ピクシブ百科事典

シャアガル

しゃあがる

『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル×ガルマ・ザビのBLカップリング。
目次[非表示]

シャアとガルマのくだりで言うと、お互いにライバルであり仇でありといった拒絶し合うふたりが、
どうやって表面上にせよ、親密になるのか。その「学園もの」っぽい心理ドラマのエピソードを
楽しんでもらうのもいいですし、「BL」っぽい表現を楽しむのも大歓迎です。
『アニメディア2016年7月号 機動戦士ガンダムTHEORIGIN作者 安彦良和インタビューより』


概要

アニメ作品『機動戦士ガンダム』、またはその派生作品の登場人物であるシャア・アズナブル×ガルマ・ザビのカップリングの略称。

(なお、ガンダムエース連載の転生現パロ?派生作品である『シャアの日常』においては、それぞれシャアに"西"、ガルマに"牙流馬"と漢字名をあてられたキャラクターとして登場しているため、『シャアの日常』におけるシャア・アズナブル×ガルマ・ザビのカップリングを指す場合は、"西牙流"もしくはと表記されることが多い。)

機動戦士ガンダム』(ネタバレ注意)


「シャア…今夜はつきあえよ」

シャア・アズナブル(本名キャスバル・レム・ダイクン)は、ジオン共和国の指導者であった父ジオン・ズム・ダイクンと母をザビ家に暗殺され、地球へと亡命し、亡き父に成り代わってジオン公国(共和制から公王制へ移行した)を支配しているザビ家に復讐を誓った青年であり、
ガルマ・ザビはこのザビ家の末弟で、士官学校の同期としてシャアと親交を深め、ともに研鑽を重ねてきた友人であった。

宇宙世紀0079年1月、地球連邦政府に対しジオン公国が独立戦争を仕掛ける形で「一年戦争」が勃発した。
シャア・アズナブルはジオン公国の宇宙攻撃軍少佐であり、パーソナルカラーの赤色に塗装したモビルスーツ(いわゆるシャアザクなど)で戦場を駆けては輝かしい戦績をおさめ、「赤い彗星」の異名で呼ばれるようになっていた。

同年9月、シャアは連邦軍が極秘に開発した兵器ガンダムと、ガンダムを乗せた戦艦であるホワイトベースの奪取もしくは破壊を命じられ、苦戦しながらもこれらを地球のジオン勢力下に降下させることに成功する。
この時、ジオン公国の地球方面軍司令として北米を拠点にしていたのがガルマ・ザビ大佐であった。

ガルマ散る

「笑うなよ…兵が見ている」

地球に降下したシャアとガルマはガンダムとホワイトベースを撃破するべく共闘し、仲良く紅茶を飲んだり、シャワールームの扉を隔てながら談笑を交えた作戦会議をしたのち、「今夜は付き合えよ…」と言ってパーティに参加したりする。
2人の匂わせぶりな様子に当時の女性向け同人界は大変盛り上がり、月刊誌OUTではこの2人を主役にした『シャア猫のこと』という擬猫化漫画の連載が行われ、機動戦士ガンダムの産みの親である富野の元へも『シャアとガルマはホモ?』という視聴者からの直球の質問が飛んでくるほどであったという。

そんなこんなで共に戦っていたシャアとガルマであったが、ガンダムとホワイトベースの抵抗は激しく、連敗を重ねてしまうばかりで良い戦果は得られずじまいだった。
そしてある時、シャアにガルマを殺害できる、またとない復讐の機会が巡ってきてしまい、
シャアはこの機を逃すまいと、ガルマを罠にかけ謀殺してしてしまう。

「君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ…フフフ…ハハハハハハ!!」
「シャア…、謀ったな!!シャア!!!!」
シャアに裏切られたことを知ったガルマはホワイトベースを道連れにすべく、炎上するガウ空母の舵を自ら取り、「ジオン公国に栄光あれー!!」と叫びながら体当たりの特攻を仕掛けるも、間一髪のところでかわされ、爆発四散するガウとともに死亡した。
(享年20歳、宇宙世紀0079年10月4日)

国葬

「坊やだからさ」

優しくナイーブな美男子でジオン国民から人気のあったガルマの葬式は国葬として大々的に執り行われ、兄であるギレン・ザビはその国葬の場でで国威発揚・戦意高揚のための演説を行った。
シャアはガルマを助けられなかった罪を問われて左遷され、バーでお酒(ラマニーというラム酒)を飲みながら静かにこの葬式の中継を聞く。
「諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ!何故だ!!」
「坊やだからさ」
という台詞はこの時のものである。

ちなみに、この「坊やだからさ」という台詞はファンの中でもどう解釈するかで議論が大きく分かれており、
単純にガルマが愚かな坊やだったから死んだのだ・・・、という意味であるとする場合と、
シャアが殺害したガルマへの友情と復讐の空しさに気づき、自分が復讐を始める前にそれに気づけないほど坊やだったからこそガルマは死んだのだ・・・と自嘲する意味であるとする場合がある(岡田斗司夫のひとり夜話より抜粋)。


最終話

「ガルマ…私の手向けだ。姉上と仲良く暮らすがいい」
ガルマを殺害して復讐の空しさに気づいてしまったシャアは、これまでザビ家への復讐のために生きてきていたにも関わらず、復讐を取り止め、ニュータイプや人類の革新といった新たな目標を見出して奮闘することになる。
しかし、最終話ではニュータイプとしてアムロ・レイに完敗してしまい、同時にガルマの姉キシリア・ザビが兵達を置いてこっそり戦場から脱出しようとしていたのに気付いて、「やはりザビ家は許せんとわかった」とキシリアをバズーカで射殺する。

6話で登場し10話で死亡し、完全に物語の外に出てしまったかと思われておきながら、最終43話でアニメ『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルの最後の台詞を攫っていくガルマ・ザビ・・・富野監督、ありがとう


機動戦士ガンダムTHEORIGIN

「君の…宮殿だ」

宇宙世紀0068年、ムンゾ自治共和国の指導者であった父ジオンを喪ったキャスバル・レム・ダイクンは、母アストライアを国に残し、妹アルテイシア・ソム・ダイクンとザビ家の政敵であったジンバ・ラルとともに地球に逃れ、キャスバルはエドワゥ・マス、アルテイシアはセイラ・マスとそれぞれ名を変えて、養父テアボロ・マスの家に身を寄せていた。

しかし、ジンバがザビ家への反攻を画策したことにより刺客に襲撃され、ジンバは死亡。エドワゥとセイラも命を狙われるが、なんとかこれを退けて生還した。
その後、マス一家はこの襲撃事件を受け、ザビ家への恭順の意を示すためにサイド3と近いサイド5(ルウム)のテキサス・コロニーへ移住することになる。

テキサス・コロニーでエドワゥ達の家を工面してくれたアズナブル一家には、エドワゥとそっくりの容貌をした鳶色の瞳(エドワゥは青い瞳)の息子、シャア・アズナブル(本物)がいた。
エドワゥ、セイラはすぐに彼と仲良くなったが、平穏な日々は長くは続かなかった。
母アストライアがサイド3にて病死したとの報せが入ったのである。
エドワゥは両親の仇を討つため、妹を守りぬくために、ザビ家へ復讐することを決意したのだった。

国防軍士官学校へ

宇宙世紀0074年、エドワゥはガーディアンバンチのジオン自治共和国国防軍士官学校へ進学することになったシャア(本物)を騙して衣服を交換し、刺客の目を欺いて彼を暗殺させ、シャア(本物)と入れ替わりで士官学校へ入学することになる。
そこで偶然にも、同期として士官学校へ入学していたのが、ザビ家の末弟ガルマ・ザビであった。

青い瞳をバイザーで隠し、シャア・アズナブル(本物)と成り代わったエドワゥ(以下シャア)は、学業でも訓練でも群を抜く成績の優秀な生徒であった。
しかし、ジオン自治共和国を統治するザビ家の一員として、誰にも負けたくない!、と必死の努力を重ねてきたガルマは、これを快く思わず、彼を強くライバル視していた。
シャアは素直な彼が一生懸命に噛み付こうとしてくるのを眺めたり、時にいなしてからかったりして反応を楽しんでいた。

重装行軍訓練にて

宇宙世紀0076年、士官学校で過酷な重装行軍訓練が行われた。
30kgもの装備を身につけ、50kmの距離を踏破して日暮れまでに学校へ帰営する訓練である。
身体能力に秀でたシャアはいつものように速すぎるペースで岩山を踏破し、学業は優秀なものの体力不足なガルマは、彼に追いつこうとすぐ後ろを必死で歩いていた。

重装行軍訓練の途中には降雨タイムが設けられており、学生達は降雨の間、それぞれ現在地で休憩をすることになっていた。
シャアは岩陰を見つけて雨に濡れないよう上手く休憩していたが、ガルマは隠れる場所を見つけられず、全身を雨に打たれながら横たわっていた。

「…こっちへ来いよ。ここは濡れなくていいぞ?まだ20kmもあるんだ。風邪をひいてへばっちゃうぞ。特に君のようなヤワな坊やは…」
「うるさい!誰が坊やだ!!僕に指図するな!!」

シャアは挑発されて地団駄を踏んで怒るガルマを眺めて微笑み、寝たふりをすることにした。
それからしばらくして、シャアが眠ったと思ったガルマは、今のうちに少しでもリードを稼いでおこうと雨の岩場をそろそろと歩き始め、…足を滑らせて崖から滑落してしまう。
こっそりと後を追いかけ、ガルマの滑落に気づいたシャアは驚き、ゆっくりと崖を降りて、彼の様子を確認しにゆくのだった。

怪我で動けなくなっているガルマに「大丈夫か?」と声をかけるシャアだったが、卑怯な手でシャアを出し抜こうとして失敗したガルマはそれを跳ね除け、「触るなぁっ!!僕に触ったら殺すっ!!いや、いっそ殺してくれ…あんまり惨めだ…耐えられない……」と泣き出してしまう。
それを聞いたシャアは腰の装備からナイフを取り出すと、落ちていた木の枝を削り、ガルマの四方に突き立て、布で覆ってガルマが雨に濡れないように即席のテントを作ってやるのだった。

「君の…宮殿だ」

2人は雨の中で微笑みながら見つめ合い、その後、友情を深めていくことになる。

2人の友情

重装行軍訓練の翌日、ガルマは自身が所属する第1寮の部屋を移動し、第3寮のシャアの部屋へと押しかけ、晴れて2人はルームメイトとなる。
成績優秀で仲のいい2人は学生達の羨望の的であり、女学生達には「男の友情ね」「いいわぁ♡」と噂されるほどであった。

しかし卒業間際、シャアは地球連邦の軍監に反抗し、軍監にかけていたバイザーを殴り飛ばされるという事件を起こす。(バイザー事件)
これはシャアが自らの成績を下げ、ガルマの成績を確実にトップにするための行動であったが、なんとガルマはシャアを守るために声をあげ、一緒に軍監に反抗したのであった
ザビ家の御曹司が声をあげたことにより、軍監は自身の非を認め、事態は収まったのだが…
成績を落とされて皆に失望されるかもしれないにも関わらず、シャアを助けることを選んだガルマの行動は、おそらくシャアにとって予想外であった。

その晩、シャアは勉強で疲れて机に突っ伏し眠ってしまったガルマに近づき、ガルマの肩から落ちたガウンをそっと肩にかけなおしてやる。

シャアの心理描写は作中であまり明確に描かれることがないため、それぞれの場面で彼が何を考えているのかは基本的に受け手の解釈に委ねられるのだが、シャアはガルマへの復讐を忘れたわけではない。
ただ、ガルマに対していつか殺す復讐相手だが、体を冷やして風邪はひいてほしくない・・・という複雑な感情を抱いていることが窺えるシーンである。

なお、このシーンのシャアはアニメ版でかなり怖い顔に描かれており、シャアの優しさは全てガルマを陥れるための罠である…と解釈するファンもいるが、ORIGINの監督である安彦良和のアニメ版絵コンテでは単純に"あくまで無表情"、ガウンをかけて自分のベッドに戻る途中でシャアがガルマを振り返るシーンでは"おやすみ坊や、という感じで"と記載されているのみなので、別に怖い顔で睨んでいるわけではないようである。(機動戦士ガンダムTHE ORIGIN III Blu-Ray DISC collecter´s Edition初回限定生産に付属の絵コンテ集より)

暁の蜂起

「シャア…一緒にいてくれないのか?」

宇宙世紀0077年、地球連邦のミスによりジオン自治共和国の農業ブロック一基が破壊される事故が起こり、ジオン自治共和国の国論はさらに反連邦へと傾いていた。サイド3のマザーバンチであるズム・シティでも民衆の暴動が発生し、地球連邦はその鎮圧のために近くにあるガーディアンバンチの治安部隊を強行輸送して、ズムシティを制圧しようとしていた。

「ガルマ…きみは自分の手で歴史の歯車を回してみたくないのか?」
シャアはこのズムシティの制圧を阻止すべく、ガーディアンバンチの地球連邦軍兵営を奇襲・制圧して武装解除させるための作戦を立案し、ガルマを煽動、説得して、学生隊を武装蜂起させる。(暁の蜂起)

蜂起の当日、緊張と恐れから手が震えて戦闘服の胸元フックをかけられないガルマは「シャア…このフックが変だっ、うまくかからないっ」と半泣きでシャアを呼ぶ。
シャアは何も言わずに近づき、そのフックを代わりにかけてやる。ガルマは「ありがとう…」と呟き、シャアの両手にそっと自身の手を重ねて、見つめ合う。

「シャア…一緒にいてくれないのか?」
「無理だ。手はじめに潜入して撹乱する。あとは模擬戦の時の要領だ…」

戦場でバイザーは不便だろうということで、元ルームメイトのムラタから(アニメ版ではリノから)ヘッドギアを受け取り、装着したシャアは、戦車に乗り込むと、先鋒として他部隊よりいち早く出撃していった。
シャアと別れたガルマは不安げな顔をした後、指揮官として戦場へ赴く学生達の士気を高めるために勇気を振り絞り、戦意高揚の演説を行う。
シャアは戦車の中でガルマの演説を聞き、先ほどまで衣服のフックもかけられないほど手を震わせていた臆病なガルマが、恐れを隠し、勇ましく演説しているのを感じて少し微笑むと、(挫けるなよっ!坊ちゃん!!)心の中でガルマに激励を送るのだった。

その後、学生隊の蜂起は多くの犠牲を払いながらも地球連邦軍の兵営を制圧せしめ、駐屯していた一個連隊の武装解除をさせることに成功した。
この事件は熱狂的な歓喜をもってジオン自治共和国の市民達に迎えられたが、のちに人類最大の悲劇、世に言う"一年戦争"の発端となるのである。

小説版『機動戦士ガンダム』

「友情に報いるためには、そんな危険がなんだというのだね?ドレン中尉。わたしは、一発でも多く木馬にバズーカを撃ち込み、ガルマを助けたい。彼を飾り物にしないためにもな。」

アニメ放映後に発行された富野喜幸の公式ノベライズ『機動戦士ガンダム』ではシャアがガルマを謀殺せず、必死で戦ったものの、守り切れずガルマが戦死しててしまった…という展開になっている。
シャアとガルマの主な戦場も宇宙に変更されており、ガンダムとペガサス隊の猛攻でガウ二隻を撃沈されたガルマが「ジオン公国に栄光あれ!」と特攻を仕掛け、
シャアは咄嗟に「ガルマ!よせ!」と叫ぶものの、それを食い止めることができず、どうせガルマだって家族の仇であるザビ家の一員じゃないか…と思いながら「ジオン公国に栄光あれ?ガルマらしいよ、お坊ちゃん…」とひとりごちり、爆発四散するガウを見送る。
親友ガルマを喪ったシャアは涙し、何度もガルマとの楽しかった思い出を思い返しては、彼を喪ったことを後悔しながら生きていくことになる。

ちなみに、小説版ではシャアの額の傷も、ガルマとのフェンシングの試合中につけられた傷、ということになっている。


ガンダムエース連載作品

『シャアの日常』

「何もかも忘れて逃げ出したいと思っているから、思い出せないのかもしれないじゃないか」
西(シャア)はひときわ赤く輝く流れ星が落ちてきた次の日の朝、とあるアパートの一室で目覚めた記憶喪失の青年。牙流馬(ガルマ)はその親友であり座日寺の息子の坊主である男子高生?として描かれている。ギャグ漫画である。
西は優しく流されやすいが牙流馬に自分より親しい友ができそうになると嫉妬してその妨害をしようとし、牙流馬はわがままだが西に自分より親しい友ができそうになると寂しそうに身を引く…という対比描写がたびたびあるほか、
牙流馬がドイツへ行ってしまった際に西が無気力になり、牙流馬の幻覚を見たり、枯葉や看板を牙流馬だと錯覚したり、
牙流馬が西宅の大家さんの部屋へ残していった牙流馬手作りのお菓子を食べて牙流馬が帰ってきたと確信したりするシーンなどもある。
また、西が医師、牙流馬が看護師の格好をして病院に潜りこむ話もある。
単行本描きおろしの悪夢パートでは西がガルマを謀殺してしまったことを何度も夢に見ては後悔している様子が描かれている。

『ガンダムさん』

さまざまなパロディによる世界線が描かれている。彗星ヒヨコとガルマピヨコが出てくるのもこの漫画。

ガルマ&シャアのお笑い一直線

お笑い芸人を目指すシャアとガルマがコンビを組み、お笑いの本場サイド6に渡って、先輩芸人たちと共に貧乏アパート暮らしをしながらTVデビューを目指す。5、6、8巻収録。

宇宙島のガルマくん

1年戦争が始まるずっと前、幼稚園児のガルマと貧乏なザビ家がみんな仲良くたくましく暮らしていた時代の話。尻を振りながらあっかんべーをするクソガキいじめっこのキャスバルも出てくる。2、3、4巻収録。

『犬ガンダム』

1stのストーリーに沿った話展開だが誰も死なないし、みんなすぐに他犬の尻を舐めようとする。登場人物は全て犬であり、チワワのガルマとキャバリアのシャアが出てくる。
ガルマが女装させられて一生他の雄犬達の尻を舐めさせられる犬生を送らされそうになったり、シャアが尿のとまらなくなったガルマの股間に洗濯ばさみをつけて尿を止めたりする。とにかくヤバイ。切れたナイフのようです。

その他

GUNDAM CAFE

『暁の決起集会』

2020年8月のGUNDAM CAFE TOKYOリニューアルオープンから数か月間も開催された、シャアとガルマ主催のディナーパーティイベント。
2人が考案した料理を食べながら、書き下ろし台本と録り下ろしCVによる親し気な会話をひたすら聞き、2人の生い立ち~馴れ初めムービーと親族紹介ムービーを観て、最後には2人と記念撮影や会話までできる…という恐ろしい内容で、公式関係者からも「結婚披露宴かと思った」と言われるほどだった。
2021年3月にversion2.0の開催が決まった。やったー!!!!



関連タグ

ガンダムシリーズCPタグの一覧【腐】

関連記事

親記事

ガンダムシリーズCPタグの一覧【腐】 がんだむしりーずかっぷりんぐたぐのいちらんふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャアガル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2586403

コメント