ピクシブ百科事典

スグリ

すぐり

スグリとは、同人ゲームサークル『橙汁』の製作した、横スクロールシューティング、またはその主人公である。
目次[非表示]

――"SUGURI" a littie war in brand-new earth――
  This is a story of only one "human"... in the brand-new earth

※公式タイトルにbland-newとあるがこれはスペルミスであり正しくはbrand-new。

ゲーム概要

リリースはC69(2005/12/30)。
先述の通り横スクロールシューティングだが、

  • 体力ゲージがある
  • 攻撃時にプレイヤーに硬直がある
  • ビームやレーザー攻撃を無効化するダッシュがある
  • ロックオンの関係でプレイヤーは360°の方向にショットを撃てる
この点から操作性はむしろアクションゲームのそれに近い。

同じ同人STG東方シリーズに隠れがちだが、
濃すぎず薄すぎずのキャラ設定や硬派で戦略的なゲーム内容から根強いファンも多い。

なお、C70(2006/08/13)にて対戦用の番外編『Acceleration of Suguri』、
C78(2010/08/14)にて続編である『ソラ-sora-』がリリースされた。

主なキャラクター

スグリ (プレイヤー)

スグリ


本作の主人公。改造人間であり、かれこれ1万年ほど地球の修復にあたっていた。
アホ毛付き銀髪ロングヘアー、ジャージ絶対領域と萌え要素は豊富。
主武装は『ビームライフル』と『ソード』(見た目は赤いビームサーベル)。これらを構えたスグリの作品が投稿されることが多い。
(但しゲーム中では他にも多数の武器が用意されており、これらをプレイ前に選択できる)

サキ (ステージ1 ボス)

サキ


地球に移住する際に偵察としてやってきた少女。趣味はお菓子作り。
『さっくり消えてください』等のセリフや笑顔で手榴弾を振り回すことから腹黒い面も見受けられる。
萌え要素としてはアホ毛金髪、口癖(まぅ~)、ダッフルコート、敬語キャラ。
(ダッフルコートについては『核の冬』のせいで『地球は寒い』と事前報告を受けていたため。
 本人も実際の地球とのギャップで暑がっている。)

イル (ステージ2 ボス)

遠距離射撃


重火器を操るの緑髪の少女。ボーイッシュな印象や言動が見受けられるが一人称は『私』である。
一見男の子に見えるが(キョウコからもそれを指摘されている)、微妙に胸のふくらみは確認できる。

ナナコ (ステージ3 ボス)

ナナコと獣


7つのビットを操る紫髪の少女。本作のロリキャラ、およびツンデレキャラ担当である。
このビットたちは体の一部のようらしく、無いとイライラするとの事。
(これを紛らわす為、『Acceleration of Suguri』では犬を飼いならしている)
※参考イラストには獣耳が付いているが、本来は獣耳はない。

カエ (ステージ4 ボス)

カエちゃん


体の一部を武器に変える能力を持つ赤髪巨乳の少女。ただし、この能力は失敗しているらしいため、
炎を出したり分身を出したりする程度の能力にとどまっている。
強力なマインドコントロールの影響のせいかバカキャラになってしまっており、
Acceleration of Suguriでは彼女は技名が『しゅぱっ!』『カキーン!』と擬音語のみになっている。
『うるさい』という理由でシフに軟禁される。そのため無音恐怖症である。

キョウコ (ステージ5 ボス)

強固さん


多目的に使えるクリスタルを操る青髪眼鏡っ娘。頭脳派で冷静沈着。
ステージ1~4までのボスのまとめ役的な存在。
よく『面倒』と口にするが、これは能力使用時に生ずる『体の痛み』の言い換え。
シフの作った改造人間たち「シフ・ブランズ」における最初の一体であり、一番の年長者。

シフ (ステージ6 ボス)


(参考画像左)
地球に移住しよう(侵略しよう)として攻撃を仕掛けてきた張本人の男性。独占欲、支配欲が強い。
またステージ1~5までのボスとなる少女を改造したのも彼である。

シフロボ(足つき)


他のボスは生身で戦闘するがシフに限り巨大ボスに乗り込む。

ヒメ (最終ボス)


シフたちの宇宙船深部に封印されている『守り神』。スグリ同様絶対領域持ち。
赤と青の光の翼、鎖での攻撃が特徴的。
シフの事を快く思っていないらしく、スグリと死闘を演じるように見せかけて宇宙船から居住区を切り離してシフから解放する。


ウェーブのかかった金髪ショートカットフリルの多いドレス風の服等、
スグリとは対照的な点が多いためか、スグリとのカップリング作品も見受けられる。
なお次回作『ソラ』やファンディスク『100%おれんじじゅーすっ!』ではスグリと一緒に行動している。

NO-NAME (AoS X-Editonボス)

外伝的作品に当たる『Acceleration of SUGURI X-Edition』に登場した、シフの分身である人型ロボット。
知能に優れる反面体力が劣っていたシフが、パワーに優れた自分の分身として作り上げたが、自分と同じ顔が動き回っているのを気に入らなかったらしく封印されていた。
シフと違い生身での戦闘を行え、本編で登場した雑魚キャラ達を操り攻撃を仕掛けてくる。
陰湿な印象を受けるシフと違い、豪放で大雑把な性格(己の欲望に忠実という点は同じ)。
顔と声はシフ本人と全く同じだが、服装と髪の長さが異なっている(NO-NAMEのほうが髪が短い)。

関連タグ

橙汁 同人 STG ソラ(橙汁)

pixivに投稿された作品 pixivで「スグリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 696264

コメント