ピクシブ百科事典

ビリー・ブレイズ

びりーぶれいず

ビリー・ブレイズとは、ゲーム「Gジェネレーション」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

 ゲームGジェネレーションシリーズに登場するキャラクターの1人。
 マーク・ギルダーと同じ皆勤賞かつ、CVが頻繁に変わったキャラクター。
 初めてCVが付いたのはPS規格のGジェネレーションZEROで、初代は草尾毅氏、PS2前期では千葉一伸氏が2代目になり、PS2後期では再び草尾氏に戻ったが、GジェネレーションWORLDにて3代目の中村悠一氏となった。

 「赤髪で醤油肌の青年」が共通で、初期は「モブ臭い青年」だったが、PS2後期以降では「ワイルドな不良へと変貌した。

能力

ZERO・F

回避値が高く射撃と格闘は低いが、キリシマ嬢ほど極端ではない。
ブリッジクルー能力は全般的に低いが、操舵値だけはドライバー専属で育てればカンストする。
かと言って、戦闘能力は「可もなく不可もなく」と言ったところである為、パイロットとして育てるかドライバーとして育てるかはお好みで。

NEO・SEED

操舵特化の能力値となった。特にNEOにおいてはケイと並び2人しかいない操舵特化キャラの内の1人であり、更に序盤から確定で加入するのはビリーのみである為、1度も彼のお世話にならなかったと言うプレイヤーはまず居ないだろう。
反面、戦闘能力は大幅に弱体化しているが、チーム速度を底上げする行動値だけ加入キャラの中でも最高であり、カットインも存在する為パイロットとして使うのも悪くはない。但し、彼の行動値を最大限活かせる程の機動力を持つ機体は、僅かである為、それらの機体を優先的に回そう。
SEEDでもNEO同様の能力だが、操舵値の高い原作キャラが複数人追加された為、パイロットに回し易くなった。

ポータブル以降

F以前の能力傾向に戻った。
成長率が高くなり、以前よりも使い易くなっている。
ワールド以降は射撃・格闘の初期値が反応よりも高くなり、アビリティも合わせてどちらかと言えば格闘寄りの能力となった。

魅力3

 彼はネタ要素として『魅力3』と言うものがある。
 これはPS規格時代、あのイワン・イワノフドク・ダームニードルに次ぐ魅力の低さを起因としている(彼より低いのは前述の3人に、ライル・コーンズ、コルト・ロングショットを加えた5人と言えば、その低さは分かるだろう、但し、同数値ならばデニス・ナパームとグレッグ・マインの2名が居る)。

余談

 「声優の変更後に、再び声優が戻る」と言う、Gジェネオリキャラでも希有な扱いを受けた。
 又、そのような経緯からか、あるいは草尾氏の演技が良かった為か、3代目の中村氏の変更は未だに賛否両論となっている。


関連タグ

Gジェネレーション
Gジェネレーションオリジナルキャラクター一覧
ビリー・カタギリ CVが中村氏に変更された際、グラハムがビリーに変わった」と、ネタにされていた。
知力25 ステータスネタ繋がり

関連記事

親記事

Gジェネレーションオリジナルキャラクター一覧 じーじぇねれーしょんおりじなるきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビリー・ブレイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 320

コメント