ピクシブ百科事典

ダブルオーガンダムセブンソード

だぶるおーがんだむせぶんそーど

ダブルオーガンダムセブンソードとは、「機動戦士ガンダム00V」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

分類第四世代ガンダム
形式番号GN-0000/7S
頭頂高18.3m
総重量65.1t
装甲材質Eカーボン
動力GNドライヴ×2


概要

ガンダムエクシアの「セブンソード」の構想を取り入れ、7本の剣を装備したダブルオーガンダム
右腰部にGNソードⅡロング、左腰部にGNソードⅡショート、両膝に増設されたハードポイントにGNカタールを左右1基ずつ、後腰部にビームサーベル2本、左肩のGNドライヴ(正確にはコーンスラスター)にGNバスターソードⅡを装備している。

ダブルオーガンダムのツインドライヴシステムを安定させるためにオーライザーと合体する必要性が出てきたこと、左肩のGNバスターソードⅡが干渉してしまうためにオーライザーと同時に装備できないこともあり、正式に採用される事はなかった。

武装

GNビームサーベル

後腰部に2本装備されているダブルオーガンダムの基本武装。刃を短くしてGNビームダガーとし、投擲用として使用することも可能。

GNソードⅡロング

GNソードⅡから発展した武装。刀身が長く、ライフルモード時の威力に優れているが、連射性能が低く、GN粒子の消費量も多いのが欠点。使用しないときは右腰部に装備される。

GNソードⅡショート

GNソードⅡから発展した武装。刀身が短く、先端部はワイヤーアンカーとして射出できる。使用しないときは左腰部に装備される。

GNカタール

クリアグリーンの新素材で出来た刃が特徴の武装。GN粒子を熱変換して刃を加熱し、敵を切り裂く。使用しないときは両膝に増設されたハードポイントに装着される。刃の素材はGNコンデンサーに使用されている素材を応用したものであり、ダブルオーライザーのGNソードⅢやガンダムエクシアリペアⅡのGNソード改にも採用されている。

GNバスターソードⅡ

左肩に懸架されている大型の実体剣。ジンクスⅡソードのGNバスターソードを基に開発された武装で、GNソードモードとGNシールドモードの2形態が存在する。GNシールドモードではGNフィールドの展開が可能。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 機動戦士ガンダム00V
ダブルオーガンダム ダブルオーライザー
ガンダムエクシア

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブルオーガンダムセブンソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1920

コメント