ピクシブ百科事典

サムライ8八丸伝

さむらいえいとはちまるでん

『サムライ8八丸伝』は、岸本斉史と大久保彰による『侍』を題材としたSFアクション漫画である。
目次[非表示]

概要

2019年5月13日より、週刊少年ジャンプで連載スタートした、『』を題材としたSFアクション漫画であり、ジャンプの令和に入って初となる新連載作品となった。

2018年12月22日・23日に開催された『ジャンプフェスタ2019』において、原作者である忍者漫画『NARUTO』で知られる岸本斉史先生が自ら発表し、「NARUTOより面白くするのに必死!! お楽しみに!!」とコメントを寄せており、岸本先生が大好きだと語っている【】と【SF】を融合させた作風となっている。

製作形式としては岸本先生が原作を担当し、彼の推薦で弟子の大久保彰先生が作画を担当という形になっているが、ネームを岸本先生が描いてそれを元に大久保先生が作画するため、実質“合作”と言える。

PV


あらすじ

遙か遠い宇宙の彼方のとある星。
ここに住む、生まれつき生命維持装置に繋がれていなければ数分と生きていられない病弱な少年・八丸(ハチマル)は、自分のことを心配しながら介護してくれている父をよそに、いつか星々の守護者である『侍』となることを夢見ていた。
ある日、八丸は猫の姿をした侍・達麻(ダルマ)と出会い、彼から侍になれる資質を見出されるが、それからまもなく外出していた父が野武士たちに拉致され、その頭目である元侍である浪人に襲撃される。
「切腹すれば父の命は助けてやる」という浪人に、八丸は父を救うためその条件を呑み、手渡された短刀で腹を切って命を落とすも、全ての侍たちの産みの親たる武神・不動明王に選ばれ、侍として生まれ変わった。
その力で見事に浪人とその一味を倒した八丸。この出来事を機に彼の出生の秘密と課せられた運命が明らかとなっていく……。

登場人物

主要人物

本作の主人公。元々は病弱で引きこもりのメガネ少年であったが、武神に選ばれたことで念願の侍となり、銀河の命運を懸けた冒険に旅立つ。

  • 魔噛みの達麻(ダルマ)
八丸の師匠である凄腕の侍。人呼んで『千人斬りの一匹狼』『星砕きの犬侍』。訳あって本来の姿ではなく小柄な猫の姿をしている。

八丸のお供。元はペットロボだったが、彼が侍になったことでその一心同体のお供『キーホルダー』となる。犬型だが鳴き声が「ニャン」。

侍を生み出す物質『ロッカーボール』を探し出す力を持つ『姫』見習いで、八丸の姫となる。少々吃音(どもり)で頼り無いが芯の強い女の子。

その他


関連タグ

岸本斉史 大久保彰
週刊少年ジャンプ
 武士 SF

関連記事

親記事

岸本斉史 きしもとまさし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サムライ8八丸伝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6134

コメント