2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

概要

マレーシアに住むセノイ族が伝承している目に見えない土の精霊で、天気雨が降ると土中から現われて人に取り憑くといわれている。

取り憑かれてしまったものは、まるで人が頭に乗っているように重くなったり、ひどい頭痛になってしまうために、儀式を行って祓わなければならない。

しかし、天気雨が降るたびにティング・カットは新たに現われるので、犠牲者に対して再び儀式を行わなければならないといわれる。

なおセノイ族による正確な呼び名はマレー語であるティング・カットではなく、ジャ・フー語のベス・ティンカット(Bès Tinkat)である。

創作の扱い

雑誌連載でマレーシアの妖怪画が描かれた際に紹介された。

※メイン画像
初出は登場悪魔に上記の水木の資料の影響が見られる『ソウルハッカーズ』で、種族は「地霊」。
後に発売された『真・女神転生Ⅲ』に登場する、地霊スダマコダマのプロトタイプのような、厚みが無い渦巻き模様の人型という姿で登場した。

関連タグ

マレーシアの妖怪 土の精 土属性
陽炎 低気圧 頭痛

関連記事

親記事

マレーシアの妖怪 まれーしあのようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました