ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スズキが発売していたオフロードバイクのシリーズ。
ツーリングを意識したパッケージングが特徴で、旅バイクの定番として支持されていた。

ジェベル250

DR250Sのバリエーションとして1992年に登場。
エンジンはDR譲りの油冷単気筒を装備。
ヘッドライトの大型化とフロントフォークの正立化が主な変更点で、それ以外はほぼベース車のままであった。

1996年にはベースとなったDRのモデルチェンジを受けて、ジェベル250XCに進化。
一般的にジェベルと言えばこのモデルを指す。
大型ヘッドライトの他、17リットルもの巨大な燃料タンク、フルカバー形状のハンドルガード、大型のリアキャリアを標準装備し、ロングツーリングにおける利便性を向上させた。

当時のライバルにホンダのXR250BAJA、ヤマハのTT250Raidがあったが、本車はパワーや燃料タンク容量で勝っており、それらが生産終了した後も一番最後までラインナップされ続けていた。

環境規制の強化により、2008年をもって生産終了。
以降、スズキは国内において軽二輪クラスの公道用オフロードバイク自体を発売していない。

ジェベル200

ジェベルとしまりん


SX200Rのバリエーションとして1993年に登場。
ジェベル250に較べると一回り小柄だが、30万円台前半という車体価格の安さと低燃費を武器にセールスを伸ばし、ロングセラーとなった。
2005年に生産終了。

ジェベル125

SX125Rのバリエーションとして1993年に登場。
ジェベル200のボアダウン版であり、エンジン以外の装備は200と同等。
125ccクラス特有の維持費の安さが魅力であったが、一足早く1999年に生産終了。

余談

車名の英語表記は「DJEBEL」であるため、ネットなどでは「ドジェベル」と呼ばれることがある。
もちろん、正規の読みでは先頭のDは発音しない。

関連項目

SUZUKI バイク 鈴菌

関連記事

親記事

SUZUKI すずき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1342

コメント