ピクシブ百科事典

シャノア

しゃのあ

コナミのゲームソフト『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』の主人公。
目次[非表示]

悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』の主人公。
『悪魔城ドラキュラ ジャッジメント』にも隠しキャラクターとして登場。
奪われた刻印と本作をリンクさせると出現条件を省いて解禁できる。

声:桑島法子
英語音声:Michelle Ruff(メニュー画面内にて切り替え可能)

概要

「人々が暗闇におびえることなく、
安心して朝を迎えられるように
ドラキュラを滅ぼす。それが私達の使命――。」

特務機関エクレシア所属の女性戦士。20歳。
幼い頃、組織に拾われてドラキュラ滅殺の切り札として育てられた。
感情も失ってしまったため表情がほとんど変わらず、冷たい印象を与えている。
しかし村人からの頼み事を断りきれなかったり、頼み事をこなすために奔走したりと、根は真面目であることが分かる。

外見

シャノア
An Empty Tome


腰までとどく綺麗な黒髪ロングと背中を露出させた服がエロくて特徴的。
露出した両肩と背中には特殊能力「グリフ」を使うための刻印が刻まれている。

グリフについて

グリフ


物の本質を呪術化させたものであり、魔術攻撃の他に武器の召喚や生物の使役など、あらゆる行動を魔術として行使できる。
そのため攻撃にメイン、サブといった区別がなく、あらゆる行動にMPを消費する。
グリフは右手・左手・背中と3カ所の設定が出来、右・左手のグリフは交互に繰り出すことでMPが続く限り連続攻撃が可能。
右手と左手では同じグリフによる攻撃でも微妙にリーチが違うものがあり、特定のグリフの組み合わせで合成印術が使用できる。

グリフはステージ上に隠されている刻印や特定の敵を倒してランダムで出現する刻印を吸収することで入手する。
攻撃時に刻印を出す敵に対しては吸引モーションをとる事で攻撃を無効化しつつグリフを入手出来る。
ちなみにグリフの名称はほとんどがラテン語である。

本編での活躍

封印されているドラキュラを完全に滅ぼす事のできるグリフ「ドミナス」を体に馴染ませる儀式の途中、兄弟弟子のアルバスに乱入されドミナスを持ち去られてしまう。
更に儀式を乱入されたときの影響で感情と記憶を失ってしまい、能力も一から鍛え直すハメになった。
そして師バーロウから使命を与えられ、ドミナスを取り戻すためアルバスを追う。

様々な魔物との戦いの中で力を取り戻してアルバスを追い詰めるが、ドミナスの魔力に飲み込まれて正気を失ったアルバスはシャノアに襲い掛かってきた。
死闘の末にアルバスを倒したシャノアは、バーロウに言われるがままにドミナスを使用して命を落としてしまう…

真の結末

条件を満たせば死にゆくアルバスから驚くべき真実を聞かされる。
ドミナスとはドラキュラの魔力を分断し封じ込めたものであり、バーロウの真の目的はドミナスを使いシャノアの命と引き換えにドラキュラを復活させることであった。
真実を知ったシャノアはバーロウを倒すが、バーロウは自らの命を代償にドラキュラを復活させてしまう。
忽然と姿を現した悪魔城を前にして、すべてを失い途方に暮れるシャノアだったが、最後に残された唯一の使命「ドラキュラ討伐」を成し遂げるために悪魔城へ向かう…
ベルモンド一族が姿を消した空白の時代にたった一人でドラキュラに立ち向かった最強の女魔術師が誕生した瞬間であった。

夏诺亚 恶魔城
夏诺亚之时计塔


悪魔城そのものが裏ダンジョン扱いで登場、突入時に初めて流れるメインテーマと共に今まで培った技術と力で踏破していく、という展開は非常にプレイヤーとの親和性が高く、他シリーズとの繋がりが薄いぽっと出の主人公であるにも関わらず、彼女の人気を高く押し上げている要因となっている。
最終局面に至っては、使うと死亡することがわかりきっている「ドミナスの合成印術」をプレイヤー自身の手で使用しなくてはならない。
その結末は出来れば直接プレイして確かめて欲しい。

余談

シャノアは女性戦士であるため防具は婦人服・甲冑類ともに装備可能であるが、前作の『悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス』同様に明らかに場違いな装備も健在しており、また名称だけ見ると色々と勘違いされかねない装備まである。

TAS動画では・・・

ユリウス・ベルモンドをはじめとする他のドゥエリスト達を凌ぐ最速の移動速度を誇るドゥエリストでもある。
しかもその移動音も
カカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ(ry
という最もせわしない移動音。通称ゴキブリ

グリフを集めていくことによって最速移動法も変わり、

バックステップ連打→バック仰け反り連打→バックドゥエ→有角走法→イニレ・ラピドゥエ

と、過去の変態達の移動法を集約した変態である。

「イニレ・ラピドゥス」というグリフとドゥエの共用により究極のドゥエイニレ・ラピドゥエを披露。この速度は全ドゥエ最速と言われており、マクシームムッムッホァイにも匹敵する速さを誇る。オーラを纏いながら緩やかな軌道を描きつつ移動する様子は美しさまで感じさせ、人はシャノアを悪魔城史上最も美しいドゥエを操る女と称賛した。

なお、序盤でアルバスが怒り嘆いていた「魔物を討伐するときのあの流れるような動きが、今では見る影もない・・・。」という台詞にある「流れるような動き」はイニレ・ラピドゥエの事を指しているのではないかといわれている。

悪魔城ドラキュラHD

『悪魔城ドラキュラHarmony of Despair』でも使用キャラとして登場。
通常武器は変更が可能。武器は両手に装備可能。交互に攻撃することで隙のない連続攻撃ができる。その特性のため、ショップでは購入出来ず、特定の方法でしか手に入らない。
鍛え方が違うのか、女性キャラで唯一重装備を装着出来る。

敵の特定の魔法攻撃を吸収し、これによって様々な技を習得・使用することが可能。また、パーソナルスキル・キルクルスによって各所に置かれている磁石にくっついて移動することが出来、これで大幅なショートカットが可能となる。

武器グリフと刻印の数が少ないので戦術バリエーションは狭い。その反面、簡単に揃えることが出来、鍛えやすく成長しやすい。また、分かりやすく遠近様々なグリフが揃っているため、色んな状況に対応出来る。

ちなみに、ラジオチャットで単語を喋らせることが出来、マルチプレイでは仲間と簡単な意思疎通を交わせられる。相変わらず感情を見せず、冷静に淡々と喋るため変態化させることは難しい。

かったいなぁ

どのような攻撃も1しかダメージを受けない敵・ファイナルガードに攻撃し続けると「かったいなぁ」とつぶやく。元ネタはしずもんの公式4コマ漫画。巨大なの姿をしたボスキャラ・ブラキュウラとの戦いで、防御力が高く一定の手順を踏まないと倒せない敵に対しての一言である。
ただし元ネタのほうは「かってーなー」

関連タグ

悪魔城ドラキュラ 悪魔城 アルバス バーロウ
ぱっくり背中 黒髪ロング

pixivに投稿された作品 pixivで「シャノア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1146128

コメント