ピクシブ百科事典

ジュナス・リアム

じゅなすりあむ

SDガンダムGジェネレーションシリーズのオリジナルキャラクター。

トムクリエイト系列の作品のZEROより追加された、Gジェネオリジナルキャラクター。
CVはF時のみ橋本晃一氏、それ以降はカシワクラツトム氏が務める。

能力

宇宙の声が聞こえる、との設定を反映してか、NT能力及び覚醒値は一部例外があるが高め。
そしていずれの作品でも、格闘値は高水準。

言動と外見がいかにもな感じがするので、二次創作や妄想戦記等では主役になったりする。
時にはベクトルが近いエリス・クロードとダブル主人公してたり、同期のクレア・ヒースローに引っぱりまわされたり、レイチェル・ランサムと宇宙の声を聞きに行ったり、本家顔負けのハーレム展開をする場合もある。
(…もっとも、スパロボと違って本編もエピソードもないので好き放題なのはどの世代も同じだが)

白石琴似先生のGジェネアンソロではビリー・ブレイズと二人で主役はってる。なんでも「自分の中にあったキャラと似ている」んだとか…(なお、こちらではハーレムを作ることはなく、複数の女性キャラからパシリの如く尻に敷かれてる)

ZERO
初期から格闘値が高く、NTLも9まで伸びる事を考えると格闘主体の機体とは高相性。
射撃能力や回避能力がやや凡用な為流石にマーク・ギルダー等一線級のパイロットと
比較されるとやや厳しいが、格闘主体であるGガンダム系列の機体の優遇があり、充分前線で
活躍が見込める。勿論通信能力や魅力も高く、ブリッジクルーとしても申し分なし。

F・IF
シス・ミットヴィルカチュア・リィス等と同じく、NTLが9まで到達する数少ない
オリジナルキャラクターに。射撃や回避も、成長ボーナスを含めれば申し分の無い値に。
通信士としても優秀だが、それ以上にパイロットとして非常に優秀であった為オペレーターに
回して後悔したプレイヤーも少なくない。
最終的にはマーク・ギルダー等にも見劣らぬ、最高のNTパイロットの素質を秘める。

NEO・SEED
相変わらず優秀なのだが、この頃はオリジナルキャラ自体そこまで強く無かった時期。
その為彼も例外なく振るわなかった。

PORTABLE
初期の格闘値は非常に高いが、射撃値・回避値共に低く設定されている。
また、彼自身の成長率も余り芳しく無く、戦力としてはやや厳しい。その反面で
ブリッジクルーの能力には秀でている為、クルーとしての活躍に期待が持てる。

SPIRITS
初期のステータスはPORTABLE時代と変わらずだが、今回は戦力としても期待出来る。
最終的にはやや落ち着いた総合力になるが、成長傾向が早熟なので多少育てればすぐに
前線に送り出せる実力になる為、序盤の戦力としては有難い。

WARS
どう言うわけか性格が「弱気」に。そして格闘が高く、他の能力が低めな点は変わらず。
初期配備は通信士となっているが、比較的早い段階で格闘値の伸びる「白兵」、戦闘関連の
ステータスに補正が掛る「空間認識能力」を覚え、ステータスも早期に伸びる早熟型の為
格闘機体専門のパイロットに回すのも中々。

WORLD
何故か非覚醒キャラの扱いを受ける事に。そしてアビリティのインフレも相まって嘗ての
最高クラスのNTパイロットの名残もすっかり影を潜める様に。宇宙の声はもう聞こえなくなってしまったのだろうか。

彼自身も「歴戦の勇士」「気合」等のアビリティがある為、決して活躍出来ないわけでは
ないのだが・・・如何せん他に強いパイロットが多いのが何とも。
また、射撃値が通信士として重要味を増した為、射撃の苦手な彼は通信士としても厳しい立場に。

OVERWORLD
恐れていた事態。とうとうオリジナルキャラの参戦枠から外され、ゲームから姿を消した。ゼノンやエルンストら他の初期メンバーが軒並み皆勤賞を続ける中、初期の戦艦通信士ポジションをラ・ミラ・ルナに取られ、図鑑枠での参戦ですらもかなわなかった。
ちなみに、彼と入れ替わりに、スピリッツ以降しばらく出番のなかったネリィ・オルソンが再び戦線復帰している。

GENESIS
前作ではリストラを受けたが無事復帰。格闘寄りのステータスで、格闘武器のEN消費を抑えるアビリティ『格闘センス』を所持している。また、覚醒値も微量だがある。
本作では全キャラに戦艦用ステータスが設定されたが、彼が最も高いのは整備。

なお、前作の未参戦についてはキャラクター図鑑内で触れられており、どうやら宇宙の声を聞きに行くために、皆の前から姿を消したから前作は参戦してなかったらしい。

関連タグ

Gジェネ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュナス・リアム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33687

コメント