ピクシブ百科事典

デスアクメ

ですあくめ

デスアクメとは、絶頂の末に死亡するシチュエーションである。※本記事にはR-18的な表現が含まれます。
目次[非表示]

概要

デスアクメとは性行為での絶頂の末に死亡してしまうことである。いわゆる「絶頂死」「アクメ死」のこと。
肉体改造や洗脳、催眠、薬物などにより、「強烈な快感のオーバーフローによって脳内神経的なものが焼き切れて死んでしまう」というシチュエーションであり、性交中に「激しい運動により元々高血圧の人が血圧が上がり過ぎたために、脳出血を起こす」「心臓に何らかの疾患がある人が心拍数が上昇し過ぎるなどして心拍異常となり、最終的に心停止する」といった腹上死とは意味合いが異なり、似て非なるものである。
テクノブレイクは場合によってはデスアクメに含まれる可能性がある。

リョナとデスアクメ

デスアクメはその性質上リョナに含まれるが、デスアクメで重要なのは「強烈な快感のオーバーフローによって死んでしまう」という部分であり、
たとえば首締めックスが原因で死亡したり、体を傷つけた状態での性行為による失血死、腹パンでの内臓へのダメージが元での死亡などは決定的に異なり、デスアクメに当てはまらない。

しかし

  • サキュバスに搾精(エナジードレイン)され絶頂のまま生命力を吸収されて死ぬ」
  • 「痛覚を性的快感に変換させられた状態で致死の傷を負い、絶頂しつつ死ぬ」
  • 脳姦され、脳細胞を弄られ生命活動に必要な部位を損壊され絶頂し死ぬ」
  • 「死の間際に脳内麻薬が過剰分泌され、そのまま絶頂し死ぬ」
などのシチュエーションは「快感のオーバーフローによる死」と「その他の死因」が同居するため、デスアクメであるかどうかの判断が難しく、有識者の間でも意見が分かれるところではある。



関連タグ

腹上死 テクノブレイク リョナ絶頂死

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント