ピクシブ百科事典

コクシジオイデス

こくしじおいです

危険なカビの一種。ペストに匹敵する病原性を持つ。北米や中南米の乾燥地帯に生息する。
目次[非表示]

概要

危険カビ真菌)の一種。
毒性・病原性はペストに匹敵するとも言われ、感染症を引き起こすカビとしてはかなり危険なものである。
北米アメリカ合衆国)や中南米乾燥地帯(砂漠など)で発生している。
なおカビとしては唯一、感染症法で4類感染症に、バイオセーフティレベルはレベル3に指定されている。

感染経路

コクシジオイデスが含まれたほこり)が巻き上げられ、それをに吸い込むことによって感染する。激しく土埃が舞い上がる環境でうつりやすく、たとえば農業採掘荒れ地でのモータースポーツ土木建設地震暴風などである。

症状

全く症状が現れないこともあるが、多くの場合、発熱頭痛筋肉痛発疹体重減少、乾いたなどの症状がみられる。
合併症として肺炎脳炎を起こすことがあり、最悪の場合は死亡することもある。特にAIDSなどで免疫機能が極端に弱っている人は重症化しやすい。

治療方法

自然に治ることも多いが、重症の場合はカビを殺すを服用する。

予防方法

流行地(アメリカ、中南米の乾燥地域)で土ほこりにさらされる活動をする場合には、顔にフィットした防塵マスク(0.4μm以上の粒子を通さないもの)を着用すること。
を一旦濡らすこともよいと言われている。
免疫力に問題のある人は、土ほこりの生じるところに近づかないようにすること。

関連タグ

真菌 カビ カンジダ アスペルギルス
クリプトコッカス トリコスポロン

外部リンク

コクシジオイデス症 - Wikipedia

関連記事

親記事

カビ かび

兄弟記事

コメント