ピクシブ百科事典

ゴシック4550

ごしっくよんごーごーぜろ

在りし日の営団地下鉄での案内に使われた字体

営団時代に大手町駅のサインシステム計画で導入された書体。デザイナーの鎌田氏が文字高指定を間違えていたことで出来上がった横長(横50に対して縦45)の文字が特長。
東京メトロになってから新ゴに変わりつつある今なお根強い人気を保っている。

MS-Officeの相当古いバージョンでは、このフォントを元に作った「ff4550-GM」というフォントが同梱されている(Unicodeフォントではないので使用できるアプリには限りがある)。こちらは、ゴシック4550のようなスタイルでありながら、クラシックタイプの雰囲気を持ちながらもモダンゴシック体としての体裁に近い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴシック4550」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 665

コメント