ピクシブ百科事典

スズメ(超魔神英雄伝ワタル)

ちょうわたるのすずめ

スズメはメディアミックス作品『超魔神英雄伝ワタル』登場人物のひとり。

CV:宮村優子

概要


 モンジャ村付近でワタルと出会った流浪の賞金稼ぎ。魔神鳥神丸を駆る。腰にホールドした鞭を武器に、三度笠と合羽を被った無宿者スタイルだが、これは育ての親である砂クジラのリリーへのリスペクトである。海火子同様にボサボサの赤髪であるが、たらこ唇。バツグンの巨乳は母譲り。詳しい経歴や過去は一切不明であった。当初ヒミコからは「デカ乳ネーチャン」と呼ばれていた。

 しかし、育ての親とウンド村で再会、5歳の頃に第三界層で出会い、5年間彼女のテクニックを伝授された後に旅立った事が語られたものの、それ以外はまだ不明瞭のままで終わる。


 転機が訪れたのは第五界層終盤で登場したステラ達心星人との邂逅だった。ファクトリータウンで囚われの彼らと接触した際に手の甲に青い星の痣が浮かび上がり、自身も心星人だと発覚、アンコクダーに囚われたホシオとセイラの子供では?と教えられるも、突然の事態に否定と拒絶を示す。

 第七界層で両親と再会するも、父が魔王の手先となり、母を実験台にした事実を知るが、良き心を取り戻したドナルカミ大王らとドランの乱戦で、自身の心を差し出す犠牲的精神でアンコクダーの鎧に取り込まれたが、その奥底でワタルから抜き取られた心を他に取り込まれた心と共に守り抜き、鎧の解放と同時に元へ戻り、父親も正気に返る。

 元々の名は『イブ』であったが、今の名前がしっくりとくる様で、その名前をドルクへと譲り渡して元々の故郷へと三度笠を投げ捨てて、両親や仲間らと去っていった。

 ASUKA版コミカライズでは概ね同じだが、旅の道中ではかりの刻の『刻の石』を拾い、そのまま故郷へと持ち去ってしまい、ワタルが時の女神の神殿で、現生界の帰郷でウラシマ効果に陥れる魔王の罠に屈する寸前であった。

関連タグ

超魔神英雄伝ワタル

関連記事

親記事

超魔神英雄伝ワタル ちょうましんえいゆうでんわたる

兄弟記事

コメント