ピクシブ百科事典

チャンダナ

ちゃんだな

永野護の漫画作品『ファイブスター物語』の登場人物。人工生命体ファティマの一人。
目次[非表示]

人物

クローム・バランシェによって製作された5体目のファティマ
インド人少女型のエキゾチック・ファティマ。
当時のフィルモア帝国皇后かつ星団最強騎士であった剣聖慧茄・ダイ・グ・フィルモアのパートナーとなったことで、ファティマ・マイト(AFガーランド)の異端児だったバランシェの名を一躍高めたファティマとして知られる。

スペック…戦闘A・MHGTM)制御2A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS1・タイプS-M

「超高性能だが不安定で扱いづらい」という当時のバランシェ・ファティマの一般的な評価を気にしていたバランシェが、「ならば高性能を持ちながら徹底的に安定したファティマを作ってやる」と考えて気合を入れて製作したファティマである。
しかし、安定性を追求し過ぎたせいで、周りで何が起きても一切気にしない、動じるべき時に動じない、物事を全く深く考えない、意思疎通が不可能なレベルでボンヤリしてるという超マイペース天然ボケ少女になってしまい、これはこれでとんでもなく扱いにくいファティマになってしまった。
流石のバランシェも完成したチャンダナを見た時には思わず「やっちまった・・・」と言ったとか言わなかったとか…。
ちなみにバランシェの養女であり弟子でもあったファティマ・マイトのプリズム・コークスは、チャンダナの性格について「普通に師匠の設計ミス」と述べている。

もちろん、MH(GTM)制御性能についてはフィルモア帝国最強と謳われるほどの超一流のものなのだが、普段からボサーッとして受け答えのタイミングがあまりにもズレているために、彼女のパートナー足り得るのは慧茄やダイ・グのようなマイペースで大人物的な騎士に限られる。が、これもまた「相性の問題」というものなのだろう。

慧茄の引退後はフィルモア帝国皇帝ダイ・グ(ダイ・グ・フィルモア5世)のパートナーとなり、魔導大戦を戦っていく。


関連イラスト

らくがきチャンダナ。
チャンダナ。



関連タグ

ファイブスター物語 FSS
クローム・バランシェ
プロミネンス
フィルモア帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「チャンダナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3373

コメント