顔、見るからに悪人といったイメージ

物語中盤で再登場する。

未来のケビン11


無印の未来世界が舞台のエピソード『ケン10』より大人になったケビンと息子のデブリンが登場。

10万種類のエイリアンに変身できるようになった「ベン100'000」に対抗して、

ナル・ボイド内にいた11万種類のエイリアンのパワーを吸収し
通称:「ケビン110'000(ケビンイレブンサウザンド)」に変身可能になる。
未来のケビンは顎に十字傷ができている。

デブリンの協力でナル・ボイドから脱獄し、そのパワーでベンの息子のケニーと戦うが、参戦してきたベン、デブリンによって再びナル・ボイドにとらわれる。

デブリンの母親に関して不明であるが、作中の動向からするとグウェンとの恋は破局とも考えられる?

関連タグ

ケビン ケビン11
ケヴィン ケヴィン11
ケビベン - カップリングタグ

Kevin Bevin

pixivに投稿された作品 pixivで「ケビン・レビン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 839

コメント