ピクシブ百科事典

ザルモクセス

ざるもくせす

中生代白亜紀後期のルーマニアに棲息していた中型の植物食恐竜 。

概要

全長2~4.5mほどの中型のイグアノドン類である。
名前の由来は「ダキア人の神ザルモクシス」から来ている。
ザルモクセスはかなり小型で二足歩行の草食恐竜であるが、先の尖った三角形の大きなと短いを持ち、がっしりとした体格である。

関連項目

恐竜 鳥脚類 イグアノドン類
ラブドドン

pixivに投稿された作品 pixivで「ザルモクセス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180

コメント