ピクシブ百科事典

ジョージ・ミラー

じょーじみらー

ジョージ・ミラー(George Miller)は、オーストラリア出身の映画監督・プロデューサー。
目次[非表示]

概要

マッドマックスシリーズ』の監督して世界的に有名なほか、『ベイブ』や『ハッピーフィート』のようなファミリー向け映画でも名をはせる。
元々医者志望だったため医学知識があり、作中の医療考証にも活かされている。
プロデューサーのバイロン・ケネディとは学生時代からのつきあいで、初期のミラー作品を支えた。弟のビル・ミラーも映画プロデューサーで、兄の監督作のいくつかで製作に回っている。

来歴

1945年3月3日生まれ、クイーンズランド州ブリスベン出身。ドイツ人とギリシャ人の家系。
医者を目指して医科大学に進学していたが、学生時代に撮った短編映画がコンテストでグランプリに輝き、映像業界に転身した。
1978年、バイロン・ケネディと「ケネディ・ミラー・プロダクション」を設立。
1979年、『マッドマックス』で長編デビュー。オーストラリアの広大な自然を生かして撮影された同作は「撮影中に人が死んだ」などと尾ひれがついた宣伝で大ヒット。主演のメル・ギブソンもスターになった。
1981年、続編の『マッドマックス2』が公開。戦争後の荒廃した世界を描き、以後のポストアポカリプスジャンルに決定的な影響を与えた。
1983年、『マッドマックス/サンダードーム』のロケハン中にバイロン・ケネディが事故死。失意のミラーはジョージ・オギルヴィーらと共同監督で同作を完成させた(1985年公開)。
1995年、製作・脚本を務めた『ベイブ』が大ヒットし、アカデミー賞視覚効果賞を受賞。監督のクリス・ヌーナンとは確執があったと伝えられ、続編ではミラー自らが監督している。
2006年、『ハッピーフィート』でアカデミー長編アニメ映画賞、ゴールデングローブ賞主題歌賞など受賞。続編も作られた。
2015年、新たにトム・ハーディを迎えたシリーズ4作目『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が公開。アカデミー賞6部門を受賞するなどその年の映画賞を席巻した。

作品

監督

マッドマックス』1979年
マッドマックス2』1981年
『トワイライトゾーン/超次元の体験』1983年 - オムニバスの一編
『マッドマックス/サンダードーム』1985年 - ジョージ・オギルヴィーと共同
『イーストウィックの魔女たち』1987年
『ロレンツォのオイル/命の詩』1992年
ベイブ/都会へ行く』1998年
ハッピーフィート』2006年
『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』2011年
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』2015年

製作

テレビ

『カウラ大脱走』1984年
『囚われた女』1989年

映画

『君といた丘』1987年
『デッド・カーム/戦慄の航海』1988年
『ニコール・キッドマンの恋愛天国』1990年
『ベイブ』1995年

関連タグ

映画監督 / プロデューサー

外部リンク

ジョージ・ミラー (プロデューサー) - Wikipedia

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョージ・ミラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 746

コメント